アティテューディナル・ヒーリング

blog

川1

これまでにセッションにお越しになった
クライアントさんの多くから、
共通して聞かれる声があります。

それは、「多次元セラピー、ヒプノセラピーを受けて、自分自身に
変化が起きたら、いつの間にか周囲の環境や相手の態度などに
変化が起きていることに気付いた…」というものです。

世の中や、周囲の人々を眺める際、私たちは無意識に、自分自身の信念や価値観のフレーム(枠組み)を通して情報を受け取り、自分なりの解釈を加えています。

もしもこのフレームに変化が起きたなら、
それを通して受け取る物事も、当然、違ったものとなることでしょう。

よりシンプルな表現でいうと、
自分の心の姿勢が変わると、回りの世界が変わるということになると思います。

心の姿勢を変えて自分を癒し、対人関係によい変化を起こすための方法の一つとして、
「アティテューディナル・ヒーリング」があります。

心の姿勢というと、宗教や、自己啓発、処世術のような印象を持たれるかもしれません。
しかし、アティテューディナル・ヒーリングは、こういったものとは異なります。

心の平和を唯一の目的とすること、
そして、心の平和を実現するために、
心の姿勢(アティテュード)を、自らの責任で選び取っていくというプロセス。
それがアティテューディナル・ヒーリングです。

ジャンポルスキー博士 と 著書のご紹介

アティテューディナル・ヒーリングは、精神科医であるジェラルド・G・ジャンポルスキー博士と4人のボランティアが、致命的な病気を持つ子どもたちをサポートするために始めました。1975年のことです。

その対象は、その後、病院だけでなく、子どもたちの家族、そして、刑務所や学校などにも広がり、1977年には、カリフォルニア州に、"生き方を変える癒し"のためのセンターが設立され、数多くのボランティアが活動を続けています。現在、センターが在る国は、世界30ヶ国に及びます。

ジヤンポルスキー博士は、世界中で講演活動を行っており、多数の著書があります。

『愛と怖れ』

『ゆるすということ ―― もう、過去にはとらわれない』

『愛とは、怖れを手ばなすこと ― 今をよりよく生きるために 』

『父親と息子の関係を癒す ─  すべての男性と女性のために 』
                  (ジェラルド・ジャンポルスキー、リー・ジャンポルスキー著)

>> 生き方による癒しコーチング



アティテューディナル・ヒーリング の 原則

アティテューディナル・ヒーリングには、12 の原則があります。

原則とはいえ、こういうことを無条件に認めなさい、受け入れなさい、
信じなさいということでは決してありません。

もしもこのような前提に立つならば、あなたも、そしてあなたの対人関係も、望む方向に変化し、
調和してゆく可能性が開かれるかもしれない…  という一つの提案なのです。

[アティテューディナル・ヒーリング の 12の原則]

  1.  私たちの本質はあたたかい心 (愛) 。

  2.  健康とは、心の平和(やすらぎ)。癒しとは、怖れを手放すこと。

  3.  与えることは受け取ること。

  4.  私たちは、過去も未来も手放すことができる。

  5.  存在する時間は「今」だけ。それぞれの瞬間は与えるためにある。

  6.  私たちは評価をくだすのではなく許すことによって、自分や他人を愛することができるようになる。

  7.  私たちはあら捜しをするのではなく愛を見つける人になることができる。

  8.  外で何が起こっていようと心の平和を選ぶことができる。

  9.  私たちはお互いに生徒であり教師である。

 10.  私たちは自分たちを分断された存在ではなく一つのいのちとしてとらえることができる。

 11.  愛は永遠のものなので、変化を怖れる必要はない。

 12.  どんな人も、愛を差し伸べているか助けを求めているか の どちらかと とらえることができる。


この原則を読まれて、どのように感じられるでしょうか?

黄花

「手の届かない理想、
       自分には受け入れられない…」

あるいは
「できたらよいと思うけれど、難しそう。」

       …と思われたかもしれません。

たとえば、「原則7はOKだけれど、
             原則1はちょっと…。」など、

その方の人間観や人生観などと照らし合わせて、
部分的には受け入れられないということもあるかもしれません。

それでかまわないのです。

なぜなら、繰り返しになりますが、これは、宗教の教義や道徳ではなく、たとえ一部分だけでもよいから前提として受け入れ、実践していくと、心の平和を得ることができ、人間関係の新たな可能性が開かれてゆくかもしれないという「ひとつのヒント」なのですから。


グループで行う アティテューディナル・ヒーリング

アティテューディナル・ヒーリングの考え方を基本として、複数の方(3〜8人くらい)で行うサポート・グループがあります。

お名前、年齢、受けられたセッションの種類、お仕事、ご家族の状況など、参加される方の個人情報について、こちらから他の方にお伝えすることはございません。
どの方にとっても安全で、安心できる場をつくります。

時間を区切って、おひとりずつ、お話したいことを自由に語っていただき、そのお話に対して、他の方々は、静かに傾聴します。この時、意見や助言は一切出し合いません。

お互いに、相手の話を、ただ、じっくりと聴きあうことが中心となります。

特に話すことがない、あるいは話したくない場合は、お話にならなくてもかまいません。

自分の話を、批評やアドバイスなく、ただ聴いてもらうという体験は、日常生活の中で、あまり多くはないことに気付かれるかもしれません。

ただ聴いてもらうという体験は、心地よく感じられ、安らぎと癒しをもたらしてくれます。

多くの時間は、他の方のお話を聴くことになるわけですが、不思議なことに、自分が話している時よりも、
聴いている時の方が、いっそう安らぎと癒しを感じることができます。

比較や批評、意見を述べることなく、受容する・受容される というひとときは、これもまた、日常、持つことがほとんどないことに、私たちは気付くことができます。

お悩みや問題に直接働きかけるタイプの癒しではありませんが、こうした機会は、まさに、大きなヒーリング効果をもたらすのです。

インターネットを使って 定期的にサポートグループをしています…

ユニーク アイ メンタル サポート では、google ハングアウトを使ったアティテューディナル・ヒーリングのサポートグループを行っております。

プライバシーが守られる安全な場を作り、匿名で行っています。 音声のみのご参加も可能です。

[ ハングアウトによるアティテューディナル・ヒーリングのグループ ]

     ○ 1回のお時間 : 90〜120分

     ○ 参加費 : 無料

     ○ Google の gmail アカウントを取り、あらかじめ ハングアウト を
       インストールしていただくだけでご参加いただけます。

     ○ 開催日時につきましては、ユニーク アイ メンタル サポートのホームページ と ブログ
       アティテューディナル・ヒーリング ジャパンの公式HPなどでご覧いただけます。

     ○ 内容詳細、日程などにつきましては どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。




 △ このページのTOPへ

>> HOME