多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

多次元セラピーとNLP リソースは全てその方の中に在る 

2013年11月05日

多次元セラピーでは、
クライアントさんに属していない外部の存在の力は
原則として使わないということを、前回お伝えしました。

その方に元々具わっているリソース、
すなわち問題を解決するために必要な資質や思考、力などを
最大限、使うことができるようにするためです。

このように書くと、外部の超越的な存在、
たとえば宗教の教祖さまや天使や守護存在などを
否定するかのように思われるかもしれませんが、
そのようなことは全くありません。

そうした存在からのサポートを使うほかに手段が無いような場合も
時にはあるかもしれないのです。

実は多次元セラピーでは、例外的に
こうした存在の手を借りる場合を想定しています。

私たちには例外なく自分を癒す力が具わっていると
常々、私は考えています。

多次元セラピーと出会った時、
その素晴らしさに圧倒された理由は数々あるのですが、
こうしたリソースへの考え方もその中に含まれていたのだと

今は感じています。

まずはその方のリソースを信頼して使うという姿勢は、
多次元セラピーの優れた特長の一つといってもよいでしょう。

NLP(神経言語プログラミング)の前提の一つに
「リソースは全てその方の中に在る。」があります。

問題を解決するスキルやヒントはしっかりと存在しているのですが、
それが在る場所やそれが在ることに
ただ気付いていないだけだという考え方です。

もしもリソースが在るのにもかかわらずそれに気付かず、
ご自分のパワーを認めることが出来なかったとしたら、
何か問題が起こるたびに、
ご自分以外の誰かに助けを求めることになってしまいます。

それがセラピストだった場合、
その方はセラピストに依存するようになっていくでしょう。

人生のさまざまな体験によって自己価値が低くなり、
自信を喪失されてしまうことがあります

特に問題やお悩みに打ちひしがれて、低迷していたとしたら
なおさらそうなってしまうでしょう。

多次元セラピーは、このような場合でも、
セッションの中でご自分のパワーを見出してそれに触れ、
使っていただけるようなはたらきかけを致します。

そうした誘導をする時、
私はその方の中にあるパワーを見て、感じることができます。

セッション中、そうした局面において、
ご自分のリソースを見出せなかったり、弱すぎたり、
否定されたりして使うことができなかったケースは
これまでにはありません。

癒しのプロセスがいつ、どのくらい進むのかは
その方ご自身が深いレベルでご自分に許可を出し、
選択なさっていることだと思いますが、
いかなるときにもご自分を癒すパワーはここに在るのです。

お悩みの中で、あきらめや絶望を感じておられる方や
これから多次元セラピーをしてみようと思われる方に、
このことを知っていただけたらと思います。

にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


コメントはこちら


※公開されません




blog

カレンダー

2013年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME