インナーチャイルド、インナーペアレント、アダルトチルドレン、機能不全家庭、トラウマ、生き辛さを癒す多次元セラピーのセッションとスクール。心の癒しと自己実現をサポートします。神奈川・藤沢・スカイプ

多次元セラピーで 心の中に住む内なる子ども、父親・母親を癒す


> インナーチャイルド 内なる子どもを癒す


> 内なる父親・母親 インナーペアレント


インナーチャイルド

子ども

あなたの心の中に住んでいて、
あなたが気づいてくれるのを待っている、傷ついた幼い子ども。
それがあなたのインナーチャイルドです。

幼い子どもは無力な存在であり、
親や周囲の大人たちに守られ、依存しながら生きています。
子どもにとって、親とは、言うなれば絶対的な神のような存在です。

しかし、実際には、親とはいえ、ひとりの人間であることに変わりはありません。
欠点を持ち、完全ではありませんから、
子どもの頃、親に心を傷つけられなかった子どもは、
おそらくいないはずです。

なぜ、どんなふうに傷ついて、どれほどその傷が深く、心が痛むのか…
幼い子どもは、表現する言葉を持ちません。

大人のように、起こった出来事を合理的に解釈して 
理解したり納得したりすることもできないのです。

子どもゆえの幼さや理解力の乏しさ、
誤った同一化などによって、勘違いや誤解が生じ、
その後、長期間に渡って苦しみが続いてしまうこともあります。

どんな大人の中にも、傷ついたまま、助けを求めて泣いている
幼い子ども=インナーチャイルド が、今も生きているのです。

kid0034


現在のあなたがインナーチャイルドと出会い、その存在に気付いて受け入れ、
無条件に愛することによって、その子どもは癒され、
元気を取り戻して、変化していきます。

表情が明るくなっていったり、成長したり、
表情がたくましく、あるいは美しくなっていったりします。
セッションを行うたびに、チャイルドは新しい姿を見せてくれることでしょう。

インナーチャイルドは、自分自身の全体性を受け入れ、認めて、愛すること、
健全な自己愛・自尊心と深くつながっています。

インナーチャイルドを統合することによって、あなたは癒され、いっそう自分を愛し、
信頼することができるようになるでしょう。

トラウマ体験が特に無いような場合でも、
セルフイメージを向上させたいと願う女性には、
特にお勧めしたいセッションです。

機能不全家族 と アダルト・チルドレン

アルコール中毒、ドメスティック・バイオレンス、
子どもに対する虐待やネグレクトなど、いわゆる機能不全家庭で育った場合、
インナーチャイルドの心の傷は、さらに深刻なものとなります。

親が、親としての役割を果たしていない場合、
子どもは、親の顔色をうかがったり、精神的に親を支えたりするようになり、
状況によっては、兄弟姉妹たちの親代わりになったりしなくてはなりません。

親と子の立場が逆転し、本来の子どもらしさ、自由さ、伸びやかさ、
創造性、無邪気さなどが失われてしまうでしょう。

成長した後も、周囲の機嫌を気にして、窮屈に感じたり、
自分に自信を持てず生き辛さを感じたりするようになります。

他者のために、自分を犠牲にして尽くす一方で、
自分自身のことは後回しにしてしまう傾向があり、
自己表現、自尊感情が乏しくなるのです。

こうした困難や生き辛さが在るのは、その方の責任ではありません。

当時の親には、あるがままの子どもを受け入れるだけの
余裕や能力がなかったのです。

心を傷つけた親や養育者に対して、本当は欲しかったものを要求することは、
今となっては、もう不可能なことですが、
誰にも気付かれずに我慢し続けているチャイルドに気付いて、
その子の存在を正当に認めてあげることはできます。

OK

チャイルドの気持ちに寄り添い、
その子が必要としているものは何でも無条件に与えてあげましょう。
辛いことを辛いと言えずに、長い間、苦しみ続けてきたチャイルドを
癒すことができるのは、大人となったその方だけなのです。

チャイルドにとっての辛さ・苦しみ

チャイルドが傷つく状況や体験は、大人の視点から客観的に見ると、
よくあることで、ごく普通に思われることも少なくありません。

なぜそんなふうに深刻に受けとめ、傷ついてしまうのか、
よく理解できないこともあるでしょう。

世間一般からすると申し分のないご家庭やご両親であり、
あらゆる面で問題などなさそうに見受けられたとしても、
チャイルドにとっては、そうではないかもしれないのです。

辛さや苦しみ、怒り、悲しみ、寂しさなどは、
本当のところ、本人にしかわからない、主観的なものです。

そうであればこそ、幼いチャイルドの気持ちに気付き、
無条件に受け入れて、理解してあげることが大切です。

あるがままのインナーチャイルドを受容して癒すと、
健全な自己愛、自尊心が育まれ、
その方のお子さんに対する姿勢が変わり、
これまでよりも子育てを楽しめるようになっていきます。
また、ご両親との関係やパートナーシップなどにも、よい変化が起こります。


インナーチャイルドを癒すと … 

父と子

 子どもの頃に受けて、今も残る心の傷を癒すことができます。

 無条件に愛を与え、愛を与えられる体験をすることができます。

 統合によって、力強く生き生きとした自分自身を感じることができます。

 親や養育者から、本当は、どんなものを与えて欲しかったのかがわかります。

 それを、もう一度、チャイルドのために取り戻してあげることができます。

 大人としての自分に対して、より心地よく感じるようになるでしょう。

 ありのままの自分を受け入れることができるようになっていきます。

 親子関係、育児、パートナーシップなどに良い変化が起こります。   etc.


インナーペアレント  心の中に住んでいる父親・母親

親子

インナーチャイルドに比べると、インナーペアレントというセッションは、
あまりなじみのない印象かもしれません。

インナーペアレントとは、内なる両親、
父親と母親、あるいはそのどちらかです。

生まれ育つプロセスのどこかで、両親との間に問題が起こり、
その否定的な影響が、現在も残留して
その方を苦しめている時、イメージの中で、親と向かい合うためのセッション、
それがインナーペアレントです。

親子の問題といえば、まずインナーチャイルドと思われるかもしれませんが、
インナーチャイルドは、基本的に退行をしない療法であり、
過去の具体的な意見やトラウマ的な出来事に戻ることはなく、
したがって父親・母親が登場することはありません。

親がどのように心を傷つけたのか、どのように無理解だったのか、
なぜ、その方を否定したり、
あるがままを認めなかったりしたのか、本当はどうして欲しかったのか…
などということについては触れず、ただチャイルドを癒すのが、
「インナーチャイルド」セッションです。

これに対して、「インナーペアレント」のセッションでは、
問題となった父親または母親、あるいは両親二人を招き、
しっかりと向かい合うことができます。

親に対する本当の思いに気付いて感情を認めると、心がもっと楽に、自由になる

具体的で明確な思いや出来事がある場合や、
親との共依存、親からの支配、虐待などがある場合には、
そのことについて、親と対話をすることができます。

勇気を出して本当の気持ちを表現したり、
何が辛かったのかを親に訴えたりすると、
親に対する気持ちの整理がつき、否定的な感情の解放が促されます。

そして、場合によっては、
親からの支配や依存に「ノー」と宣言し、自立した一人の大人として、
自分の意志とリソースで自分の人生を歩む意思を表明します。

イメージの中で、心の中に居座っているペアレンツを追放すると、
現実生活において、親子の縁が切れてしまうのではないかと
心配なさる方があります。

しかし、実際にはそうなるわけではなく、むしろより対等な大人同士の
より良い親子関係を築けるように変化していくのです。

インナーペアレントのセッションには、その方のご希望や必要に応じて
部分的にインナーチャイルドの癒しを取り入れ、
組み合わせて行うことができます。

内なるペアレントに対する思いの表現と、
傷ついたチャイルドの心の癒しを共に行うと、感情の解放がいっそう促され、
深い癒しが起こり、統合と変容に向かっていくことができるようになるでしょう。

内なる父親・母親  インナーペアレントの効果は … 

 父親・母親に対する本当の思いに気付くことができます。

 本当は言いたかったけれど言えなかった思いを、大人となった今、
  大人の経験値によってしっかりと表現することができます。

 父親・母親からの過干渉や依存などから自由になります。

 父親・母親からの支配に立ち向かい、その支配を止めさせ、
  大人としての自立を確立します。

 本当はどのように接し、育てて欲しかったのかを表現し、
  否定的な思いを解放して癒します。

 ありのままの自分を受け入れることができるようになっていきます。

 実際の両親との関係が、これまでよりも心地よく感じられるようになり、
  人間関係全般が良い方向に向かいます。       etc.


インナーチャイルドと年齢退行、その違いはどこに…?

ヒプノセラピーには、
「インナーチャイルド」と「年齢退行」というセッションがあります。
どちらも子どもの頃の辛い体験から来る苦しみや、
心の傷、痛みを癒すものです。

この二つのセッションは、テーマがよく似ていますので、
どこが違うのか、それとも同じなのか、
よくわからないと感じられるかもしれません。

「インナーチャイルド」は、退行(過去に戻ること)をしない方法であり、
チャイルドに会いに行くか、またはチャイルドが訪ねてくる…
というイメージを使うものです。

「年齢退行」は、文字どおり、現在よりも前の年齢に退行するセッションです。

退行する先の時空が、たとえ去年やおととしであっても、
過去であれば、それは年齢退行ということになります。

とはいえ、心を癒す年齢退行のセッションで、
過去に戻る時、問題となった辛い出来事が起こった時空は、
幼い子ども時代であることが多いのです。

そこには傷ついた幼い子どもがいるはずです。

こうして、年齢退行は、
インナーチャイルドを癒すセッションとしばしば混同されるのですが、

基本的には両者は同じではなく、効果や目的も異なるものです。

両者の相違点を挙げてみますと…

 ◇ 退行をしないのがインナーチャイルド、退行するのが年齢退行。

 ◇ 傷ついて救いを求めている子どもを 総体として癒すのがインナーチャイルド、
    具体的な出来事の中の子どもや特定の時点での子どもを癒すのが年齢退行。

 ◇ 現在のその方に心の中に住んでいるのがインナーチャイルド、
    過去のある時点でのその子が年齢退行。

       … このような角度から考えてみることもできるでしょう。


> 年齢退行もっと詳しく


内なる子ども と 子ども時代のその子

子ども時代のトラウマ体験を直接癒すには、シンプルに年齢退行を行うことが
出来ますが、退行するのが辛すぎる場合には、無理に退行をせず、
インナーチャイルドのセッションをして、チャイルドの心の傷を癒すことができます。

現在、行われているインナーチャイルドのセッションの中には、
退行する要素を含むタイプのものもあり、ヒプノセラピストさんによって、
その解釈や構成、誘導法はかなり異なっているようです。

今、ここでお伝えしている「年齢退行」が、
「インナーチャイルド」のセッションとして
HPやブログに紹介されているのもよく見かけます。

どれが正しい、間違っているということではありませんが、
その方のセッションの目的に合わせ、
効果を認識したうえで適切に使い分けたり、
組み合わせたりすることが求められるでしょう。

子ども時代の辛い出来事や、親子の間のトラウマ的出来事を癒す目的で
セッションにお越しになるのでしたら、ご希望をお聴きして、ご相談しながら
インナーチャイルド、年齢退行、インナーペアレンツ、胎児期退行など、
さまざまな手法を取り入れたり、組み合わせたりして行うことができます。

お問い合わせや事前カウンセリングの際、
ゆっくりとお話をお聴きしておりますので、
お気軽に相談いただければと思います。


インナーチャイルド・インナーペアレント と 多次元セラピー

最新の退行療法の手法である「多次元セラピー」においては、
「インナーチャイルド」のセッションは、
退行する要素と退行しない要素を共に含んでおり、
従来のヒプノセラピーの「インナーチャイルド」と「年齢退行」を
融合したような形をとっています。

このうち、退行する要素には、問題となった出来事を再体験することで、
出来事の経緯や周囲の状況、
その時の感情、感覚、思いなどがよくわかり、
深いレベルでの癒しや解放をもたらすメリットがあるわけですが、
あまりにも辛すぎる過去がある場合にも配慮した
独特な方法が準備されています。

チャイルドが傷ついている原因が、父親・母親にある場合には、
「インナーペアレント」のセッションと同様に、両親としっかりと向かい合い、
感情的、身体的、精神的な解放を目指します。

従来の年齢退行ではインパクトが強過ぎてしまう時、
あるいは従来のインナーチャイルドではどこか不十分で物足りない時にも、
何が問題となったのかを理解し、チャイルドを辛い状況から助け出して
癒すことができます。

実際にどんな出来事が起こっていたのかはっきりと覚えていない場合や、
全く記憶に残っていない場合などにもお勧めできるセッションです。

> 多次元セラピーとヒプノセラピーの違い


インナーチャイルドワークを学んで活かす

握手

インナーチャイルドワークは、
一度のセッションで完了するものではなく、
折に触れて行い、続けていくことで、いっそう癒しが深まります。
インナーチャイルドを癒すと、
チャイルドはどんどん成長し、変容していきます。

こうしたことから、個人セッションでは、
事前カウンセリングまたはフィードパックの際、
ご自宅で簡単に行っていただける
さまざまなインナーチャイルドワークを
ご紹介しています。

自己催眠(セルフヒプノ)としてのインナーチャイルドワークも、
お勧めしたいものの一つです。

インナーチャイルドを癒すワークは、
多次元セラピー・前世療法・ヒプノセラピーのスクール」の
「アドバンス・コース」と「多次元セラピー上級コース」でお伝えしております。

多次元セラピーの「インナーチャイルド」ワークにご興味がある方は、
スクールのページの「多次元セラピー上級コース」をご覧下さい。


blog

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniquei アット
     hypnotherapy8.net

虹

↑ PAGE TOP

> HOME

アイコン