多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

過去に退行して現在を癒す  退行療法の心の癒し

2014年12月01日

今年も残すところ、あとひと月…。

師走を迎えて、今年一年を振り返ってみる機会も
増えているのではないでしょうか?

忙しさに紛れ、数年来、手を付けられなかった家族の遺品整理を
先日、ようやく終えることが出来ました。

経験なさった方はご存じのことと思いますが、
遺品の整理は、たいへんエネルギーを必要とするものです。

想い出深い過去の品々に触れると、
自然にその当時に意識に戻るような状態となり、
忘れていたことを思い出したり、過去の様々な気持ちがよみがえってきたりします。

思いがさまよっていくと、懐かしく楽しい想い出ばかりではなく、
多くの場合、心残りや未完了の出来事に向かってしまうようです。

相手が故人の場合ですと、心残りや後悔することがあっても、
もはややり直す機会を作ることはかないません。

前世・過去生のことであれば、なおさらです。

前世・過去生の心残りは、通常は、意識にのぼることはなく、
そのほとんどが、無意識のレベルに留まっています。

けれどもその無意識が、思いも寄らない反応を引き起こしたり、
感情を波立たせたりすることがあります。

ご自分でも、なぜそれほど心を揺り動かされるのかよく判らない…
ということになり、困惑されるでしょう。

私たちは、日常生活で、情報を集めて検討し、
思考を巡らせて行動していると思いがちですが、
意識全体の90パーセントを占める潜在意識は、もっと深い心の深層で、
愛着や回避、違和感の根の部分に関与しているのかもしれません。

二度とやり直せず、表現もかなわない思い…と書いたのですが、
実は、そんなことはありません。

たとえば大切な方を亡くした喪失感や悲しみ、ペットロスなどは、
イメージの中で再体験したり、癒したりすることが出来ます。

心の深い部分に存在し、今も重荷になっている辛い気持ちがあるならば、
潜在意識に導かれて、その時点に退行し、
本当は言いたかったのに言えなかった思いを表現してみましょう。

同様に、それが前世・過去生の喪失の悲しみや、未完了の出来事であっても、
潜在意識から現れるイメージ世界の中では、
私たちは、いつでも本当の思いに触れて、
それを相手に伝えることが出来るのです。

潜在意識は、過去や未来へ自由自在に赴き、
しかも事実とフィクションの区別がありません。

そのため現実には困難なことであっても、
時空を遡ったり、会いたくても会えなかった誰かと再会を果たしたり
感謝を伝えたり、謝罪したりすることが出来ます。

胸の内に溜まっていた、重くて苦しいやり場のない感情を
十分に感じて手放していくことは、
大きな開放感を生み出します。

亡くなった方につながる遺品と記憶にお別れを告げて、
手放していくことに似ています。

残ってしまった思いをそのままに放置しないで、
ゆっくりと向かい合ってみると、
想像していたのとは違う別の感情が湧いてきたり、
相手との絆のかけがえのなさに、
あらためて気付かされたりすることもあるでしょう。

潜在意識とつながって、ある特定の過去に戻るのが、退行療法です。

退行して再体験をしている間は、心穏やかではいられないかもしれません。

けれども、もう振り返りたくないと心に蓋をして無かったことにするよりも
はるかに心が軽くなり、その出来事に光を当てて、
これまでとは異なる見方や解釈をなさるようになるでしょう。

現在も残る辛さを投影して過去を眺めると、
過去は常に辛いものとして感じられるばかりですが、
現在の心が癒されていくならば、
現在から振り返ってみる過去も、
より明るく、希望につながるものとなっていくはずです。

多次元セラピー 退行療法 心の癒しと探求


タグ:,

この記事にコメントする

退行催眠療法 多次元セラピー

2013年12月12日

多次元セラピーは、退行療法。

過去の時点へと遡っていく退行催眠は、
回帰療法と呼ばれることもあります。

たとえば先月や昨日に戻るものも、
退行催眠といえます。

退行催眠といって、すぐに思い浮かべていただけるのは、
年齢退行と胎児期退行ではないでしょうか?

どんな時に受けていただくとよいかというと…

過去の不愉快な出来事や悲しい出来事から、
今もなお、否定的な影響を受けており、
そのことで、家族との関係や、人間関係、
日常生活などがうまくいかず、
生き辛さがある時だと思います。

心の傷は、ふだんは意識にのぼることがなく、
気には留めてはいなかったとしても、

何かの折りに、
自分でも驚くような激しい感情となって、
湧き起こってくることがあります。

出来事そのものの嫌な記憶が、
繰り返し、よみがえってくるということもあるでしょう。

たとえば、人前で緊張してしまいやすいのは、
過去に味わったことのある
何らかの不快な体験に由来しているのかもしれません。

たとえ原因が全く思い当たらず、
すっかり忘れてしまっている場合でも、

多次元セラピーの催眠状態では、
瞬時にその時点へと戻り、
その時の状況を再体験することができるのです。

その時の気持ちをしっかりと感じることによって、
わだかまりやこだわりがほぐれ、
重荷となっている感情を手放して心を癒すことができ、
思考や行動パターンの変容を促すことになるのです。

これは悩みや問題の原因と向かい合って乗り越え、
問題の解決に直接効果を期待できるセッションとなります。

さて、これとは別に、
現在、必要としている資質やエネルギーなどを
過去のポジティブな体験の中から探し出し、
現在の状況に呼び戻して定着させるセッションもあります。

今のところ、それほど深刻な悩みがあるわけではないけれども、
よりよい状態を目指したいような場合、
ワンステップ飛躍していきたい場合、

または、逆にあまりにも辛すぎて、
過去の出来事を再体験するのが困難である場合、
こうしたセッションを行うことができるでしょう。

過去あるいは過去生の成功体験や至福の体験、
愛され大切に育まれた喜びの記憶などを再体験
しますので、
たいへん勇気付けられ、パワーや心の平和を
取り戻すことができるセッションとなるでしょう。

多次元セラピー・退行催眠というと、
「過去のトラウマ体験と
どうしても向かい合わなければならない…」
と思われがちなのですが、
こうした希望や勇気を取り戻すセッションもあることを
ぜひ知っていただきたいと思います。


タグ:,

この記事にコメントする

否定的なパターン その起源に戻る退行療法

2013年10月14日

辛い過去の出来事を乗り越えて、
変わろうとしている時。

新しい環境や人間関係になじんで
自分の居場所を築こうとしている時。

今までとは違う自分になりたいと望む時。

夢や目標を達成しようと努力する時

このような時、心のエネルギーが大きく動きます。

不安や緊張、プレッシャーが重くのしかかって
息切れしそうになることがあるかもしれません。

どのくらい辛さを感じるかは個人差が大きく、
どちらかといえば緊張が心地よく感じられて
ワクワクする気持ちのほうが勝る方もあります。

これまでに数多くの方々とセッションルームでお会いして感じるのは、
このような局面で、ストレスを増す要因の一つに、
セルフジャッジメントがあるということです。

自分を厳しく監視して、
あるべき状態にはほど遠いと断じたり、
怠惰やスローペースをなじったり、
まるで厳格な親や上司のように自分を追い込みます。

人がこうしたモードにある時、
自分の美点や努力は無視され、
ささやかな成功は評価に値しないと感じられ、
あるべき理想と比較して落ち込むことになります。

少しずつでも進化しつつある喜びを、
日々、ゆっくりと味わいながら、
それを糧として進んでいかれたらよいのですが、
なかなかそうはなりません。

それどころか、着実に前に進んでいるにもかかわらず、
理想に届いていない自分に腹を立てたり、否定したり…。

過去の失敗や挫折を何度も思い出して責め、
まだ起こっていない未来の失敗を怖れ、
警戒や防衛することに意識を向け過ぎて、
未来、注ぐべき目標にエネルギーが行き渡らなくなっていきます。

そうなるとチャレンジとは脅威そのものであり、
新しいことをする喜びとは結びつかなくなってしまいます。

自分をそこまで厳しくジャッジするのは
かつて自分がジャッジを受けた経験から
学習した結果であることが多いのです。

幼い子どもの頃に受けた厳しい態度や扱い、言葉などを、
周囲や自分自身に対して無意識に繰り返します。

両親や周囲の大人が、その方を厳しくジャッジしたのならば、
大人となった今、同じことを自分に対して繰り返していないか、
調べてみるとよいかもしれません。

そのことに気付くことが出来れば、変えていくことができます。

記憶をたどってみても、
どこからそれがやってきているのか思い当たらないならば、
潜在意識のデータベースにアクセスして、
そもそも最初にそうなった時点に戻ってみることができます。

それは幼少期かもしれませんし胎児期であるかもしれません

あるいはいわゆる前世である可能性もあります。

自分でもよくわからない行動傾向や考え方の癖、
繰り返されるパターンは、
多次元セラピーで過去に退行してその起源に戻ることで、
いつ、どんな状況で、なぜそうなったのか、
理解して癒し、解放することが
可能となります。

漠然とした居心地の悪さや生き辛さ、
低い自己価値や否定的なセルフイメージがある時、
そのような状態に慣れたり、諦めたりしないで下さい。

多次元セラピー、退行療法は、
マインドでは解明できない答えを引き出すきっかけとなるでしょう。


タグ:,

この記事にコメントする

多次元セラピーと従来の退行療法との違い

2013年10月11日

多次元セラピーには、
従来の退行療法…日本国内で広く普及している退行療法とは、
大きく異なる点があります。

セラピーを受ける側の立場から、
その違いの一つをご紹介してみましょう。

多次元セラピーは退行療法であるため、
年齢退行、胎児期退行、前世療法などを全てカバーしています。

何か問題やお悩みがある場合、従来の退行療法の方法では、
胎児期に退行するか、幼少期に退行するか、あるいは前世療法を用いるか
ある程度見通しを持ち手法を選択して行うことが一般的です。

胎児期退行、年齢退行、前世療法などは、
それぞれ定型的なシナリオを元に進められますので、
通常はその流れに沿ってセラピーが行われ、
そこから大きく離れることはほとんどありません。

1回のセッションが終了した後、まだ問題が解決されていなかったり、
効果が現れなかったりする場合には、
もう一つ別のアプローチを取ることになります。

それを繰り返す場合、
セッションの時間や回数が多く必要となることも少なくありません。

例えるならば、一話完結のTVドラマのようなスタイルです。

一回ごとに、退行する時空や目的が異なり、
最終目標=問題の解決・軽減に向かって、
さまさまな切り口からアプローチしていくことになります。

一方、多次元セラピーは、初回のセッションで、
問題の起源にすぐさま直接退行します。

それは胎児期であるかもしれませんし、
今生の過去、あるいはいわゆる前世かもしれません。

さらには家族からの影響や、
その方に属していない何らかのエネルギーによるものかもしれません。

それが何であれ、問題の原因を探求するのに必要な時空ならば、
一度のセッションの中で、どのような時空へも退行します。

退行する先は、問題と最も関連が深く、
最終目標に到達するのに必要な時空に絞られるため、
試行錯誤がなく、無駄もありません。

その際、通常の退行療法では行わないほどリアルな再体験を促し、
その時の感情、体感覚、知覚、思考などをあらゆる角度から探求して
まるで探偵のように、出来事と体験の詳細を明らかにしていきます。

しっかりと再体験すれば、完全な解放と癒しへ向かい、
カタルシスがもたらされるという考えがベースにあるためです。

たとえば、死の場面では、
死を迎える状況や死因、どのように死んでいくのか、
死ぬ前と死後、何を考え、何を感じたのか、周囲の反応はどうか、
魂が体を離れるまでにどのくらい時間がかかったか…など。

多次元セラピーはトランスパーソナルな手法ですので、
出来事の事実関係だけではなく、
身体、感情、精神、魂などの全ての領域で、
その方が何を体験し、何が起こったのかについて
情報を総合的に受け取ることを促します。

試行錯誤も含めて一つ一つを単発で積み上げるのとは異なり
壮大なスケールと複雑さを持つ長編映画のようなアプローチと言えるかもしれません。

胎児期を一度体験してみたい、
前世に興味がある…というご希望ならば、
シンプルな胎児期退行や前世療法をなさるのが良いでしょう。

しかしながら、問題の原因が複数ある場合や、
原因がよくわからない場合、
複数の問題・テーマが重層的にからんでいるような場合には、
多次元セラピーを使うほうが、プロセスが速やかに進み、
いっそう効果を実感していただけると思います。

多次元セラピー 退行療法

にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


タグ:, ,

この記事にコメントする

多次元セラピーは退行療法

2011年10月07日

ヒプノセラピーのメニューには、
退行するタイプのもの(退行療法)と、
退行しないタイプのものがあります。

退行とは、過去のある時点に戻ること。

戻っていく時点が60年前でも、
あるいは昨日でも、3時間前でも、
過去へ戻るのは、全て退行療法です。

退行(回帰)療法には、
年齢退行、胎児期退行、前世療法などがあります。

たとえば、「幼児期のトラウマ体験を癒したい」、
「前世療法をしてみたい」、「バーストラウマを癒したい」など、
目的がはっきりしている場合は、
メニューの選択に迷うことはないでしょう。

ところが、お悩みや問題によっては、
どのメニューを選んだらよいか
判断が難しいことがあります。

また、原因のわからない心身の不調がある場合にも、
原因を探ってみないことには、
選択がし辛いことになります。

このような時に最適なのが、「多次元セラピー」です。

たとえ原因がわからなくても、
扱う問題やセッションのテーマに、
直接関連する過去の時空へ、
ただちに退行
することができるためです。

それが、一昨年であれ、幼児期であれ、
胎児期であれ、前世であれ、
すぐさま原因に関連した時空へ飛びます。

もしも「多次元セラピー」を使わないとしたら、
初回セッションは、年齢退行、
2回目は、胎児期退行、
3回目は、前世療法 … というように、
試行錯誤に時間を要することとなるかもしれません。

最初のセッションから、無駄のないセラピーができ、
一度だけのセッションでも原因の探求が可能となる、
それが「多次元セラピー」の優れた点ではないでしょうか?

多次元セラピーの基本要素を学べる
多次元セラピー・前世療法上級コース

にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


タグ:, ,

この記事にコメントする

退行療法(回帰療法)のおすすめ 多次元セラピー

2011年10月06日

ヒプノセラピーのメニューの中でも、
「前世療法」は人気があります。

それに比べると、
子どもの頃に戻る「年齢退行」や、
お母さんのおなかの中に戻る「胎児期退行」は、
たいへん人気がある…とはいえないかもしれません。

とはいえ事前カウンセリングでゆっくりとお話をお聴きして、
「年齢退行」や「胎児期退行」をおすすめすることは、
よくあります。

このような場合は、どんなセッションなのかご説明申し上げ、
その方が希望なさった場合には行っています。

けれども、最初から
「年齢退行をしてみたい」
「胎児期退行にとても興味がある」とおっしゃって
お問い合わせやご予約をいただくことは
あまり多くはないのです。

「多次元セラピーと前世療法のスクール」のアドバンスは、
前世療法、年齢退行、胎児期退行など
セラピーのメニューに対応したユニットを
自由に選択
していただく形を採っています。

そこでも、やはり、
退行療法でないタイプのほうが
幾分、人気があるようです。

退行には、辛かった過去の記憶や
トラウマがつきものです。

そうした出来事には、数年前から十数年前、
比較的、最近の生々しい感覚が付随しています。

その辛い出来事を再体験するように誘導し、
辛い気持ちに寄り添うことは、責任も重く、
多次元セラピストの力量も必要だと考えて
敬遠されているのかもしれません。

「前世療法」も退行療法の一つですが、
「年齢退行」などと比べると、場所も時代も異なり、
その方が知らなかったもう一人のパーソナリティが登場しますので

クライアントさんも、ヒプノセラピストも、
距離を置き、ゆとりを持って再体験できるのでしょう。

過去の辛い出来事は、
頭の中では既に解決し、
気持ちの整理がついたと思っていても、
実は、その時の感情が、そのままそこに残り、
現在も、否定的な影響を及ぼし続けています。

勇気を出して、一度だけ、
辛かった出来事を再体験すると、
その時に未完了だった感情や感覚、思考を
解放して癒すことができます。

それは、決して楽しい体験とはいえないものですが、
それでも、取り組む価値はあることです。

セッションの後の心の軽やかさや解放感を
体験されれば、納得していただけるでしょう。

新しいことを始めるのに最適な秋。

多次元セラピー、前世療法など
退行療法にチャレンジしてみませんか?

にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2017年12月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME