多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

死にたい気分と多次元セラピー

2011年08月23日

先日、亡くなられた俳優の竹脇無我さん、

近況についてはよく存じあげませんが、
たまたま目にしたTVのインタビューで
「死にたい」と語る生前の姿を拝見し、驚きました。

竹脇さんの場合は、はっきりと、
しかも何度も「死にたい」と語っておられ、
それがまるで助けを求める叫びのように聞こえました。

自ら死ぬことを選ぶ場合、
他者には計り知れない重い理由や原因があることでしょう。

自殺された方々の中には、
鬱々とした気分から衝動的に死を選ぶということも多いものです。

「死にたい気分」になることは、おそらく誰にでもあることでしょう。

最初のうちは、何となくそんな気分になることもあるかもしれません。

そして、場合によっては、その気持ちが次第に強くなっていき、
そのうちに常に希死念慮が離れなくなっていくことがあります。

そうなると、自分でも、死にたい気持ちをどうしようもできない、
コントロールできなくなっていくことがあります。

竹脇さんのインタビューにも、そんな空気が漂っていると感じました。

死にたい気分、自殺したい気持ちに、
ご家族や周囲の方が気付けたらよいのですが、
さまざまな事情で、必ずしもそうならないことも多いのは、
大変残念なことです。

実際に死を選んでしまわないうちに、
何とかしてその思いを解放できたらと思わずにはいられません。

死にたくなる気持ちは、日頃どんなにお元気で明るい方であっても、
持つ可能性があるものです。

もしも、ほんの少しでも、「死」が脳裏をよぎったら、
どうぞ誰かに打ち明けて下さい。

身近にお話できる相手がいないのならば、
多次元セラピストにご相談下さい。

多次元セラピーは、
「死にたい気持ち」がどこからやってくるのか、
本当の気持ちを知るきっかけとなることができます。

どうしたらよりよい方向に進むことができるのかというヒントも、
その方の潜在意識の中にあるのです。

特に「これといった理由はないのに、何となく死を考えてしまう」
あるいは「死んだら楽だろうという気分になる」のでしたら、
もしかすると、それは、その方の本当の気持ちではなく、
他者の想念から来ている可能性もあるのです。

多次元セラピーでは、
自分のものではない想念を持つに至った原因を探求
し、
解放することができます。

自分でもよくわからない感情・想念、
コントロールできないほど強い想念でお困りの方には、
多次元セラピーのセッションがお役に立てることを
知っていただければと思います。


タグ:,

この記事にコメントする

前世にまつわる重過ぎる荷物を背負いながら… 多次元セラピーの前世退行

2011年08月07日

多次元セラピーのロングコース(13カ月)を修了し、
ディプロマを取得してから、 およそ1年あまり経ちました。

私はロングコース以前の2006年頃から
個人セッションにおいて多次元セラピーを使ってきたため、
現在、多次元セラピー歴5年目となります。

ロングコースの受講によって、 多次元セラピーをさらに深く理解することができ、
ハンス・テンダム博士による数多くのデモセッションを 間近に拝見できたことは、
これまでに受けたどのトレーニングにも増して、 大きな収穫となりました。

退行療法・前世療法の真髄、
その真価と醍醐味を知ることができたといってもよいでしょう。

ヒプノセラピーは潜在意識に導かれて本当の気持ちに触れ、
問題の原因を探求できる素晴らしいセラピー手法です。

けれども、従来のヒプノセラピーに加えて 多次元セラピーを習得し、
多次元セラピーメインのセッションを行ってみると、
効果、問題解決力、解放とカタルシスの度合いなどは、
これまでと比較できないほど増幅されることを、
セッションをさせていただくたびに実感させていただいています。

多次元セラピーを日本に伝えたカリスマセラピスト、オランダのハンス・テンダム博士は、
過去または前世に由来するネガティブな影響について、
次のような意味のことをおっしゃっています。

「私たちは、まだ読んでいない夥しい数の(自分という)本を持ち歩いている、
ひとたび、その一冊をひも解いて、読もうとするならば、
もうその重い本を持ち歩く必要がなくなる」と。

過去・前世のトラウマ体験が、 現在にネガティブな影響を及ぼしている状態を、
持ち運ばなくてはならない重くて厚い書物にたとえて、
その重荷が私たちを悩ませ、圧迫しているというのです。

その書物に気を留めずにいる限り、 私たちには自覚もなく、
汗まみれになりながら その重荷を運び続けることとなります。

ところが勇気を出してそのうちの一冊を開いて読むと、
もうその重さ・苦しさ・圧迫感・ネガティブな影響から解放され、
その重かった本を持ち運ぶ必要がなくなり、
その場に置いて身軽になり 楽々と歩き始めることができるでしょう。

一冊の本をひも解くこと、 …それが退行療法・前世療法のセッションです。

「自分自身」というタイトルのたくさんの重い書物たち。

あなたも思い切って一冊の本を開いて過去の時空へと旅立ち、
ご自身を探求して癒す「自分という本を読む読書=退行セッション」を
一度試してみませんか?

前世療法・過去生退行 心の癒しと探求ナビ

多次元セラピー  トランスパーソナルな探求と癒し


タグ:, , , ,

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2011年8月
« 5月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME