多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

胎児期のトラウマと多次元セラピー

2014年01月15日

退行催眠療法のひとつに、
お母さんのお腹の中にいた頃まで戻る
「胎児期退行」があります。

戻るといっても、
「胎児に感覚や記憶があるの? 」と
疑問に思われるかもしれません。

初めて胎児期に戻った時の体験は、
今も忘れられない強い印象を残しました。

お母さんのお腹の中にいるとはどんな感じなのか、
想像もできない…と思いつつも、
実際に催眠状態に入ってみると…

体温の暖かさや暑さ、
お腹の内側で、日増しにどんどん強くなっていく、
圧迫される感じや動きなどが、
驚くほどリアルに感じられたのです。

それだけではありません。

母親の感情の動きはもちろんのこと、
周囲にいる大人たちのことは、
透視でもしているかのように、何もかも伝わってきて、
言葉に出さなくても、ひとりひとりがどんなことを考え、
何を感じているのかが判っていました。

私の場合、母親が直前に流産をしていたため、
無事に生まれてくるかどうかということを、非常に心配しており
胎児の私は、その不安な気持ちと怖れを感じ取って、
「大丈夫!」と何とか伝えようとしていました。

一般に、家族から何も聞かされていなかったり、
大人になった今、記憶には何も残っていなかったりしても
この時期に母親が大きなストレスを感じていたり、
家族に何か辛い出来事や重要な事件などが起こっていた場合、
胎児は、かなり大きな影響を受け、それが現在にも尾を引いて、
否定的な影響が残ってしまうことが少なくありません。

また不幸なことに、何らかの事情で、
子どもの誕生が歓迎されていなかったということもあるのです。

その場合はさらに深刻です。

多次元セラピーのセッションでは、
従来のヒプノセラピーの胎児期退行よりもさらに詳細に
現在の問題の原因となった胎児期の出来事を再体験し、
否定的な影響を軽減し、感情的なブロックを解放していきます。

ほとんどの人が持っていると云われる
バーストラウマも癒していきます。

胎児期退行によって期待できる効果は、
これだけではありません。

通常、この人生の目的や使命、
家族とのつながりなどを知りたい時、
前世療法(過去生退行)のセッションを行いますが、
この胎児期退行によっても、
前世への退行とは異なる視点から、
この人生の深い意味を探求したり、
洞察を得たりすることができます。

どのようなビジョンを持って新しい人生に臨むのか、

何故、この人たちを両親として生まれてくるのか?

生まれた瞬間に感じたのは、どんなことだったか?
 
この世界や家庭環境、家族の最初の印象は…? etc. 

胎児は、周囲に対して無防備、
傷つきやすく、イノセントな存在です。

そして、母親とは、文字通り一心同体、
完全に依存して生きている状態です。

それだけに、胎内で体験したことは、
数ヶ月だけの期間とはいえ、言葉では言えないくらい、
その後の人生に大きな意味を持つのです。

多次元セラピーには、
複雑な出来事にもアプローチする手法があります。

母親や周囲の人々からの否定的な影響、
兄弟姉妹の反応と、カルマ的な影響、
生まれてくるこに対する否定的な感情、
強制された人生の計画など、
トランスパーソナルな領域に渡って
その時、何が起こったのか、
胎児はそれをどのように体験し、何を感じていたのか
探求をしていくことが出来ます。


タグ:

コメントはこちら


※公開されません




blog

カレンダー

2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME