多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

多次元セラピーのテーマとお悩みの詳細

2016年12月10日

多次元セラピーに対するお問い合わせのメールには、
お名前やメールアドレス、ご希望の日時などを書いていただいていますが、
そのほかに、ご相談内容、扱いたいテーマ、お悩みや問題なども
書いていただくことがあります。

ご相談内容とは、たとえば、
原因のわからない体の不調が1年近く続いている、
子どもにイライラして声を荒らげてしまい後で後悔する、
急に不安が襲ってくる、自分ではコントロールが出来ない、
人と一緒にいる時、緊張してしまって、思うように話が出来ない、
生きていて、ただ辛い、など。

こうした問題や状況について、メールに詳細に綴ってくださることもあれば、
何も書かれていないこともあります。

「何も書かなくても、お問い合わせや予約が出来るの? 」 
と思われるかもしれませんが、
実際には、全く問題ありません。

どのようなテーマをご希望であるのか、どんなお悩みがあるのかは、
セッション当日、事前カウンセリングにおいて、
直接、じっくりとお聴きすることが出来るからです。

まだ一度も会ったことのない相手に、深刻なお悩みをメールで打ち明けるのは、
ちょっと勇気が要ることではないでしょうか?

セッションルームで、向かい合って座り、
セラピストがどんな人物であるか、ある程度わかってから、
どこまで打ち明けるか、自然に選択されるものだと思います。

直接顔を合わせて初めて分かることはたくさんありますし、
セラピストといえども、人と人との関係には、
相性というものも、無いとは言えません。

ある時、現在の状況とご希望のテーマについて、
メールに細かく丁寧に書いて下さっていたことがあり、
それには、ある重要な理由があったためだということが分かりました。

問題やお悩みについて、あらかじめ伝えておかないと、
多次元セラピーが、そのテーマを扱うことが出来るのか否か、
判断できないと思われていたのです。

たしかに、取り扱うことが出来ないテーマならば、
ご予約いただいても意味がなくなってしまいます。

もしかすると、過去に別のセラピストさんのセッションで、
そのテーマを扱うことは難しいからセッションは出来ないと、
断られてしまったご経験があったのかもしれません。

私は、この10年間ほどを振り返ってみました。

お問い合わせメールに書かれていた問題やお悩みに
セッションをすることが出来ないとお断りしたことは、ありませんでした。

経験から言えるのは、どのようなテーマであっても、
多次元セラピーを使って、癒し、改善や解消、
変容のお手伝いをさせていただくことは可能であるということです。

ですので、多次元セラピーで対応が出来るのか、
テーマとして、取り扱えるのか否かという点では、
特にご心配いただかなくても大丈夫です。

実は、過去のケースには、本当にわずかではありますが、
倫理的な観点からお引き受けできないと判断した
1~2例の特殊なテーマはありました。

それは、簡単に言うと、心身の癒しとは直接関わりのないテーマであったり、
ご本人とご家族にとって有益ではないテーマであったりする場合です。

嗜癖を助長してしまうようなケースがそれに該当します。

もう一つ、大切なことがあります。

多次元セラピーは、トランスパーソナルな退行療法です。

潜在意識下の真実、魂や輪廻転生、
エネルギー的な相互作用といったものが、ごく普通に含まれています。

催眠状態という要素があり、トランスパーソナルなアプローチですので、
催眠や、トランスパーソナルな視点に違和感が在る場合には、
用いることが困難となるでしょう。

その方の心身のより良い状態や、健やかさ、自己実現、
その方が望む変容をもたらすことに役立つテーマであるならば、
通常のヒプノセラピーよりも、
トランスパーソナルな視野を持ってアプローチが出来る多次元セラピーは、
きっとお役に立つことでしょう。

多次元セラピー 退行療法 トランスパーソナル探求と癒し


タグ:, , ,

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME