多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

死にたい気分と多次元セラピー

2011年08月23日

先日、亡くなられた俳優の竹脇無我さん、

近況についてはよく存じあげませんが、
たまたま目にしたTVのインタビューで
「死にたい」と語る生前の姿を拝見し、驚きました。

竹脇さんの場合は、はっきりと、
しかも何度も「死にたい」と語っておられ、
それがまるで助けを求める叫びのように聞こえました。

自ら死ぬことを選ぶ場合、
他者には計り知れない重い理由や原因があることでしょう。

自殺された方々の中には、
鬱々とした気分から衝動的に死を選ぶということも多いものです。

「死にたい気分」になることは、おそらく誰にでもあることでしょう。

最初のうちは、何となくそんな気分になることもあるかもしれません。

そして、場合によっては、その気持ちが次第に強くなっていき、
そのうちに常に希死念慮が離れなくなっていくことがあります。

そうなると、自分でも、死にたい気持ちをどうしようもできない、
コントロールできなくなっていくことがあります。

竹脇さんのインタビューにも、そんな空気が漂っていると感じました。

死にたい気分、自殺したい気持ちに、
ご家族や周囲の方が気付けたらよいのですが、
さまざまな事情で、必ずしもそうならないことも多いのは、
大変残念なことです。

実際に死を選んでしまわないうちに、
何とかしてその思いを解放できたらと思わずにはいられません。

死にたくなる気持ちは、日頃どんなにお元気で明るい方であっても、
持つ可能性があるものです。

もしも、ほんの少しでも、「死」が脳裏をよぎったら、
どうぞ誰かに打ち明けて下さい。

身近にお話できる相手がいないのならば、
多次元セラピストにご相談下さい。

多次元セラピーは、
「死にたい気持ち」がどこからやってくるのか、
本当の気持ちを知るきっかけとなることができます。

どうしたらよりよい方向に進むことができるのかというヒントも、
その方の潜在意識の中にあるのです。

特に「これといった理由はないのに、何となく死を考えてしまう」
あるいは「死んだら楽だろうという気分になる」のでしたら、
もしかすると、それは、その方の本当の気持ちではなく、
他者の想念から来ている可能性もあるのです。

多次元セラピーでは、
自分のものではない想念を持つに至った原因を探求
し、
解放することができます。

自分でもよくわからない感情・想念、
コントロールできないほど強い想念でお困りの方には、
多次元セラピーのセッションがお役に立てることを
知っていただければと思います。


タグ:,

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2011年8月
« 5月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME