多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

心に寄り添い癒す言葉 多次元セラピー研究会

2014年05月20日

今日は多次元セラピー研究会、
スクール修了生の方同士で交換セッションをしています。

多次元セラピーは、ヒプノセラピーや前世療法と同様に、
言葉と声を使うセラピーです。

言葉や声は、その日の体調や気分を反映しやすいもの、
コンディションが良い時は、セッション中、
その局面を癒すのにふさわしい言葉がけをしやすくなるのは、
実際にセッションをなさったことのある方ならば、
おそらく思い当たるところではないかと思います。

多次元セラピーには、まるで探偵のように
詳細を明らかにしていく手法があるのですが、
そうすることで、より深くその時の思いや感情、感覚、思考などを理解し
共感することが出来るのです。

何を感じ、何を考えていたのかがわかると、
的確かつ十分に癒すことができるようになります。

すなわち詳細を知ることは、目的ではなく、
深い癒しとカタルシスをもたらす手段となるわけです。

始めのうちは、探偵モードなどのテクニックに意識が向いてしまいがちですが、
本当にエネルギーを傾けるべきは、理解して癒すこと。

その癒しを支えるのが、言葉と声です。

言葉には、心が映ります。

理解や共感する気持ちがあるならば、
その瞬間に必要な言葉が自然に選択され、
心に寄り添う問いかけとなっていくことでしょう。

教科書的な言葉を整然と組み立てて伝えても、
心に響くものとはならないものです。

その反対に、気持ちがこめられた言葉には、
聴く側の心をほぐし、和らげる力があります。

ある程度、セッションの流れに慣れてきたら、
次なる目標は、癒しを深めるためのトレーニングとなるでしょう。

ヒーリングマインドと言葉選びに気を付けながら、
ご一緒に、さらなるスキルアップを目指していきましょう。

多次元セラピー 退行療法


タグ:,

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME