多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

2016年もトランスパーソナルな探求と癒しを求めて

2015年12月30日

2015年もあと一日となりました。

今年も、たくさんの方々が、
セッションルームにお越し下さいました。

心から感謝申し上げます。

多次元セラピーのセッションを始めてから、もう数年になりますが、
最近、思うのは、トランスパーソナルセラピーが役立つケースが
確実に増えつつあることです。

人生が上手くいかない、生きる目的がわからない、
原因のわからない心身の不調がある…などと言う時、
一般的には、医学的な検査を受けて治療したり、
心理カウンセリングを受けたりすると思います。

けれどもそれだけではどうしても改善に向かわず、
問題が解決する見通しも立たないということが少なくありません。

心、体、感情を越えた、見えないエネルギーの世界をも視野に入れる時、
トランスパーソナルな探求と癒しが始まります。

今年、多次元セラピーのセッションにお越しいただいた方の中には、
ある一つの問題の解決を目指し、長年に渡って思考錯誤を続けてきたけれど、
ほとんど効果が見られなかったという方が、
たくさんいらっしゃいました。

見えない領域、魂、前世や過去生といったものは、
空想的で怪しく、裏付けの取れないものという印象が強いかと思います。

しかしながら、こうした領域を含めた心理療法を用いることで、
それ以前には受け取ることのできなかった気付きや、
解決へのヒントとなる何かが見つかることがあるのは、
経験的に確かなことだと思っています。

お悩みや問題がある時、
ぜひこうしたトランスパーソナルセラピーを選択肢に入れて
ご検討いただければと思います。

実在の有無、根拠の有無にこだわってしまうと、
探求を始めることが困難となるかもしれません。

私たちの心の深層、潜在意識には、
私たちのマインドでは感知できない夥しい情報と知恵が
蓄積されています。

その中には、問題に対する最善の答えも含まれているかもしれない…と
想像してみて下さい。

全てが解明されているわけではない心の世界において、
捉え方の範囲を広げてみることで、突破口が見つかるのであれば、
そういうこともあるかもしれないと受けとめてみても良いのではないでしょうか?

その方の自己治癒力、潜在意識に具わる叡智は、
癒しと解放へ向かう道筋をいつでも教えてくれようしています。

見えない世界が苦手な方は、先入観や懐疑などをちょっと脇に置いて、
好奇心を持ってお試しいただければと思います。

2016年も、
多次元セラピーによるトランスパーソナルな探求と癒しの
サポートをさせていただくため、
これまでの経験を活かしてさらなる向上を目指し、
取り組んで参ります。

新しい年が、皆さまにとって、いっそう健やかで、明るく、
充実した年でありますように。

多次元セラピー 退行療法トランスパーソナルな探求と癒し


タグ:, ,

この記事にコメントする

ご質問の多い多次元セラピーの「憑依」について

2015年12月13日

多次元セラピーの憑依、憑依を解放する手法は、
通常のヒプノセラピーや退行療法にはない概念です。

多次元セラピーならでは…といっても良い特長なのですが、
言葉だけではわかりにくい面も多いかと思います

憑依とは、その方に属していない何らかのエネルギーが
否定的な影響を及ぼしている状態です。

といっても、現在、ご自分に起こっていることが、
憑依によるものなのか、そうではないのか、
判断がつかないこともあるでしょう。

多次元セラピー(トランスパーソナル退行療法)は、
原因が何であっても、その起源に退行することで、
癒しと解放に向かわせることが出来るものです。

従って憑依が原因なのかどうかわからなかったとしても、
多次元セラピーのセッションを終えてみれば、
どこから問題がやってきていたのかが明らかとなり、
なぜそうなったのかということもわかります。

エネルギー感受性が高い方や敏感な方は、
憑依があることに、ご自分で気付かれることがあるかもしれません。

また、何か支障を来たしている時、憑依ではないかと
相談した相手から指摘された…という場合もあるでしょう。

けれども元々憑依ということをあまり聞いたことがなく、
関心もないという方は、
ご自分に何が起こっているのか、どうしてこうなっているのか、
よくわからないまま、改善方法を求めて、
さまざまなセラピーやヒーリング、代替療法の世界を訪ね歩く…
といったことにもりかねません。

そこで、憑依についてよりよくご理解いただくための参考として、
憑依が起こった時、どのようなことが起こるかについて
これまでのケースからご紹介してみましょう。

いちばんわかりやすいのは、原因不明の心身の不調です。

憑依だけが、そうなる原因ではありませんが、
医学的な診断がつかない、あるいは治療の結果が出ない場合、
一つの可能性として、心の深層、潜在意識の中に、
その原因を見つけ出すことが出来る場合が多いのです。

ちなみにインナーチャイルドやインナーペアレントの問題、
忘れ去られていたトラウマ、
家族関係や職場の人間関係などのストレスなどが、
直接、関わっている場合でも、
同時に他者のエネルギーもまた関与していて、
結果として憑依が起こっていたとわかる場合もあります。

ほかには、慢性疲労、気力・体力など、
これではいけないと思いつつ、頑張ろうとしても、
どうしてもエネルギーが湧いてこないことがあります。

また身体的な違和感、痛み、しぴれ、痒み、冷え、熱感などもあります。
意志とは無関係に体が動いてしまったり、
重さなどの感覚が起こったりすることもあります。

これらは、しばらく経つと治まるのですが、その後、また再発して
繰り返されることが少なくありません。

過去のケースでは、手足が勝手に動き出したり、
少しも面白いと思っていないのに、
声を上げて笑い出してしまう…ということもありました。

精神的な影響としては、理由が思い当たらない不安、怒り、寂しさ、
孤独感、欠乏感、破壊衝動などが、繰り返し感じられることがあります。

特定の観念や信念として意識に上ることもあります。

たとえば、なぜか理由はわからないけれど、交通事故に合うのではないかと怖れる、
恋人に裏切られるような気がする、嫌な目に合うような気がする…といったことです。

自殺や殺人といった概念やイメージが繰り返し頭に浮かぶほか、
誰かに尾行されている、電波を送られ続けているというような
脅迫観念が出てくることもあります。

また、特定の物事に強く惹かれ、嗜癖や中毒のように耽溺していくことがあります。
買い物をやめられない、甘いものをやめられないなどは、
努力や意志の力では改善が難しいと感じられるかもしれません。

ここに挙げた例は、その方が主観的に感じられていることですが、
実は憑依の厄介なところは、周囲の環境や人間関係にも
その影響が及ぶことがあるということです。

周囲から無視される、孤立する、誹謗中傷、いじめ、否定的なことで注目されて目立つ、
妬みや恨みを買う…という人間関係上の問題のほかに、
仕事上のミス、紛失、理不尽な配置換えやリストラなど。

物理的な影響としては、
水漏れ、異臭、騒音、パソコンの不具合、電機器具の故障など。

一見、日常生活の中で、普通に起こるようなことも、
その背後には憑依、すなわち自分に属していないエネルギーによる
否定的な影響が潜んでいることがあるのです。

この記事を読まれた方が、憑依があるのではないかと過度に怖れ、
心配されることは、私の本意ではありません

日々の生活に支障を来たしていないのであれば、
気にしないでやり過ごしたらよいと思います。

けれどもどれほど努力を重ねてみても解決に至らない深刻な状態が続いている時、
トランスパーソナルな観点に立ってみると、
憑依や目には見えないエネルギー作用ということが視野に入ってきて、
よい方向へ向かう糸口を見出すことが出来ることがあります。

多次元セラピーをしてみると、憑依がある場合は、
憑依しているのが何であるかを特定し、
憑依存在を癒して解放するだけではなく、
いつ、どのような状況で、なぜそれが始まったのかということも分かります。

その方がご自分で憑依存在と対話をしますので、
憑依存在の意図や目的を理解することも出来ます。

またたとえ原因が憑依でなかったとしても、当然のことですが、
起源へ退行して何が起こっていたのかを知り、癒して解放することが出来ます。

何か気になると感じられましたら、多次元セラピーを、
一度、お試しになってみてはいかがでしょうか?

多次元セラピー 退行療法 トランスパーソナルな探求と癒し


タグ:,

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME