多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

インナーチャイルドセッションへの懐疑と不信

2016年02月15日

インナーチャイルドは、言葉としてはよく知られるようになっていますが、
何だかよくわからないもの…と感じる方もあるようです。

皆さまからメールでいただくご質問の中でも、
インナーチャイルドに関するものは、比較的多いです。

たとえば、いちばん気になるのが、効果について。

インナーチャイルドワークをしてみたいと思い立ったら、
最近では、探し回らなくても、楽にセラピストさんを見つけることが
出来るようになってきました。

またインナーチャイルドを癒すセッションの中身についても、
ネット上にはたくさんの情報が溢れています。

そのためご自分にはインナーチャイルドを癒す必要があると感じておられる方は、
複数回、セッションに出かけていったり、
グループワークに参加してみたり、積極的にワークをなさっているようです。

ヒプノセラピー経験のある方は、もしかするとインナーチャイルドワークを
一度は試してみたことがあるのではないでしょうか?

どんなセッションなのか何となく知っていて、
やってみたこともあるけれど、どうも効果を実感できない…と
思っていらっしゃる方もあるようです。

たとえば、先日、いただいたご質問では、
これまでに複数のセラピストさんの所で、
「インナーチャイルド」という名称のセッションをしてもらったけれど、
残念ながら、どうも癒された気がしない…ということでした。

このことについては、ヒプノセラピスト、多次元セラピストの立場から、
お伝えしたいことが幾つかあります…

まず重要なポイントとして、インナーチャイルドの心の傷の深さには、
個人差がたいへん大きいということがあります。

深い傷を負っていて、今もその傷口が激しく痛む場合もあり、
癒しのプロセスが進んでだいぶ楽になられている場合もあります。

深刻に傷付いている場合には、
癒すのにある程度の時間がかかることになるでしょう。

私は、個人セッションやヒプノセラピースクールなどで、
一生かけて取り組むくらいの気持ちで、
気長に継続して癒していくことをお勧めしています。

たとえば、思考や行動パターンを癒して変容させる場合や、
憑依を癒して解放する場合、
または大人になってから体験した過去の辛い出来事を癒す場合には、
1、2回から5、6回ほどのセッションで、
目に見えて良くなられていくのに対して、
インナーチャイルドの場合は、
おそらく5回や15回などでは不十分かもしれません。

折に触れて、ゆっくりと、少しずつ、癒していくことをお勧め致します。

セッションに何度も足を運ぶ必要があるということではありません。

一度、セッションルームにてインナーチャイルドワークをされましたら、
要領がつかめると思いますので、ご自宅でも同じように
癒しを続けていっていただきたいのです。

インナーチャイルドワークというと、
ある決まったやり方をイメージされるかもしれません。

ヒプノセラピーで用いられるシナリオが、シンプルで互いに似通っていたとしても、
実際のセッションで、ヒプノセラピストさんがどのようなセラピーをするのかは、
実は、大きく異なっています。

シナリオはあくまでも大雑把な道筋に過ぎず、
そのクライアントの方に合わせて、どのようにしたら無理なく、深く、
癒しのプロセスが進むのかは、そのセラピストさんが考えながら進めていきます。

そこには、ヒプノセラピストさんの技量や経験値のほかに、
個性や人間性が関わるため、クライアントの方との相性という要素も入ってくるでしょう。

もしも効果がないと思われたら、タイプの違うヒプノセラピストさんを探してみるか、
またはご自分で本などを参考にして、インナーチャイルドを癒してあげるのも
よいかもしれません。

私は、オーソドックスなヒプノセラピーのインナーチャイルドと、
多次元セラピーによるインナーチャイルドの、
2種類のセッションをさせていただいています。

多次元セラピーは、トランスパーソナルセラピーですので、
一般的なインナーチャイルドワークのみならず、
その奥にある、もっと古い起源に遡って
探求しながら癒していきます。

この人生の幼少期、胎児期に、
なぜこのような辛い思いをしたのかということをさらに掘り下げていくと、
前世、過去生のカルマ的な出来事が関わっている場合が少なくありません。

ご希望に応じて、この人生の子どもの頃への退行に加えて、
胎児期、あるいは前世・過去生へも退行し、
身体、感情、精神面から丹念に癒していくのです。

もしも今生の過去に戻るのが辛いと感じられるならば、
前世・過去生の探求から始めてみるのも、一つの方法だと思います。

また過去へ時間をさかのぼっていくのは気が進まないという場合は、
通常の退行しないインナーチャイルドを選択していただけます。

インナーチャイルドワークは、一人で行えるCDや書籍が販売されていますので、
誰でも比較的気軽に行えるという印象があるかもしれません。

けれども、インナーチャイルドを癒すセッションは、
実は、かなり難易度が高いものであると、私は考えています。

多次元セラピー・ヒプノセラピープロ養成スクールでは、
常々、お伝えしていることですが、
インナーチャイルドの癒しは、細心の配慮を持って、
丁寧に行なわれる必要があります。

その方の状況と気持ちにしっかりと寄り添い、
繊細な気配りと洞察を求められるセッションなのです。

クライアントの方も、ヒプノセラピストの誘導にただついていくだけではなく、
心の奥に湧き起こる、さまざまな感情を受け入れ、味わう必要があります。

本当の心を正直に見つめることと、癒すことに対する明確な意思があるならば、
セッションにおいて、最善最高の癒しと変容を受け取られることでしょう。

ところが実際には、なかなかそうなりにくいケースがあることも否定できません。

傷付いたインナーチャイルドの背景には、幼少期の親子関係があります。

たとえば親御さんのご病気や不在などで、家庭の中に親役割を果たす方が無く、
まだ幼い子どもであるその方が、親に代わって家事をしたり弟妹の面倒を見たり
しなければならなくなることがあります。

また親の未熟さによって、親子の関係が逆転するなどして、
幼少期からその方が、精神的に親御さんを支えなくてはならない場合もあります。

もしも親からの虐待があったとすると、萎縮して、常に親の顔色をうかがい、
不安を抱えながら過ごすことになるでしょう。

このような体験が及ぼす影響として多いのは、
ご自分の気持ちがよくわからなくなり、
無意識のうちに、本当の自分の気持ちをないがしろにして、
周囲の人々の意向を優先し、期待に答えてしまうようになることです。

クライアントの方が、こうした傾向を、多少なりともお持ちの場合、
セッションにおいても、ヒプノセラピストの望んでいることを敏感に察知し、
自分の本当の気持ちはさておき、ヒプノセラピストの意向に沿う反応を
してしまいやすいのです。

本当は感じていないことを感じていますと言ってしまったり、
本当は気が進まないにもかかわらず、
言われるままにインナーチャイルドに話しかけたり…。

そうなりますと、ご自分の本当の気持ちがついてこない、
形ばかりのセッションとなりかねません。

これでは、残念ながら、終わった後も何も残らず、
効果も実感していただけないでしょう。

世の中に情報が出回っているおかげで、
気軽にトライしやすいインナーチャイルドですが、
セッション当日、いざインナーチャイルドが現れて、初めて対面してみると、
思いも寄らない複雑な思いが込み上げ、動揺してしまうこともあります。

予想もしていなかったご自分の反応に、驚かれてしまうのです。

こうした場合には、慎重な対応と繊細な配慮が求められます。
続けられない、続けたくない、もう嫌だと思ったら、
ヒプノセラピストに遠慮なくそう伝えて下さい。

いろいろ微妙な要素をはらんでいるインナーチャイルドですが、
本当の気持ちを伴ってワークが進み、
インナーチャイルドが癒されていくにつれて、心がほぐされてあたたまり、
ご自分のことをもっと受け入れ、好きになれるように変化していきます。

インナーチャイルドワークに懐疑的になっているならば、
一足飛びにそこを目指すのではなく、ゆっくりと、一歩ずつ、
ご一緒に進んでいきましょう。

インナーチャイルドに関する疑問や気になることなどがありましたら、
どうぞお気軽にお知らせいただければと思います。

多次元セラピーによるインナーチャイルド 前世・過去生の起源に戻って癒す


タグ:,

この記事にコメントする

気付かないうちに負っていた子どもの頃の心の傷を癒す

2016年01月18日

多次元セラピーによるインナーチャイルドの癒しは、
その方が子どもであった頃、どのような出来事が起こり、
どんな気持ちであったかを探求して理解できるセッションです。

一般的には、インナーチャイルドは、過去の時点に戻ることはないのですが、
多次元セラピーは退行療法ですので、時間を遡っていきます。

記憶に残っていなかったり、意識を失っている間の出来事も、
癒すことが出来ます。

ぼんやりとこんなことがあったかもしれない…と感じていても、
その時点に戻って、実際に再体験してみると、
思いがけない細部が判明したり、
隠された部分が気付かされることがあるのです。

大人である現在の視点からは、その背後にある事情がわかっても、
まだ幼い子どもであるその子には、理解が困難であることが少なくありません。

わからないために、いっそう苦しみや混乱が大きくなってしまうのです。

その渦中で、その子は、何とか乗り越えようとして、
とっさに何かの事実を隠してしまったり、感情に蓋をしてしまったり、
自分を守るために出来る限りのことを考え出します。

その出来事自体もさることながら、
対処するための反応や無反応などもまた、のちの人生に暗い影を投げかけて、
生き辛さや緊張をもたらす要因となっていってしまうのです。

無力な子どもであったその方にとっては、
その時、ほかに出来ることは何もなかったのです。

本当に心痛むことだと思います。

まずは、その時、いったい何があったのか? 
なぜそうなってしまったのかを、明らかにする必要があるでしょう。

そのうえで、降りかかってきた災難に対して、どのような思いを抱き、
何を考えて行動しようとしたのかをわかってあげると良いです。

一瞬の心の動き、周囲から伝わってくる思いやエネルギー、その場の雰囲気などを
あたかもその場に居合わせたかのように、具に再体験できるところが
多次元セラピー 退行療法の優れたところと言えるでしょう。

人間は、子どもであっても、大人であっても、
あまりにも辛すぎる状況は、忘れてしまうという形で、心を守ることがよくあります。

忘れることは、防衛として役に立っているものの、
問題のトラウマ的な体験は、心の深層にしまい込まれ、
その後も否定的な影響を水面下で及ぼし続けます。

何となく生き辛い、将来に希望が持てない…といったことから、
思うように人生が進んでいかない、裏目裏目に出てしまう…といったことまで、
その影響の仕方はさまざまです。

何故か理由はわからないけれど、なぜか不本意な状況に陥ってしまったり、
感情が抑えられなくなったり、体調が優れないような時、
ご本人も忘れていた、遠い過去の出来事に
起因する場合もあるのです。

一般的なヒプノセラピーとは異なり、多次元セラピーを使って探求をすると、
感情、思考、感覚などのあらゆるレベルで、
何がどのように作用したのかがわかります。

またトランスパーソナルセラピーである多次元セラピーでは、
魂や見えないエネルギーの相互作用なども、視野に入ってきます。

幼少期のトラウマは、かくも根が深く、深刻なものとなり得ます。

さまざまなインナーチャイルドワーク、あるいは自己啓発ワーク、
願望達成の暗示療法などを試されて、思うように成果が上がらない時などに、
お勧めしたいのが多次元セラピーです。

多次元セラピーのセッションでは、
言いたくないことを言わされてしまったり、
望んでいない過去の時点へ誘導されるということはありません。

事前カウンセリングにおいて、ご相談しながら、
そのセッションの目標を選んでアプローチしていきます。

ゆったりとくつろぎ、リラックスをしていただいて、催眠状態に入り、
潜在意識から現れるイメージを受け取るという点は、
ヒプノセラピーや前世療法と変わるところはありませんので、
気軽なお気持ちでお試しいただければと思います。

多次元セラピー 退行療法 トランスパーソナルな探求と癒し


タグ:, ,

この記事にコメントする

インナーチャイルドと前世療法、憑依のセッションに現れる傷ついた子ども

2013年12月04日

何か問題やお悩みがある時、退行してその起源に戻ってみると
その問題に関連のある重要な出来事に行き着くことがあります。

それは前世の出来事かもしれませんし、
今生の過去、あるいは胎児期の出来事かもしれません。
その出来事を探究していくと、子ども時代のトラウマや、
傷ついたインナーチャイルドが潜んでいる
ことがよくあります。

過去からの否定的な影響には、
多くの場合、傷ついたチャイルドが関わっている…
そう言ってもよいでしょう。

現在の問題が深刻であればあるほど、
まだ癒されていないチャイルドの存在が、
暗い影を落としているのです。

たとえば原因不明の心身の不調がある時、
多次元セラピーを使ってその原因を探求していくと、

その方に属していないエネルギーが原因となっていることがあります。

多次元セラピーではこれを憑依と呼びます。

実はこの憑依にもしばしば傷ついたチャイルドが関わっているのです。

さらにサブパーソナリティ(副人格)と対話をするセッションをしている時も、
サブパーソナリティが、幼い子どもの姿で現れたり、
子どものような要求や振る舞いをしたりすることがあります。

この世に生まれて最初に出会い、深く関わりを持つ親と子ども。

母子の場合には、誕生以前に胎内で数か月をともに過ごし、
いっそう密接なつながりを持ちます。

親と子の絆はあらゆる人間関係の基礎であることを思えば、
幼少期の問題や親子関係の問題が、
その後の人生全般に大きな影響を与えることも頷けることです。

純粋で傷付きやすく、無力な子ども。

子どもは、その未熟さと無知のために、
何か途方もないことが起こっていても、
その出来事の意味を理解することができず、
検討や分析を加えることも困難となります。

そのためにチャイルドの心はいっそう傷を深め、
ダメージを受けて混乱してしまいます。

大人ならば理性的に受けとめ、防衛し、客観視もできるのですが
子どもにはそれが難しく、全てを自分に引き寄せて解釈しがちです。

インナーチャイルド…傷ついた子どもは、
インナーチャイルドをテーマとするセッションだけに登場するのではありません。

インナーチャイルドを癒すことをテーマとしたセッションは、
それ自体が深い癒しをもたらす貴重な機会となります。

けれども前世療法など他のテーマのセッションにおいても
さまざまな局面で、傷ついた子どもの影が見え隠れして、
部分的にはインナーチャイルドを癒す流れとなることが少なくないのです。

前世療法であれ、憑依存在の解放であれ、
そこに傷ついた子どもが現れたら、
何をおいてもまずはその子どもを十分に癒し
安心させ、安全に守ってあげる必要があります。

このようにチャイルドの癒しは普遍的で重要性の高い要素なのです。

私たちは誰でも、多かれ少なかれ、
子どものころの心の傷を持っています。

大人になるまでのプロセスで新たな悩みが増えていったとしても、
その根っこには古くて忘れ去られた小さな痛みが
今も疼いているかもしれません。


タグ:, ,

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2017年12月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME