多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

多次元セラピーのデモ・セッション

2013年10月04日

多次元セラピーを伝えたハンス・テンダム博士は、
稀有なセラピストです。

ヨーロッパでは、退行催眠療法の第一人者として
知名度の高い、有名な方ということですが、
そのデモ・セッションを実際に拝見すると、
驚きに打たれることがしばしばありました。

多次元セラピーを学んでいる間、
ハンス・テンダム博士のデモ・セッションを
一生懸命、記録しては読み返し、
セラピーの展開を分析し、
考察するということをしていました。

おおまかな流れについては、
講義も聴きますし、自主的な練習もします。

しかしどうしても理屈では割り切れないある要素が
テンダム博士の多次元セラピーのプロセスにはあるのです。

たとえるならば、
緻密に構成され練り上げられた論説文の中に、
数箇所、とてつもない飛躍がある、
けれどもあくまでも優雅に、的確に
結論に向かっていく、
といった趣きでしょうか?

多次元セラピーは、
「マルチディメンショナル・トランスパーソナル・セラピー」

元々、トランスパーソナルな領域を含むセラピーなのですが、
その飛躍は、思いもよらない何かの出現であったり、
思い切った展開の鋭い切れ味であったり、
メソッドやセオリーを越えたところにある要素です。

ハンス・テンダム博士ご自身がおっしゃっているように、
数多くのケースから試行錯誤を経て編み出された秘策、
奥の手…といったものもあります。

優れたセラピーには芸術的な要素があると云われます。

それは、おそらく意図して創り出せるものではなく
成功も失敗もある長年の経験の中から、
自然に醸し出される芳香のようなものなのかもしれません。

理論を頭で理解しているだけで
真似ができるようなものではないでしょう。

退行療法である多次元セラピーは、
ケースを積めばつむほど、
今まで見えていた(在ると思っていた)世界が
さらに予想外の奥行きを現して、
セラピー終了の達成感と同時に、
新たな問題点もまた、浮上してくるのです。

人間の心、人という存在の、
どこまでも奥深いトランスパーソナルな領域を探求し続ける、
ゴールのない旅のようなものだと、日々、実感しています。

トランスパーソナルな旅の第一歩は、
やはり基本の習得。

多次元セラピーの基本要素を
あなたも学んでみませんか?

「多次元セラピー」 サイトの
多次元セラピー上級コース」にて
お伝えしています。


タグ:, , ,

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2013年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME