多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

レイキヒーリングだけではないレイキの実践とは?

2015年11月27日

先日、無事に出産されたレイキセミナー修了生の方から、
嬉しいメールをいただきました。

移動中の陣痛や、寝付けない夜などにレイキが役立ち、
助けられたということでした。

レイキヒーリングは、レイキセミナーとレイキアチューンメントのあと、
どなたでも行うことが出来るようになります。

とはいえ、その後の実践方法や実践頻度については、
その方によって、かなり異なっているようです。

実は、プロのレイキヒーラーにならなくても、
レイキは日常生活の中で、随所に使うことが出来るものなのですが、
あまりそう思われていないのは、残念なことです。

レイキ活用の一例を挙げてみましょう。

たとえば、外出する前に、車やバイクにレイキをする、
電車の座席にレイキをしてから腰かける、
カフェやレストランで、飲みものや食べものにレイキをする、
スーパーのレジで、支払い時にお金にレイキをする、
お釣りを受け取りお財布にしまう時に、レイキをする、
…など、さまざまな場面で活用出来ます。

道を歩いている時に、数メートル前方の一角に向かってレイキをしたり
パソコンを使う前にレイキをしたり…は、私もよく行っていることです。

レイキセミナーにお越しいただいて、レイキについてお伝えし、
アチューンメントをさせていただく時、
毎回、たいへん充実感とワクワク感があるのですが、
それは、レイキがかくも日常に役立つことと、それと同時に、
「安心立命」の境地に到達するのを助けてくれるためです。

「安心立命」とは、臼井先生が言われた言葉。

何があっても動揺せず、穏やかで、人間として最高の安らぎに満ちた境地、
進化や成長の先にある理想の状態と言えるでしょう。

身近な生活レベルと、壮大な進化の次元、その両方に役立ち、
心も体も、そして物や場所なども、調和に導き、
さらなる調和と健やかさの実現につながっていくのは、
本当に稀有なことに思われます。

臼井先生は、鞍馬山でレイキ(霊気)を授かった後、
霊気療法として、多くの人々に分け隔てなく伝え、広めていかれました。

ひとり占めをすることなく、また秘密にしておくこともなく…。

このことから、レイキを授かるのにふさわしい高い精神性が感じられます。

レイキが世界中に広がり、
多くの人々によって実践されるようになっていったもう一つの理由は、
物理的なものや身近なものに対しても、
心や感情など目には見えない領域にも使うことができ、
また普通の生活にも、
覚醒や悟りを求めるより形而上学的な目的のためにも、
活用ができ、効果を上げられることにあるのではないかと思います。

私どものレイキセミナーにこれまでお越しいただいた皆さまも、
レイキを始めようと思われた理由はさまざまです。

ご家族の疲れとストレスを癒してあげるため、
レイキヒーラーとしてお仕事に活かしたい…などのほか、
高齢のパートナーアニマルに
ヒーリングをしてあげるためという目的もありました。

現代レイキには、レイキヒーリングだけではなく、
自己浄化と自己成長のための技法が、各レベルに紹介されています。

レイキ瞑想法、浄心呼吸法、レイキのチャクラ呼吸法
臼井先生の時代から行われ続けている発霊法、
脊髄浄化法などがそうしたワークになります。

これらは、レイキのセルフヒーリングとともに行うことで、
忙しい毎日に、心身のコンディションを整えて
静かに自分と向かい合うひとときをもたらしてくれるでしょう。

実践されている方はご存じのように、短い時間であっても、
行ってみるとたいへん心地よく、清々しい気持ちになっていきます。

レイキというと、手当ヒーリングが連想されますが、
実はそのほかにもさまざまな技法があり、
多様なニーズに応えてくれます。

現代レイキでは、現代レイキヒーリング協会代表の
土居裕先生が編纂された世界共通公式テキストがあり、
こうした技法やワークが、図解入りでわかりやすく解説されています。

この公式テキストでは、土居先生や、
それ以前の時代のレイキ実践者の方々の
長年に渡る研究成果やさまざまな実践例などが
過不足なく巧みに伝えられていますが、
現代レイキを学ぼうとする方ならば誰でもその恩恵を受けられるのは、
臼井先生の創始の精神に通じるものがあると感じます。

レイキヒーリングだけではないレイキの実践について、
もっと知りたい、深めてみたいと思われるならば、
現代レイキ(現代霊気法) は、きっと新しいレイキ実践の世界の広がりに
気付かせてくれることでしょう。

現代レイキによるレイキヒーリングセミナー


タグ:,

この記事にコメントする

魂の輪廻とカルマを探求する多次元セラピー

2015年11月23日

深まる秋、心の内側に静かに意識を向け、
心、感情、そして魂や輪廻転生のプロセスを
探求してみようという方が、
今、何人もお越しくださっています。

さまざまな時空をご一緒に巡り、
魂のレベルをも含む壮大な探求の旅をサポートさせていただくことは
私にとっても大きな喜びです。

多次元セラピーのセッションは、まさに探求そのもの、
探求につぐ探求です。

多次元セラピーを使うと、心の深層領域から、
はるかな魂の来歴、輪廻とカルマ、
進化のプロセスをたどっていくことが出来るのをご存じでしょうか?

ヒプノセラピーのセッションで、
日頃、意識されていない潜在意識にアクセスすると
本当の思いに触れることが出来ます。

その時、本当は何が起こっていたのかということも見えてきます。

しかしながら潜在意識に在るのは、それだけではありません。

エネルギーの作用、カルマのバランスが傾き、再び回復されていく様子、
目には見えないものたちの行動や想念…。

このように書いていくと、空想的で怪しげな印象を
与えてしまうのではないかと少々気になるところですが、
実際に多次元セラピーのセッションを体験されてみると、
それがどのような発見や気付きをもたらすものであるか、
自然に納得していただけることでしょう。

たとえば、今抱えているお悩みの起源に戻っていくと、
そこは前世・過去生の場面。

もう一人のその方=前世のパーソナリティと、
それを取り巻く陰謀、不運、裏切りなどが明らかとなって、
その方とはかかわりのない存在までが、それぞれの思いを抱いて
そのお悩みの複雑さを増幅していることがわかってきます。

前世の悲惨な出来事は、
その方の前世のパーソナリティに起こったことですので、
そこにはさまざまな思い、心残り、憎しみなどがあるのは
当然のことです。

では、一体なぜ関係のない存在までが絡んできているのでしょうか?

丹念に探求を続けていくと、実はそこにはある理由があったのです。

その理由には、その方の転生のプロセスで
生じることとなった幾つかの要素が重要な意味を投げかけていて、
影響を及ぼしていたことが明らかになっていきます。

抽象的な表現ですので、ちょっと想像しにくいかとは思いますが、
未完了の出来事とカルマ、魂が計画している転生のテーマ、
転生を越えて再現されていく人間関係などが
そこには見て取れるのです。

事実は小説よりも奇なり…と言いますが、
トランスパーソナルな探求は、本当に驚くようなことばかり。

それでいて不思議なことに、
パズルのピースが全て納まっていくかのように腑に落ちるのです。

自分を探求していくことは、
玉ねぎの皮を一枚一枚剥いていくようなもの、
一つの探求から理解と解放、癒しが起こると、
次なる探求への糸口が現れ、癒しを必要としている領域が姿を現し、
そこからさらなる深層へと進んでいく流れとなるのです。

感情的な癒しと理解が起こると、変容につながっていきます。

行楽の秋、紅葉の美しい秋は、心のいっそう深いレベルを訪ねて、
そこにどんな光景が広がっているのかを具に眺め、癒し、
自己理解を深めるのにも良い季節です。

トランスパーソナルな視点から、ご自分を再発見する探求は、
時に込み入り、交錯し、複雑過ぎて、
解きほぐすのに時間がかかることもあるものですが、
終えた時の充足感と手にした収穫は、
言葉では表現しにくいものとなるでしょう。

生身の人間心理から、
あの世に持ち越されていく特別な思いに至るまで、
光が当たり影が落ちる魂の道のりを垣間見させてくれます。

そして、愛着または憎悪がある時、
同じ相手と、転生を越えて、
何度も繰り返し出会っていく不思議に心を打たれます。

過去があって現在に至り、その先には未来が在る…

現在の状況や心境から、思いの起源をたどり、
なぜそうなっているのかを知り、
ご自分を俯瞰してみたいと思われたら、
多次元セラピーを使ったトランスパーソナルな探求を
試してみてはいかがでしょうか?

多次元セラピー 退行療法 トランスパーソナルな探求と癒し


タグ:, , ,

この記事にコメントする

前世・過去生のパーソナリティとカルマ もう一つの憑依存在

2015年11月14日

多次元セラピーの憑依の解放では、
憑依存在を、生きている人間、エンティティ、
そしてその方の前世・過去生のパーソナリティ と考えています。

エンティティとは、亡くなった方のスピリットなど体を持たない存在、
前世のパーソナリティとは、
その方が前世・過去生で過ごしていた時の人物という意味です。

前世・過去生のパーソナリティが、困難で複雑な体験、トラウマ体験などによって、
何かにとらわれ続け、光のもとへ戻ることが出来ない状態を
想像してみて下さい。

このような前世のパーソナリティは、
エンティティや生霊と同じくらいか、それ以上に深刻な問題を
起こしてしまうことが少なくありません。

前世・過去生…?  
前世療法で癒せばよいのでは…?  と思われるかもしれません。

そうですね。 前世・過去生のパーソナリティが原因で、
問題が起こっているのだと、最初からわかっているならば、
多次元セラピーによる前世療法を用いてアプローチすることが出来ます。

けれども、残念なことに、
心身の不調が起こっていたり、交通事故を起こしたり、
人間関係のトラブルが続いていたりする時、
その原因が一体、何によるものなのか、通常は、はっきりしないことが普通なのです。

こうしたわけのわからない災難や不運、不調の起源に戻ってみると、
そこはこの人生ではない…と、はじめて気付かされることになります。

この探求のプロセスは、憑依の解放の手法を使うと
たいへん効率よく楽に進むことになります。

憑依というのは、その方に属していない何らかのエネルギーか、
否定的な影響を及ぼしている状態を指します。

憑依しているのが、以前お付き合いしていた相手や前夫など
生きている人間であるならば、その方も何となく思い当たることがあるでしょう。

たとえそれがない場合でも、セッションのプロセスが進むにつれて、
次第に気付かれ、腑に落ちていくことがあります。

それに対して、前世・過去生の出来事がきっかけで
そこから強い執着、愛着、怒り、恨み、
復讐心、支配欲などが起こり、現在の問題につながっていることは、
通常、薄々気付いている…ということは、ほとんどありません。

それだけに、ご本人にしてみれば、
なぜこのようなことが起こっているのか、
さっぱりわからない…ということになるでしょう。

多くの場合、他者から見れば、相当不可思議な問題が起こっていたとしても、
その方ご本人は、あきらめてしまっていたり、
「仕方がない、こんなものだ」と受け入れていたり、
無意識に抑圧しておかしいという自覚がなくなっていたりするものです。

問題に気付かれて、セッションにお越しになると、
はじめてそれが前世・過去生に由来するものであることに行き着きます。

前世のバーソナリティを癒すことで、劇的に良くなられて、
驚かれるのです。

前世・過去生で癒されていない何かがあるということは、
別の表現で言うと、カルマということになるかもしれません。

未だ完了されていない出来事、思い、感情…。

私たちは、人生で起こるさまざまな問題やお悩みによって、
カルマ的な問題が存在していることに気付くことがよくあります。

むしろそのことに気付こうとする意識のエネルギーによって、
同じような問題やお悩み、感情などが浮上し、
再現される…と言うことさえ出来るかもしれません。

憑依存在のうち、前世のパーソナリティは、その方(と同じ魂)であるわけですが、
現在とは別のパーソナリティであるため、なかなか気付かれにくく、
他者として認識されています。

まずはその憑依存在が、どんな思いでいるのか?
何を求めて憑依してきているのかを、じっくりと探求していきます。

そしてここからは、前世療法のように、時間をさかのぼり、
問題となっている出来事まで退行していきます。

一般的な前世療法では、通常、ここまでなのですが、
多次元セラピーでは、根本的な問題の解決に必要なことを
全て行っていきます。

必要があれば、背景の出来事や人間関係、さらにはもっと過去の転生にまで戻り、
感情、精神、身体のあらゆる面から癒しとカタルシスが起こるように、
丁寧にはたらきかけていきます。

前世での悲惨な出来事や途方もない苦悩は、
ただそれに気付くだけでは解決に向かいません。

なぜそうなってしまったのか?
その結果、どのような影響を受けてしまったのか?
人生がどのように変わってしまったのか?

時間をかけて解きほぐし、探偵のように詳細を明らかにしていきます。

長年に渡って続いている問題や、偶然とは考えにくい負の連鎖、
繰り返される否定的なパターン、努力しても思うようにいかない人生、
原因のはっきりしない心身の不調などがありましたら、
一度、多次元セラピーを試していただくことをお勧め致します。

その際は、固定観念、先入観、今まで誰かに言われたこと、
インターネット上で集めた情報、占いや霊視の情報などは、
いったん脇に置いていただくことをお勧め致します。

その方の潜在意識は、問題やお悩みの起源を既に知っています。

そして解決への最善の道筋と、必要な気付き、自己治癒力を持っています。

潜在意識は、意識のデータベースのようなものであり、
ご本人も気付いていなかったこと、あるいは忘れてしまっていたことなど、
その方についてのあらゆる情報が、そこには蓄積されています。

多次元セラピーを使って、ご自分の内なるデータベースと叡智にアクセスし、
先入観なく、丹念に探求し、癒していきましょう。


多次元セラピー 退行催眠 トランスパーソナルな探求と癒し




タグ:, , ,

この記事にコメントする

本当に自分の前世であるかどうか疑問が残る時

2015年11月06日

先日、前世・過去生について、ご質問をいただきました。

前世・過去生でのご家族とのつながりを知るために、
ヒプノセラピーの「ハイアーセルフ」セッションで、
ハイアーセルフに直接訊ねるという方法を選ばれたのですが、
後日、ご自宅で、ハイアーセルフに同じ問いかけをしたところ、
セッションとは異なる答えが返ってきたということです。

同じことを訪ねて違う答えが返ってくるのは、不可解なことであり、
ハイアーセルフを信じられなくなりそうだということでした。

そのお気持ちはよく分かります。

なぜこのようなことが起こってしまったのでしょうか?

トランスパーソナルな観点から考えてみると、
私たちが生活しているリアリティには、
もう一つの見えない世界が重なり合っていると
考えることが出来ます。

魂や霊、精霊、エンティティ、エネルギー的な作用などの在る場です。

エネルギーに敏感な方や、繊細な感性をお持ちの方、
エンパス、サイキック、霊媒体質と呼ばれる方々は、
五感で感知できる物理的な事物とともに、
意識的、無意識的に、こうしたエネルギーにも反応していることが
よくあります。

こうした敏感な方々が、前世・過去生へ退行してみた時、
そこに現れてきた前世・過去生のイメージが、
実はその方の前世・過去生ではないということが、
しばしばあるのです。

その前世・過去生は、その方のご家族やお友だちの
前世・過去生である場合があります。

またその方に憑依している存在の前世・過去生である場合もあるでしょう。

驚かれるかもしれませんが、
多次元セラピーによる前世療法をさせていただいていると、
こうしたケースには、頻繁に出会います。

通常のオーソドックスな前世療法においては、
その方の前世ではなく、誰か別人の前世…ということが
そもそも想定されていないため、
こうした問題が意識化されることはほとんどありません。

けれどもトランスパーソナルセラピーである多次元セラピーにおいては、
このような可能性も含めて、
見えない世界で起こり得ることが想定されています。

それらを適切に扱って、正確に安全に探求を続けるための
工夫や手法を持っているのです。

イメージの中に現れた前世・過去生が、
果たして本当にその方の前世・過去生であるのか?
また現れた人物が、本当にその方の前世のパーソナリティなのか?
多次元セラピーを使うと判別ができ、真実を知ることが出来ます。

ご質問の件に戻りましょう。

前世・過去生を探求する方法として、
ハイアーセルフに会い、直接、質問を投げかけて答えを受け取るのが、
ヒプノセラピーのハイアーセルフというセッションです。

ハイアーセルフは、最高次元の自己、
疑問や迷いに対する最善の答えを既に知っている叡智に溢れる自分です。

普通に考えるならば、
ハイアーセルフに会いに行って、
ハイアーセルフ以外の存在が出てくるということはないはずです。

けれども、こちらもトランスパーソナルな観点で捉えるならば、
さまざまな存在が、まるでハイアーセルフのようなふりをして
真実ではないメッセージを伝えてくる可能性は、
否定できないことになるのです。

からかいや冗談ならばまだしも、
悪意ある妨害や策略、否定的な影響を意図した攻撃なども
ないとは言えません。

見えない世界は、物理的な世界と同様に、
光と闇か共に存在する場所です。

そうしたことを視野に入れると、冒頭のご質問の件は、
ハイアーセルフが果たして本当にハイアーセルフなのか?
前世・過去生が、本当にその方の前世・過去生なのか…?
ということについても考える必要があります。

その方の本当の前世ではないのに、そう信じ込んでしまったり、
そこから否定的な影響を受けてしまったりするのは、
きわめて有害なことです。

このような疑問を持たれた場合は、通常のヒプノセラピーではなく、
多次元セラピーによる前世療法を試してみると良いでしょう。

前世・過去生を探求する方法として、人気のある2つのセッション、
前世療法とハイアーセルフ。

どちらも癒しと気付きをもたらす素晴らしいセッションではありますが、
ハイアーセルフのセッションや、従来の前世療法セッションで受け取った
前世・過去生に疑問が残るようでしたら、
多次元セラピーによる前世療法を、
一度お試しになられることをお勧め致します。

多次元セラピー 退行療法 トランスパーソナルな探求と癒し


 



タグ:, ,

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME