多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

多次元セラピーをどう活かすか? 効果的な練習法

2017年04月26日

多次元セラピーをお伝えする「多次元セラピー上級コース」、
退行療法を、本気で学びたい方が集まるコースです。

トランスパーソナルな情報と斬新なテクニック満載で、
修了生の方のノートには、たくさんの事柄がメモされているでしょう。

理論は理解できたものの、
どこから実践を積んでいったら良いのか
よくわからない…という声を聞くことがあります。

でも、既に修了された多くの方々が、
プロの多次元セラビストとして、
お仕事に使っておられます。

磨きをかけて、経験を積んでいかれれば、
きっと頼もしい癒しのツールとなるはずです。

お勧めしたい練習方法については、
コースの中で折に触れて提案し、ヒントを差し上げています。

たとえば、お一人で、
セラピストとクライアントの二役をしてみること。

その際、声に出して誘導していったほうが、
より実践的なトレーニングとなるでしょう。

多次元セラピーで、おそらくいちばん難しいのは、
定型的なシナリオがないため、
クライアントの方の言葉を聴いて、間を空けず、
ただちに次の問いかけを重ねていくことだと思います。

間が空いて沈黙が流れると、クライアントの方が不安を覚えます。

だからといって、どんなことでも
とにかく問いかければよいというものでもありません。

目標から逸れないようにして、効率よく、しかも効果的に
探求を深めていくことが求められるでしょう。

言うは易し…ですが、実際には、やはり練習、そして練習です。

もう一つ、ぜひお勧めしたい上達方法は、
ご自分の練習セッションを録音し、文字に起こしてみることです。

途方もない時間を要するため、
お勧めしても、実践される方は多くはありません。

けれども、やってみた方は、間もなくお分かりになると思うのですが、
これが、理解を格段に深め、大きな飛躍につながっていくのです。

ご自分のセッションを客観的に見直すことが出来ますし、
方向が逸れてしまっている場合は、なぜそうなったのか?
そうならないためにはどうしたらよかったのか?
ということを、あらためて考えてみることが出来ます。

異なる方法の引き出しが増えて、次回の練習セッションでは、
それを思い出して使えますので、きっと役に立つでしょう。

多次元セラピーにおいて、設定された目標に到達するための
セラピーの組み立て方や誘導の道筋は、一つだけではありません。

幾つもの方法が存在し、セッション中は、
その中の一つを瞬時に選択しつつ、セラピーを進めていきます。

まずは、現時点での最善の道筋をたどってみて、
あとからそれを見直して検討してみて下さい。

失敗を怖れずに、何度も練習を続けていくと、
最短の道筋で、最大の収穫が得られるようになるはずです。

多次元セラピーを学んだけれど、使う機会のないまま眠っている…
という方がありましたら、勿体無いことです。

多次元セラピー研究会に参加されて、
ブラッシュアップしてみてはいかがでしょうか?

お互いにセラピストとなり、クライアントとなる
多次元セラピーの交換セッションは
ちょっとハードルが高過ぎる…と感じているならば、
マンツーマンの研究会もしています。

上手く出来ている部分と、補強したほうが良い部分が見つかります。

他の方々の目を気にしないで、ウィークボイントを無くして
自信を付けていただく機会となることを目指しています。

多次元セラピーを修了してから、
何年か間が空いてしまった場合には、再受講もOKです。

忘れてしまった細部を思い起こし、
多次元セラピーのさまざまなケースにも触れていただけます。

この素晴らしいトランスパーソナルセラピーを
多くの方々に、ぜひとも活用していただければと思います。

多次元セラピープロ養成スクール


タグ:, ,

この記事にコメントする

多次元セラピーを使うセルフヒーリング スクール修了後の実践

2015年10月29日

先日、またお一人の方が、
多次元セラピースクールを修了されました。

おめでとうございます。

この方は、なんと来月中旬、二人目のお子さんを出産される予定です。

お忙しいなか、スケジュールを調整して続けてこられたことは
本当に素晴らしいと感心しています。

今月中にコースを終えることを目指して
週一回ペースで進まれ、このたび無事に修了されましたので、
間に合ってよかったと、私もほっとしています。

修了されたと言っても、
来月以降、また数か月、ブランクが空いてしまうことになるのですから、
あまり意味がないのでは…と思われるかもしれません。

多次元セラピー上級コースは、
理論と手法の解説を中心として進められ、
多次元セラピーのセッションケースを複数ご紹介しています。

すなわちコースを終えたところから、
いよいよ実践が始まるのです。

開業を目指す方は、モニターさんを募集して、
お試しセッションのような形で、
早くやってみたい…と考えられるでしょう。

それも悪くはありません。

けれどもスクールでお勧めしているのは、
いきなりクライアントの方にセッションをするのではなく、
まずはご自分をクライアントとして、練習セッションをしてみることです。

多次元セラピー研究会に参加され、
スクール修了生同士の交換セッションをされるのもよいでしょう。

多次元セラピーには定型的なシナリオがありません。

複雑なプロセスを必要とするセッションでは、
当初の契約(=セッションの目標)から逸れ、別のところに行き着いて、
肝心の問題の探求が不十分なままに終わってしまう怖れがあるのです。

国内初めての養成講座においても、ハンス・テンダム博士から、
はじめのうちは受講生同士で何度も練習セッションを行うことが推奨されました。

さて習ったばかりの基本的な退行療法の手順、
ご自分の問題にワークしてみましょう。

最初はテキストを見ながら、基本に忠実に進めるのがコツです。

うろ覚えのまま、その場の思い付きで判断しながら続けてしまうと、
簡単に先へ進めるため、上手く出来ているという錯覚に陥ります。

今、行っている部分に集中しながらも、目指すべき目的と、
全体の流れのどの位置にいるのかを、心に留めておくことが必要であり、
その感覚がつかめると、どんどん上達されていくでしょう。

特に憑依を解放する手法は、その部分だけを取り出して、
修了後からすぐに使うことが出来ます。

幼いお子さんの代理セッションなどでも
活用していただければと思います。

多次元スクールの多くの方々がおっしゃることですが、
理論を学んでから、セッションケースを見ていくと、
漠然とイメージしていたセッションの流れが、
実際の対話のやり取りとなって理解され、
その後、ご自分で実践をしてみると、
より具体的に腑に落ちて、
シナリオのない多次元セラピーの面白さも難しさも
実感できたということです。

多次元セラピーは難しい…とよく言われます。

たしかにお手軽に出来るようなものではありません。

人の心の深層 (潜在意識) 、
さらにはトランスパーソナルな世界をも視野に入れた
壮大な探求の手法であれば、
熟練するのにそれなりに時間がかかるのは、仕方がないことです。

遠い道のりのように思われても、
焦らず、あきらめず、続けていかれるならば、
きっと進歩の手応えを、ケースを積むごとに感じていただけるでしょう。

子育てや介護、お仕事などでお忙しい場合は、
わずかな時間であっても、
こまめにセルフワークをすることをお勧め致します。

その際は、頭の中だけでするのではなく、
誘導や問いかけの言葉を組み立て、
言葉を言いながら行うのがよいと思います。

ポランィティアでクライアントをして下さる方、
ご家族や友人、お知り合いの方などの協力をいただいて
失敗を恐れずに取り組んでいただければと思います。

過年度の修了生の方や、ご都合により受講が中断されている方は、
実践の中でわからないことや気になることがありましたら、
いつでもお気軽にメールでお知らせ下さい。

多次元セラピー 退行療法 トランスパーソナルな探求と癒し





タグ:, ,

この記事にコメントする

なぜ「多次元セラピー・前世療法のスクール」なの?

2015年07月13日

多次元セラピーをお伝えするプロ養成スクール、
「多次元セラピー・前世療法スクール」ページについては、
複雑でわかりにくい、情報が多くて読みにくい…などの
ご感想をいただいておりましたが、
このたび手直しをしまして、更新致しました。

そもそも、なぜ「多次元セラピーのスクール」ではなく、
「多次元セラピー・前世療法のスクール」なのか?

…というところからして、
多次元セラピーも、前世療法も、
まだなさったことがない初心者の方ならば、
さっぱりわからないということになってしまうかもしれません。

「多次元セラピー・前世療法のスクール」の「前世療法」とは、
従来の前世療法を意味しています。

従来の前世療法のほかに、
多次元セラピーによる(多次元セラピーを使った)前世療法があり、
両者は、かなり異なる手法であると言えます。

多次元セラピーは、ハンス・テンダム博士による退行療法ですので、
退行療法である胎児期退行、年齢退行、前世療法などが含まれます。

この中の前世療法が、
「多次元セラピーによる前世療法」であり、
従来の前世療法とは区別してお伝えしています。

将来、セラピストとして開業することを目指し、
前世療法を習得したいとお考えの方は、
何人もいらっしゃると思うのですが、
このような方々は、従来の前世療法と、
多次元セラピーによる前世療法の
どちらを選んだらよいのかと、
考え込んでしまうかもしれません。

実は、多次元セラピーによる前世療法と、従来の前世療法は、
確かに相違点があるのですが、
どちらか一方をマスターしておけば
OKというもの「ではない」というのが私の考えです。

その理由は、それぞれが持っているメリットとデメリットにあります。

多次元セラピーは効果の高いメソッドですが、
テーマによっては、
あるいはクライアントさんによっては、
適合しないことがあると経験的に考えています。

従来のオーソドックスな前世療法は、
ある面では、核心部分に切り込んでいくシャープさに欠け、
問題解決については若干弱いところがあるものの、
こちらの前世療法を用いることで探求しやすくなるテーマがあり、
こちらの前世療法のほうが
圧倒的に適しているクライアントさんもおられるのです。

今、お伝えしていることは、
あくまでも多次元セラピスト、前世療法セラピスト、
ヒプノセラピストとして実際のケースを積む経験の中から引き出した
個人的な意見とお考えください。

私どものスクールでは、
従来の前世療法と多次元セラピーによる前世療法は、
いずれにも他にはない特長があり、
セッションでは、それぞれの良い点、優れた点を
上手に使い分けることをお勧めしています。

そして従来の前世療法を実践なさっている場合のほうが、
多次元セラピーをよりよく理解でき、
多次元セラピーによる前世療法を実践されると
逆に従来の前世療法の優れた点が見えてきます。

私はヒプノセラピー・前世療法を学んで、プロとして開業した後で、
多次元セラピーと出会い、コースを修了して使うようになりました。

多次元セラピーを使い始める前に、
日本人の先生お三方からヒプノセラピーを習いましたが、
多次元セラピーを修了した後のほうが、
なぜかヒプノセラピーのスキルも上がり、
セッションにまつわる気付きを、
たくさん受け取ることができるようになったと感じています。

多次元セラピーは、
従来のヒプノセラピー・前世療法を行えることが、
前提のセラピー手法です。

どういうことかと言いますと、
通常の意識の状態から催眠に入れる催眠誘導の基本や、
アンカー、後催眠暗示など基礎的な部分が、
多次元セラピーの中には、元々、含まれていないということです。

たとえば胎児期のトラウマ・バーストラウマを癒す多次元セラピーでは、
胎児期にどのように退行していったらよいかということには
触れられていませんし、
インナーチャイルドにしても、
そもそもインナーチャイルドワークとは、
どのような目的と効果があるのかという部分は
含まれていないのです。

したがって、仮に基礎部分がない状態で、
多次元セラピーから勉強を始められたとしても、
多次元セラピーの内容の説明の理解はかなり困難となり、
セッションで使う際も、深いカタルシスと癒しには
到達しにくいのではないかと予測されます。

多次元セラピーにご興味があるならば、
ヒプノセラピーの最低限の基礎部分は、
知っておく必要があるでしょう。

では基礎部分は、どのようにして身に着けたらよいでしょうか?

その問いに答える意図をもって構想したのが、
「多次元セラピー・前世療法のスクール」です。

最終目標として、多次元セラピーを使いたい場合、
入り口は、ヒプノセラピーの催眠の基礎となります。

「あくまでも多次元セラピーを習いたいのだから、
ヒプノセラピーなどには興味もないし時間をかけたくない…」
と思われるでしょうか?

実はヒプノセラピーを深く学ぶことで、
多次元セラピーをより的確に柔軟に使いこなすことが出来るようになります。

ですので、ヒプノセラピー自体を学ぶのに
時間とエネルギーを費やすという選択も、
大いにあって良いことだと考えています。

多次元セラピー・前世療法のスクール、
ヒプノセラピー・前世療法のスクールの2種類のスクールがあるのは、
こうした考えによります。

どちらによりウェイトを置くか、
自由に使えるその方のお時間と費用とエネルギー、
習得までにかけられる時間などによって、
ニーズに合うほうを選んでいただくことが出来ます。

実は、「ヒプノセラピー・前世療法のスクール」を選択なさったとしても、
多次元セラピー上級コースへ進むことは可能です。

そのようなコース編成を準備してあります。

各種ヒプノセラピーを学んでいくうちに、
あるいは実際にセッションで使っていくうちに、
ヒプノセラピーの他のメニュー(種類)にも関心を持たれることが、よくあります。

あるいは催眠と潜在意識を使うこの独特なセラピー全般に
さらなるご興味が湧いて、
多次元セラピー=ハンス・テンダム メソッドに惹かれていく方も、
おそらくたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

入口は、基礎を学ぶベーシック・コースです。

その受講中に、さまざまな関連情報を差し上げますので、
将来目指すゴールを思い描きつつ、ゆっくりと検討を加え、
その先のコースを柔軟に選択していただくことが出来ます。

多次元セラピー・前世療法のスクール 


タグ:, ,

この記事にコメントする

多次元セラピー集中講義 不安からモチベーションアップへ

2015年07月09日

このところ、セッションルームには、
多次元セラピープロ養成スクールの
受講生の方がよくお越しになっています。

今月は受講ペースを上げて、
集中的にマスターを目指す方もあり、
こちらもそのご予定に沿ってお伝えしています。

受講生の皆さまは、お仕事や介護、育児などでお忙しく、
ゆとりがある時は着実に進んでいきますが、
ひと月くらいブランクが空いて、
なかなか受講スケジュールを入れられないということもあります。

緩急は、悪くはありませんが、
あまりに間が空いてしまうと、
重要なポイントを忘れてしまったり、
おさらいに時間がかかってしまったりするでしょう。

その方の状況やご予定に合わせて日程を組めるのは、
マンツーマンのプライベートレッスンならでは、
受講ペースは、
その方の自発性次第ということにもなるようです。

スクールとしては、修了期限を設けず、
最大限、その方のご希望を尊重しています。

その理由は、なるべく多くの方々に、
多次元セラピー=ハンス・テンダムメソッドを習得していただき、
ケースを積んで使いこなし、
さらに数多くの方々の癒しのサポートに
大いに役立てていただきたいからです。

そのためには、
たくさんの方々が、ストレスなく学びつつ、
スクール修了を迎えること、
同時に多次元セラピーの基本をしっかりと見につけて
その後の実践を楽しく続けていただくことが
大切だと考えているのです。

スクール修了後も、実際のセッションで
迷ってしまったことや上手くいかなかったことなどを
お知らせいただければ、
ご質問やご相談には、いつでもお答えしています。

お悩みばかりでなく、成果、収穫や
新しい発見や気付きなども、
きっとたくさんあることでしょう。

私も、日々のセッションを通じて、
多次元セラピーにまつわるさまざまな体験を重ね、
ちょっとしたコツや気付いた点などを
スクールの中で出来る限りお伝えするようにしてきました。

今、受講なさっている方の中には、
20代の方々もおられ、
私の年齢から見ると、ほぼ子どもの世代に当たります。

いつか私が現役セラビストを退く日が来ても、
若い世代の受講生、修了生の方々が、
多次元セラピーの優れた点を活かし、工夫を凝らして、
いっそう発展させていっていただければ
このうえなく嬉しいことです。

そのためには、
私が理解し得たこと、経験から学んだことを
その方のよりよいセッションのための
ヒントとしていただけるように、
多次元セラピーのケースのご紹介や
エピソードなどを織り交ぜて、
限られたスクールの時間を
充実したものに出来たらと心がけています。

このところ、時間に追われ、
多次元セラピーのセッションケースを、
このホームページ上に掲載することもままならないのですが、
なるべくご紹介できるようにしたいと考えています。

私の意気込みはともかく、
受講される皆さまのモチベーションの維持は
長丁場のスクールだけに、なかなか難しいこともあるようです。

そこで、モチベーションを上げて、
最後まで楽しく習得するためのコツを考えてみました。

多次元セラピープロ養成スクールは、
お伝えする概念と言葉が難解であり、
まだプロのヒプノセラピストとして
お仕事をされたことのない方にとっては、
なおさらたいへんなようです。

たくさんの事がらを、未経験のまま理論として理解し、
メモを取って頭の中に組立てなくてはなりません。

いちばんネックとなるのは、
この未経験という部分だと思います。

現在、他のお仕事をされていたり、専業主婦であったりする方は、
スクールを受講される際、
あたかもプロのセラピストとなったかのような
姿勢や気持ちで臨まれるとよいでしょう。

近い将来、開業を目指している方は、未来に夢を持って、
楽しく多次元セラピーを実践している姿をイメージしながら
進んでいかれるとよいです。

とはいえ、奥ゆかしい方や、遠慮がちな方、
ご自分に厳しく、ご自分に対する要求水準が高い方の場合は、
学べば学ぶほど、多次元セラピーの難しさに反応してしまい、
むしろ不安になり、自信を無くしていかれるのも
残念ながら、時おり目にするところです。

受講しながら、ご自分に出来るかどうか…
ということを考え込んでしまうのは、
お勧め出来ません。

出来る・出来ないは、まだ実践してみていない時点で
考えても仕方がないことです。

出来るかどうか…ということでいうならば、
志を持ってスクールに来られた方々は、
もちろん出来るようになられるでしょう。

ただし「最初から」「上手に」出来る…
などということはあり得ないということも
知っておきましょう。

私がお勧めしたいのは、
既にセラピストになった‥と仮定して、
学んだ方法をどのような方に使ってみることが出来そうか?
その時、クライアントさんと、
どのような対話のやり取りになっていくか?
そちらに焦点を合わせて、想像しながら講義を聞くことです。

あまり不安を持たずに、意欲的に進んでいかれる方は、
こうしたイメージを、自然に使われていることが多いようです。

多次元セラピーが出来る・出来ない、
多次元セラピストになれる・なれない…から、

「どんなふうに使ってみたいか? 」
「どんなテーマにこの手法を使っていくか?」
「この問いかけに対して、
クライアントさんは、どういったお答えを返してくるのか?」
‥といったことを、
具体的にイメージしながら受講してみましょう。

経験がなくても、イメージするのは自由です。

近い将来、実際にセッションで多次元セラピーを使う日が来た時、
たとえ受講中のイメージが裏切られることがあったとしても、
そこには予想外の何かが見つかるはずであり、
それによって、より深い理解がもたらされるのではないでしょうか?

ご自分をジャッジしてしまう局面を越えて、
このように実践的に学んでいくほうが、
その後の練習にもはるかに役立ち、
着実にスキルアップしていかれることでしょう。

難しく考えずに、ご自分を追い詰め過ぎないで、
少しずつ理解を深め、ゆっくりと上達していきましょう。

多次元セラピー プロ養成スクール


タグ:, , , ,

この記事にコメントする

多次元セラピーの問いかけ 言葉を使ってイメージを明確にする

2015年06月01日

多次元セラピープロ養成スクールの最終回では、
全体の総仕上げとして、一つの題材を使って、
1セッションを組み立て進めていく練習をしています。

ヒプノセラピーマスターコースのアドバンス・コースのように、
クライアントをしてくださる方に実習セッションを行うのではなく、
実習に至るプロセスの一つ前の段階として、
架空のクライアントを想定した
シミュレーションの形を取ります。

多次元セラピーには幾つかの難関があり、
いきなりの実習は、
かなり難しく厳しいだろうと考えているためです。

そもそもシナリオのない多次元セラピーのセッションで、
次はどのように進めていったらよいのか、
方向を定めて舵取りをしていくのは、
まだ経験が浅いうちは、至難の業といっても良いほど
難易度が高いかもしれません。

理論を学ぶと、行えそうな気にはなるものですが、
実際にクライアントさんを前にすると、
どうしたらよいものか、
迷いやためらいが出てしまいがちです。

これまでにヒプノセラピーをなさってこられた方であっても、
どのような言葉で何を問いかけていくか、
瞬時に判断して実行するのはたいへんなことだと思います。

先日、この練習をしていた時に感じたことですが、
日頃、レイキなどのエネルギーヒーリングや、
透視リーディング、チャネリングなどのお仕事をなさっている方には、
取り分けなじみにくいものがあるようです。

ヒーリング、リーディング、チャネリングなどと比べると、
多次元セラピーは、言葉によるやり取りや対話が中心となっており、
的確な言葉を選び、不自然な間を空けずに問いかけを積み重ねて
出来事の詳細を明らかにしていくことが求められます。

ヒプノセラピーは、言葉を使うセラピーですので、
ヒプノセラピーを学ばれている場合は、
それほど困難ではないかもしれませんが、
元々、ボディワークやチャネリングなどをなさっていた場合は、
セッション中に使うエネルギーや気配りをするポイントが
明らかに異なると感じられるのではないでしょうか?

多次元セラピーでは、探偵のように、
詳細を明らかにしていきます。

それは、リアルに再体験することによって、
十分な解放と癒しが起こり、
カタルシスがもたらされるためです。

イメージをただ受け取るだけでなく、
多次元セラピストの問いかけに答える形で、
そのイメージを言葉にしてみる時、
クライアントさんのイメージは、
よりはっきりとした手ごたえを伝えるようになり、
いっそう明確になっていきます。

そのため、必要な局面において、
効果的な問いかけを重ねていくことは、
セッションでは不可欠なものとなるのです。

とはいえ、仮に言葉がとっさに出てこないといっても、
才能がないと嘆いたり、
プロになることに悲観的になったりする必要はありません。

これまで使っていなかったところを使うのは、
それなりの努力を要するものです。

スポーツをほとんどしない人が、たまに体を動かすと、
たちまち筋肉痛が起こるようなものです。

はじめのうちはたいへんでも、
続けていくと、次第になじんでいき、
やがては何も意識しなくても、
楽々とこなせるようになっていくことでしょう。

最初から上手に出来る方などは、いるはずがありません。

お仕事で言葉を使う必要や機会があまりなかったような場合は、
ご自分にたいするワークをする際、
自問自答のように、言葉を発しながら行うとよいでしょう。

そして、練習セッションです。
実践をたゆまず積んでいきましょう。

多次元セラピーを伝えたハンス・テンダム博士は、
トレーニングの大切さを強調されていました。

経験値は、値千金、
ほかの何ものにも代えがたい貴重な財産となります。

そして経験から学ぶためには、失敗を恐れずに、
とにかく経験を積むことです。

多次元セラピープロ養成スクールの修了生の方で、
セッションがどうも上手くいかないと感じておられる方や、
思っていたほど使いこなせていないと思われる方には、
ご一緒に練習を積める修了生の方同士をご紹介したり、
練習の機会として、多次元セラピー研究会を開催したりしています。

いつでもお気軽にご相談いただければと思います。

多次元セラピー 退行療法 トランスパーソナルな探求と癒し


タグ:,

この記事にコメントする

多次元セラピーに含まれるトランスパーソナルな知識・情報

2014年10月21日

多次元セラピーを使うのは難しい…とよく言われます。

多次元セラピーにご興味を持たれ、
スクールにお越しになられた方でも、
スクールが始まると、予想以上の難解さを感じられるようです。

ヒプノセラピー自体にあまりなじみがない場合はもちろんのこと、
一般的な従来のヒプノセラピーをご存じの場合であっても
多次元セラピー独特の、定型的なシナリオのない進め方が
特異な印象を与え、想像がし辛いのでしょう。

たとえば多次元セラピープロ養成スクールで
お伝えする理論や手順などを、容易にご理解いただけた場合でも、
いざ実践…となると、なかなか言葉が出てこない、
あるいは次にどのように誘導し進めたら良いのか迷って
流れか止まってしまうことはあるようです。

先日、多次元セラピーのスクールを始めて間もない方から、
お聞きしたご感想です。

多次元セラピーを学んでいて、
これを実際に使っていかれるかどうかはまだわからないけれども、
トランスパーソナルなお話がとても興味深くて世界が広がり、
今まで漠然とそうではないかと感じていたことが、
言葉で説明されるのを聞いてワクワクしている…

多次元セラピーは、トランスパーソナルセラピー。

魂、輪廻転生、カルマ、人生の計画、
五感では感知しにくい見えないエネルギーなどを扱います。

そのためスクールでは、
セラピー理論やセッションの流れのみならず、
トランスパーソナルな知識と情報が、随所に散りばめられているのです。

こうした情報の中には、通常、見聞きする機会がほとんどないものや、
日本には紹介されていない海外の調査結果なども含まれています。

たとえば、「転生してくることをその方はどのように感じたか?」など。

見えない世界やスビリチュアリティに関心のある方ならば、
おそらく興味を惹かれ、さらなる探求心を刺激されることでしょう。

先ほどご感想を紹介させていただいた方も、
多次元セラピースクールの受講と並行して、
輪廻やカルマなどに関する本を次々に読まれているということでした。

多次元セラピーを実際に使っていくに当たっては、
理論的な部分の理解は当然のことながら、
こうした周辺的な知識が大いに役立ちます。

セッション中に、どんなイメージが現れたとしても、
落ち着いて対応することが出来るでしょう。

むしろこうした知識や情報を持たなければ、
深みに欠けたセラピーとなってしまいかねません。

将来、何らかの事情によって
多次元セラピーをお仕事には使わない選択をなさったとしても、
多次元的な意識や魂、見えない世界に関する素養は、
どこかできっと想起されることがあり、
その方の世界観や価値観をいっそう豊かなものに
広げてくれるのではないかと私は考えています。

多次元セラピープロ養成スクール


タグ:,

この記事にコメントする

多次元セラピーをどう活かすか…? 開業を視野に入れて

2014年10月14日

多次元セラピープロ養成スクール中、
今後のお仕事や開業についてのご相談をいただくことがあります。

スクールにお越し下さる方々は、多次元セラピーを学ぶうちに、
漠然とした展望から、具体的な開業プランへと、
よりはっきりとしたビジョンを形作られていかれるようです。

具体的に検討していくにつれて、さまざまな疑問が湧き起こり、
不安なお気持ちになられることもあるでしょう。

私どものスクールは、原則としてマンツーマンのプライベートレッスンですので、
個人的な状況やお悩みなどについても、お気軽にお話いただけます。

開業を視野に入れた方々にとって、クリアしていくテーマは、
大きく分けると2つになります。

1つ目は、多次元セラピーをセッションにおいてどのように使いこなしていくか、
あるいは現在のお仕事に多次元セラピーを取り入れて、どのように活用していくか、
ということになるでしょう。

スクールを修了していない段階では、
使いこなすといっても、雲をつかむような感覚になってしまうかもしれません。

まだ何も始めていない状態では、イメージが像を結びにくく、
迷いが生じることもあるでしょう。

最近、いただいたご相談の一つをご紹介してみましょう。

スクールのアドバンスコースにて、既に従来の前世療法を習得され、
現在、多次元セラピーを学びつつある方です。

この方は、開業なさる予定があり、
多次元セラピーを学び、トレーニングをしている間に、
前世療法を使わずにいる期間があると、
前世療法を忘れてしまうのではないかと心配されていました。

ここでちょっと説明をさせていただくと、
アドバンスコースの前世療法と、多次元セラピーを用いた前世療法は、
いろいろな点で異なっています。

多次元セラピーを用いた前世療法をするにあたっては、
従来の前世療法をマスターしておくことは役立ちます。

この二種類の前世療法は、テーマやその方のご希望によって、
上手に使い分けて選択することが出来ます。

すなわち、プロとなった場合には、
どちらもたいへん役立つ癒しのツールとなるわけです。

さてこの方がご心配になるとおり、
いったん習得しても、使わずにいたら、さび付いてしまうものです。

多次元セラピーをマスターするまでには、
相当の時間を要するとお考えだったのですが、
スクールのレクチャーは、およそ6~8回程度、
そのあと、どのくらいトレーニングを積んだら
実際のセッションで使えるようになるのかについては、
個人差が大きいものなのです。

このような場合に、私がお勧めするのは、
多次元セラピーがまだ終わっていなくても、
まずは習得済みの前世療法を実践されることです。

状況が整うならば、まずは前世療法のみを使って
開業なさるという選択もあるでしょう。

前世療法も多次元セラピーも、
実際にセッションをさせていただくことで、いろいろなことに気付くことが出来て
少しずつ上達していきます。

多次元セラピーをマスターするまでの間に、前世療法を使わない理由はありません。

いずれ多次元セラピーをマスターされたら、
従来の前世療法も、多次元セラピーによる前世療法も、
それぞれの特長がわかるようになり、
相乗効果でいっそうスキルアップしていくはずです。

それまでは、なるべく時間を見つけて、
前世療法の経験を積まれるとよいでしょう。

開業を視野に入れた方々にとって、クリアされるべきもう1つのテーマは、
セッションルームや会計処理などのより実務的な側面です。

こちらも皆さんの関心が高く、
スクール中に、たくさんのご質問をいただくことがあります。

セッション以前に、個人事業主として
どうしても扱わなくてはならない問題です。

こちらについては、また次の機会にご紹介してみたいと思います。

多次元セラピー 退行療法 プロ養成スクール


タグ:,

この記事にコメントする

多次元セラピーへのご質問 どんなテーマに使えるの?

2014年10月12日

多次元セラピー上級コースを修了され、
使い始めたばかりの方から、
多次元セラピーでは、どのような問題を扱えるの…という
ご質問をいただくことがあります。

たとえばこれはどうでしょうか…と、具体的な問題のリストを付けて、
おたずねいただくことがあります。

個人セッションにご興味のある方ならば、
こうしたご質問は普通のことですが、
多次元セラピープロ養成スクールを修了なさった方からなのです。

なぜこのようなご質問をいただくのか考えてみますと、
思い当たることがありました。

多次元セラピーには、従来のヒプノセラピーや前世療法のような
定型的なシナリオがありません。

スクールでは、理論的な解説と、実際に使う際の手順の情報、
そしてハンス・テンダム博士のセッションケースをご紹介しています。

これが普通のヒプノセラピーや前世療法ならば、
シナリオから、セッションの流れがわかり、
それに沿って何が起こるのか、ある程度予測が付きます。

その方によって、誘導に対する反応はさまざまであるものの、
ある程度の幅は形作られますので、
それに対するセラピストの対応方法のパリエーションなども
あらかじめ想定して準備することが可能でしょう。

ところが多次元セラピーでは、
次に何が起こり、どちらの方向に展開していくのか
瞬間的に見極め、次の一手を即座に考える必要があります。

実践を積んでいないうちは、たいそう難解で、どうしたらよいのか
頭が真っ白になって止まってしまうことも、しばしばあるでしょう。

このあたりが多次元セラピーの難しさでもあり、
面白さ、奥深さでもある部分です。

定型的なシナリオがない場合、熟練の決め手となるのは
おそらくセッションケースの経験値です。

多次元セラピープロ養成スクールにて、
ひととおりの解説や手順を聴いただけでは、
まだ雲をつかむような感触があるのみで、
どのように進めたらよいのかわからないながらも
とにかく一歩を踏み出し、続けていくことが役立つことになるのです。

セラピー、ヒーリングなど代替療法においては、
トレーニングを終えるとすぐさまプロとしての知識と技術が身に付き
一定の施術を行えるタイプのものもあります。

しかしながら多次元セラピーは、
スクール修了時は、文字通りスタート地点であり、
行き詰ったり失敗したり試行錯誤を重ねながら、
その方のリソースを総動員して行っていくことになるでしょう。

理論や手順を頭で理解しただけでは、簡単には使えないのですが、
実践を積めば積むほど、
練習セッションのケースがさまざまなことを教えてくれますので、
着実に鍛えられ磨かれていくことでしょう。

多次元セラピーのこうした特色から、
私どもでは、スクール修了後の継続的なフォローアップの機会として、
多次元セラピー研究会を開催しています。

私が第一期生として多次元セラピーのロングコースで学んでいた時は、
4人一組のグループを作り、何度も繰り返し練習セッションを続け、
その記録を文字起こしし、分析を加え、
レポートにまとめて提出することを求められました。

練習セッションの時間数と提出するレポート本数はあらかじめ定められ、
それらが修了要件に含まれており、
13か月間に渡り、継続してトレーニングを続けました。

今ではその経験が本当に役立っていると実感しています。

さて、実践の重要性はさておき…
多次元セラピーを使って、
どのようなテーマにワークできるか…ということですが、
使い方次第では、ほとんどどのようなテーマをも扱うことができると
私は考えています。

皆さまにお渡ししている多次元セラピー上級コースのテキストには、
具体的な項目は挙げられていないのですが、
基本的な手法を習得したら、実際のセッションにおいて、
どのようにそれを使いこなし、応用していくか、
そのあたりにかかっていることだと思っています。

多次元セラピーを始めてから、8年あまりが経ちましたが、
今でも探求心を忘れずに、新鮮な気持ちで取り組めるのは、
このような奥深さ、無限の可能性を秘めていると感じているためだと思います。

心、マインド、頭脳、感性、直感、感情、経験値などの全てを駆使して
まだその先にやれることが数多くあるのを感じながら、
実践を続け、癒しのサポートをさせていただいています。

多次元セラピー 前世療法 プロ養成スクール 


タグ:

この記事にコメントする

多次元セラピーをマスターするには…

2014年10月05日

多次元セラピーにご興味をお持ちくださり、
スクールの「多次元セラピー上級コース」を
受講いただいている方は、
皆さま、個性的で先進性の高い方が多いようです。

目的やニーズは、その方によってさまざま、
学習ペースも、連続4日間から、月1回まで、
ご自由にマイペースで進まれています。

スクール受講の皆さまが、多彩な経歴や動機をお持ちなのは、
多次元セラピーそのものが、オランダのハンス・テンダム博士が
長年に渡るセラピー経験とセッションケース研究の中から編み出した
きわめて斬新な手法であるためでしょうか?

私はブログやホームページにて、
斬新という言葉をよく使っています。

もしかすると、まだヒプノセラピーを体験なさったことのない場合や
ヒプノセラピー、前世療法を学ばれていない場合には、
多次元セラピーの斬新さが、あまり感じられないかもしれません。

私が多次元セラピーに初めて触れたのは、
ヒプノセラピーのトレーニングを終えてからすでに数年が経ち、
ヒプノセラピストとして開業し、実践を積んでいる時でした。

ヒプノセラピーという癒しの手法に傾倒し、
数ある代替療法の中で特に魅力的であると感じて
日々、癒しのサポートをさせていただいていた頃です。

ヒプノセラピーと対照することで、
多次元セラピーの凄味や問題解決力や効果が際立ち、
反対に、従来のヒプノセラピーの利点や優れている部分も見えてきました。

多次元セラピーとヒプノセラピーは、
どちらも催眠療法ではありますが、
セラピーの構成や催眠深度、基本姿勢、癒しに対するアプローチなどが
かなり異なっています。

ヒプノセラピーになじんでいらっしゃる方ほど、
多次元セラピーの素晴らしさを
よくご理解いただけるのではないかと思います。

多次元セラピーを習得するのに、
必ずしもヒプノセラピーをマスターしていることが
求められるわけではありませんが、
両者の特長と進め方を区別して、しっかりと使い分けるほうが
おそらく効果が上がるでしょう。

これまでのヒプノセラピーに満足できない方や、
何か新しい視点やスキルを加えたい方、
もっとカタルシスを促し心の深層を探求してみたい方には、
お勧めしたい手法です。

もしも既にヒプノセラピーを学ばれているのでしたら、
多次元セラピー習得に要する時間は、1回4~5時間として
わずか5~7日間程度です。

ご興味のある方は、いつでもお気軽にお問い合わせください。

多次元セラピープロ養成スクール


タグ:

この記事にコメントする

多次元セラピーのスクールを修了した後に…

2014年08月05日

多次元セラピーのスクールを修了し、
その後、積極的に多次元セラピーを実践なさっている方々から
ご質問やご相談のメールをいただくのは、
たいへん嬉しいものです。

ご自分に対してワークをしてみたら、こんなことが起こった…
このような展開となったのは、手順に何か問題があったのだろうか…?

ご質問メールを読ませていただくと、多次元セラピーをよりよく進めたい、
早くマスターしたいという熱意が伝わってくるようです。

皆さまからのご質問には、必ずお答えしていますので、
ちょっとした疑問を放置せず、いつでもお知らせいただければと思います。

ご質問をいただくと、説明が不十分であったところや、
解説に対してその方がしっかりとご理解いただいていることなどが分かりますので、
スクールとしてもフィードバックは有り難いと感じています。

多次元セラピーの手法を学んでから、
ご自分やご家族へのワークなどで、実際に使ってみると、
それまではわからなかったことが腑に落ち、
見落としていた部分に気付くことがあります。

せっかく習得した手法を、ほとんど使わないまま錆び付かせてしまうのは、
実に勿体ないと感じます。

多次元セラピーは、手法の解説を聞いただけで、
とても難しいという印象を持たれてしまうのかもしれません。

たしかに誰でも直ちに使いこなせるかといえば、
ある程度のトレーニングは必要となるでしょう。

お忙しい毎日だと思いますが、
面倒と思わずに、ちょっとした合間の時間を使って、
丹念に実践を続けていきましょう。

多次元セラピープロ養成スクール


タグ:

この記事にコメントする

« Previous Entries  


blog

カレンダー

2017年12月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME