多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

憑依存在、それは投影されたネガティブなエネルギー

2013年12月09日

物や人間に対する執着の程度には、
個人差が大きいものです。

同じ体験をしても、すぐに忘れてしまう人、
意識的に気持ちを切り替えて忘れようとする人、
いつまでも頭から離れず引きずってしまう人…といろいろです。

物事にこだわらないのは、一見良いことのように思われますが、
本当の意味で気持ちを解放できているかどうかが重要となるでしょう。

不快な体験による嫌な感情や執着、心残りなどが在る時、
それが存在することを認めたうえで、
しばらくの間、その感情を味わい、
その後、手放していかれたらよいのですが、
瞬時に蓋をしてしまうことがあります。

まるでそんな感情は最初から存在しなかったかのように扱うのは、
無意識に自己や他者を守ろうとする作用です。

表面上は何事もなかったかのように平和に見えますが、
実は心の奥深いところでその感情はいつまでも渦を巻き、
消え去ることはありません

そして折に触れ、意識の表面に現れ出ようとします。

たとえばご本人にも予測できない局面で感情が爆発したり、
病気や体調不良の原因となったりすることがあります。

このような場合、ご本人に起こる問題ですので、
自覚ができますし、内省をしたり、
気付きがやってきたりすることもあるでしょう。

もっと厄介なのは、
このネガティブな感情や執着がいわば一人歩きをして、
他者に悪影響を及ぼすような状態となっていくことです。

悪影響を受ける側にとっては何が起こっているのか理解できませんし、
何に起因して問題が起こっているのかもわかりません。

たとえば AさんとBさんが親友同士で、
日頃、仲が良かったとします。

ある時、Aさんは、ちょっとしたことで
Bさんの言動に気持ちを傷つけられ、
怒りと恨みを覚えますが、その怒りを瞬時に抑圧し、
表面的には何事もなくふるまっています。

この怒りと恨みは、Aさんが意識できない心の奥深くに在り続け、
Aさん自身ではなく、Bさんに影響を与えることがあるのです。

多次元セラピーではこうした状態を「憑依」と呼びます。

Bさんにとっては、自分に属していないエネルギーからやってくる
ネガティブな影響や問題ということになります。

多次元セラピーでは、
そのエネルギーが何かの形を取って現れ、
時には人間や見たことのない生きものとして認識されることがあるのですが

それは投影されたAさんの怒りと恨みのエネルギーであると
言ってもよいでしょう。

セッション中、こうしたものと出会い、その正体がわかった時
Bさんはおそらく驚かれるでしょう。

なぜならばAさんとの人間関係は円満であり、
思い当たる問題など何もないからです。

またAさんにとっても、
この怒りと恨みは認識できない領域に在るものですから、
まさかそれがBさんに影響を与えているとは思いも寄らないことでしょう。

無意識の抑圧という防衛反応は、人の心の複雑さ、
普段は意識できない潜在意識のはたらき
を垣間見せてくれます。

私たちの潜在意識(無意識)はつながり合っています。

トランスパーソナルな視点に立つならば、
私たちの日常生活の水面下では、
目には見えないエネルギーが大小の渦を巻き、
波紋を広げ、
お互いにさまざまな影響を与え合っているのです。


タグ:, ,

この記事にコメントする

マインドを越えた領域からの癒し 多次元セラピー

2013年12月08日

悩みや迷いがある時、重い心を抱えながら、
出口を探してあれこれと考え続けることがあります。

思考は堂々巡り、時間がのろのろと過ぎて、
今日もまた、何の進展も解決の糸口もなく一日が終わる…

眠りの中に沈む時、ひととき重苦しさを忘れることができるものの、
夜明けとともにまた現実に引き戻され、
憂鬱な気分に包み込まれてしまうのです。

こんな時こそ思考やマインドを超えた領域があることを
思い出してみましょう。

私たちは、自分で考えている「自分」が全てだと
つい思ってしまいがちですが、実はそうではありません。

どんな方にも思考によっては到達できない
潜在意識という領域があります。

潜在意識は、マインドによる思考や分析、判断、計画や思惑を超えた
膨大なデータベースです。

そのデータベースにアクセスしてみれば、
現状を抜け出すヒントや、未来のヴィジョン、
思ってもみなかった可能性と出会うことができるでしょう。

頭を使って熟考し、情報をかき集め、知恵を絞り、
時間を費やして頑張り、努力を積み重ねることも大切ですが、
それに加えて、意識の90パーセントを占める潜在意識のリソースを
活用してみましょう。

潜在意識は、苦しみや生き辛さ、不安、罪悪感、
特定の信念などがどこからやってきたのか、
時空を超えた広大な視野に立ち、
過去を癒し、現在を変容させるイメージを示してくれます。

潜在意識は、解決に向かう最善の道筋を既に知っているのです。

それはマインドが出した結論とは異なることがよくあり、
想定外と驚かれることもあるかもしれません。

トランスパーソナルな世界観では、人間を体、精神、心だけでなく、
潜在意識(個人的無意識、普遍的無意識)、
変性意識、超常意識、魂といったところまで広くとらえます。

多次元セラピーでは、さらに目に見えないエネルギーをも扱い、
深いレベルでの癒しと解放を目指します。

行き詰ってしまった時や、どうしてよいか途方にくれている時、
意志の力で頑張れることは、既にし尽くしたと感じている時、
日常、意識することのない、その方の意識のさらなる深層、
トランスパーソナルな領域に
アクセスできることを思い出していただければと思います。

多次元セラピーは、その方の潜在意識とつながって、
その時に必要なイメージと気付きを受け取り、
思考、感情、感覚、魂、エネルギーなどあらゆるレベルにおいて
心身魂を癒し、新しい可能性と出会うためのパワフルなサポートです。


タグ:,

この記事にコメントする

スクールの中で共有する 多次元セラピーの魅力

2013年12月07日

このところ「多次元セラピー・前世療法のスクール」のうち
「多次元セラピー上級コース」をお伝えする日々が続いています。

多次元セラピーは、新しい退行療法の手法ですので、
これをマスターして癒しのサポートをしたいという方は、
とても先進的で敏感な方が多いといつも感じています。

将来、さらに発展していくであろう手法に惹かれるのは、
思考によってだけではなく、
おそらく直観や予見、インスピレーションなども
関わっているのではないでしょうか?

既にヒプノセラピーを学ばれ、
プロのセラピストとして開業なさっている方が
セッションの幅を広げ、良い刺激を求めてお越しになることがあります。

またカイロプラクターの方や、整体師さん、
アロマセラピストさん、マッサージ、キネシオロジーなど
ボディワークをなさっている方もあります。

占いやエネルギーワーク、
リーディンクやチャネリングをなさっておられる方の中にも
多次元セラピーの魅力を感じておられる方があるようです。

主婦の方や会社員、専門職の方もあります。

ご年齢、ご職業などはさまざま、こうした背景は、
一見すると共通点などないかのように感じられるかもしれません。

が、トランスパーソナルな領域にご興味をお持ちだということと、
人の心の深層に関心があることは、皆さまに共通して言えることでしょう。

多次元セラピーは、セラピー手法の中に、
魂、人生の計画、輪廻、カルマ、エネルギーなどを含みます。

こうした目に見えないものを許容しながら、
癒しのツールとして取り入れ、駆使することが
大きな特長と言えるかもしれません。

深く思考し、感受性が鋭く、繊細で、柔軟な方々によって、
楽しみながら習得され、実践していただけるならば
これほど嬉しいことはありません。

ハンス・テンダム博士の多次元セラピーは、私にとって、
いつでも発見と驚きをもたらしてくれる、深淵で頼もしく、
スリリングで斬新な手法
でした。

多次元セラピーのスクールや研究会で、
受講生・修了生の皆さまが、同じように革新性や効果に驚かれる時、
私も、あらためて多次元セラピーの優れた点を見直して感心し、
最初に出会った時の衝撃と感動を思い出します。

スクールで多次元セラピーをお伝えする機会は
多次元セラピーに対する自分自身の理解や気付きが
さらに深まるきっかけでもあります。

多次元セラピーの魅力に触れ、
学んでセッションで使いたい、実践していきたいという方が、
これからますます増えていくことを願っています。


タグ:,

この記事にコメントする

多次元セラピーの可能性

2013年12月05日

多次元セラピー・前世療法のスクールの
多次元セラピー上級コース

多次元セラピーの基本的な方法のほか、
退行療法としてのインナーチャイルド、憑依、トラウマ、
転生のパターン、カルマ、トラウマのある前世などについても
お伝えしています。

ここに並べた単語をご覧いただいただけで、
トランスパーソナルな領域を扱う多次元セラピーの特長を
何となく感じ取っていただけると思うのですが、
実際に学ばれるとその広がりに驚かれると思います。

心の深層、魂、目に見えない世界、エネルギーなどを扱うことで、
退行セラピーという枠を越えて、
さまざまに多次元セラピーを活用できる
可能性を見せてくれるようです

実際に多次元ノセラピー・退行療法の
専門家を目指す方々ばかりでなく、
他の代替療法や対人援助のお仕事に
これを活かそうとする方が少なくありません。

従来のヒプノセラピーに比べると、
たしかに多次元セラピーには
応用できそうな余地がたくさん含まれており、
そうしたいと思う気持ちをかき立てる魅力があると感じます。

私は元々ヒプノセラピー、前世療法をしていたので、
その流れで退行療法である多次元セラピーを使ってきました。

多次元セラピーを使うようになり、
従来のヒプノセラピー、前世療法ではカバーしていなかったテーマをも
セッションで幅広く扱えるようになりました。

スクールで多次元セラピーを習得された方々は、
さらに異なる分野にまでこの斬新なセラピーを取り入れ、
応用してみようとお考えです。

これからどのような形で活かされ、展開していくのか
想像してみるとワクワク致します。

多次元セラピーには、トランスパーソナルで
スピリチュアルな知識や見識が数多く含まれ、
それに触れる方々の視野を広げ、
意識を開くきっかけとなるかもしれません。

催眠と結び付けて実践するのではない活用法も含め、
さまざまな立場の方々に、
ご興味を持っていただければと思っております。


タグ:,

この記事にコメントする

インナーチャイルドと前世療法、憑依のセッションに現れる傷ついた子ども

2013年12月04日

何か問題やお悩みがある時、退行してその起源に戻ってみると
その問題に関連のある重要な出来事に行き着くことがあります。

それは前世の出来事かもしれませんし、
今生の過去、あるいは胎児期の出来事かもしれません。
その出来事を探究していくと、子ども時代のトラウマや、
傷ついたインナーチャイルドが潜んでいる
ことがよくあります。

過去からの否定的な影響には、
多くの場合、傷ついたチャイルドが関わっている…
そう言ってもよいでしょう。

現在の問題が深刻であればあるほど、
まだ癒されていないチャイルドの存在が、
暗い影を落としているのです。

たとえば原因不明の心身の不調がある時、
多次元セラピーを使ってその原因を探求していくと、

その方に属していないエネルギーが原因となっていることがあります。

多次元セラピーではこれを憑依と呼びます。

実はこの憑依にもしばしば傷ついたチャイルドが関わっているのです。

さらにサブパーソナリティ(副人格)と対話をするセッションをしている時も、
サブパーソナリティが、幼い子どもの姿で現れたり、
子どものような要求や振る舞いをしたりすることがあります。

この世に生まれて最初に出会い、深く関わりを持つ親と子ども。

母子の場合には、誕生以前に胎内で数か月をともに過ごし、
いっそう密接なつながりを持ちます。

親と子の絆はあらゆる人間関係の基礎であることを思えば、
幼少期の問題や親子関係の問題が、
その後の人生全般に大きな影響を与えることも頷けることです。

純粋で傷付きやすく、無力な子ども。

子どもは、その未熟さと無知のために、
何か途方もないことが起こっていても、
その出来事の意味を理解することができず、
検討や分析を加えることも困難となります。

そのためにチャイルドの心はいっそう傷を深め、
ダメージを受けて混乱してしまいます。

大人ならば理性的に受けとめ、防衛し、客観視もできるのですが
子どもにはそれが難しく、全てを自分に引き寄せて解釈しがちです。

インナーチャイルド…傷ついた子どもは、
インナーチャイルドをテーマとするセッションだけに登場するのではありません。

インナーチャイルドを癒すことをテーマとしたセッションは、
それ自体が深い癒しをもたらす貴重な機会となります。

けれども前世療法など他のテーマのセッションにおいても
さまざまな局面で、傷ついた子どもの影が見え隠れして、
部分的にはインナーチャイルドを癒す流れとなることが少なくないのです。

前世療法であれ、憑依存在の解放であれ、
そこに傷ついた子どもが現れたら、
何をおいてもまずはその子どもを十分に癒し
安心させ、安全に守ってあげる必要があります。

このようにチャイルドの癒しは普遍的で重要性の高い要素なのです。

私たちは誰でも、多かれ少なかれ、
子どものころの心の傷を持っています。

大人になるまでのプロセスで新たな悩みが増えていったとしても、
その根っこには古くて忘れ去られた小さな痛みが
今も疼いているかもしれません。


タグ:, ,

この記事にコメントする

多次元セラピープラス従来の前世療法で…

2013年12月02日

今日は多次元セラピー・前世療法のスクールがありました。

一般的に、このスクールで初めてセラピーを学ぶ場合、
まずはベーシック・コース、次にアドバンス・コース、
そして多次元セラピー上級コースへと進んでいただきます。

けれども多次元セラピーにご興味をお持ちの方は、
多次元セラピーをとにかく早く学んでみたいということで、
多次元セラピー上級コースを先に受講なさることもあります。

ベーシック・コース修了後、アドバンス・コースを後回しにして、
多次元セラピー上級コースへ進まれ、
その後、アドバンスに戻って受講なさる場合もあります。

実は「多次元セラピー上級コース」には、
ヒプノセラピー・前世療法の基礎は含まれていません。

ヒプノセラピー・前世療法の基本を
ひととおり理解なさっていることが前提のコースとなっており、
基本がないと理解や実践が難しい要素が多数含まれているのです。

基本とは、たとえば潜在意識や暗示、催眠誘導法、後催眠暗示、
解催眠、セッション中に起こる問題やブロックなど。

先に多次元セラピーを学ばれて、
あとから従来の前世療法を受講されると、
多次元セラピーの理解がいちだんと深まり、
今までよくわからなかった部分が腑に落ちた…ということも
よくあることです。

その方のご興味に応じて、
どのような順序で受講なさってもかまわないのですが、
従来の前世療法をマスターすることは、
多次元セラピーを学ぶにあたって、
おそらく強い味方となり、お役に立つでしょう。

開業後、個人セッションの際に多次元セラピーを用いて、
それがクライアントさんに合わなかったり、
または何らかの理由でセラピーが上手く進まなかったりした場合、
従来の前世療法を知っていれば、そちらを使って進めることができます。

またクライアントさんが望むセッションの目標やテーマによっては、
従来の前世療法の要素を取り入れることで
より高い効果を上げることができる場合もあります。

私どものスクールでは、
多次元セラピー上級コースまで受講なさる予定の方には、
こうしたことをお伝えしたうえで、
アドバンスの(従来の)前世療法を選択することをお勧めしています。

多次元セラピーによる前世療法と、従来の前世療法、
どちらも身に付けておくことで、
将来、より幅広いテーマを扱うことができる
オールマイティの前世療法セラピストとなられることでしょう。


タグ:, ,

この記事にコメントする

  Next Entries »


blog

カレンダー

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME