多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

誤った思い込みのカルマ

2021年01月14日

多次元セラピーでは、いわゆる“未完了の仕事”を
カルマと考えています。

ある転生でやり残した物事、
それにまつわる後悔や心残り、罪悪感などの思いです。

出来ることならばやり遂げたかった…と
強く感じているのは、当事者であるご本人ですので、
カルマは、ご自分の思いから作られるものであると言えます。

カルマというと、何か罰のようなもの、償い、
ネガティブな重荷と捉えられがちです。

けれども、そんなことはありません。

あくまでも、「本当は達成したかった」、
あるいは「やらなければよかった」というところから、

次の転生では、「必ず達成しよう」、
あるいは「こんなことは二度としないようにしよう」と考えて、
次の転生の計画に組み込まれるのです。

カルマによって、次にやり直すチャンスが作り出されるのだと
前向きに解釈することが出来ます。

生まれ変わりにおいては、
取り返しがつかないことはなく、
何度でも、やり直す機会が与えられているのです。

さて、多次元セラピーのセッションのケースで、
時折、現れる厄介なものの一つに、
誤った思い込みのカルマ」があります。

前世・過去生の一つの体験から、
「やり遂げたかった」、
あるいは「しなければよかった」という思いが生まれますが、

「誤った思い込みのカルマ」とは、
その体験や出来事そのものに誤解や思い込みがあり
本来、その方が感じているような思いとカルマは
実は、必要のないものであったというものです。

たとえば、前世・過去生において、
責任者としてある重要なシステムを管理していたAさんが、
気のゆるみから人為的なミスをしてしまい、
その結果、大勢の人々が負傷することとなってしまいました。

Aさんは、そのことに心を痛め、激しく後悔し、
「次こそは、常に気を張って、怠りなく、管理をしよう」と
強い思いを抱きながら、その転生を終えました。

その切実な思い=カルマは、次の転生の計画に組み込まれ、
Aさんは、別の時代に生まれ変わり、
再び重要な任務を果たすポジションに着くのです。

このケースで、ミスを出した原因が、
本当はAさんのせいではなかったとしたら、
どうでしょうか?

AさんのライバルであったBさんが、
Aさんを陥れるために、ちょっとした細工をして、
システムに問題を引き起こし、
しかもそれをAさんのミスであったように見せかけた…
としたら、Aさんには、全く落ち度がないことになります。

Aさんは、後悔や罪悪感を覚える必要がなくなり、
カルマも作られません。

すなわちAさんのカルマは、
自分のせいで人々を負傷させてしまったという
「誤った思い込みから作られたカルマ」であったことになります。

このAさんのケースでは、
ライバル同士の競争心や邪悪な企てが絡んでいますが、
そうではなくて、偶然そうなったという出来事もありますし、
単なる自然現象であったという場合もよくあります。

たとえば突然の事故で、気を失ってしまった人が、
意識を取り戻した時、隣にいた奥さんの死に気付いたとしたら、
自分のせいでこうなったのだと思ってしまうかもしれません。

過去の時代には、防犯カメラや車載カメラによる記録はなく、
また裁判などの手続きが行われていなかった時代や文化もあります。

目撃者が一人もいない状況での事故や事件では、
いったい何が真実であったのかがわからず、
関係者が誤解や思い込み、誤った解釈をすることは、
私たちが想像する以上に、頻繁に起こっていたことなのです。

多次元セラピーによる前世療法で、
問題となった出来事に退行すると、
出来事の詳細が明らかになります。

事実関係はもちろん、その瞬間の思考、感情、感覚など、
通常の前世療法で受け取る情報とは
比較にならないほど多く、しかも詳細です。

たとえば、人が亡くなる時、
複雑な状況での死であったならば、
果たして本当の死因は何であったのか、
何が致命傷となったのかも特定します。

ですので、
丁寧に退行し、再体験していただくことによって、
その方がご自分のカルマだと思っていたことが、
実際には「誤った思い込みによるカルマ」に過ぎず、
持つ必要のないものであったと判明することがあるのです。

私がセッションをさせていただいたケースでは、
以前、一般的な前世療法を受けた時、
前世・過去生で大きな罪を犯していたようだったが、
多次元セラピーで、同じ転生を再度探求してみたら、
実際はそうではなかったとわかった方がいらっしゃいます。

ほかには透視リーディングのセッションで、
前世で不倫をしていた報いで、
今生は夫に先立たれたと言われた方が、
多次元セラピーをしてみると、
前世での出来事は不倫ではなかったとわかったこともあります。

占いや透視リーディング、チャネリングなどのセッションは、
興味深いものですが、クライアントの方が、ご自分の五感を使って
前世・過去生の再体験をするわけではありません。

占い師さんや透視リーダーの方から
「こんなカルマがありました」と言われたら、
「そうだったのか…」と信じてしまいがちですが、
退行して再体験したわけではありませんので、
本当のところ、何が真実であるかはわからないのです。

もちろん占い師さんや透視リーダーの方は、
ご本人に良かれと思い、
自信を持って伝えてくれているのでしょう。

しかしながら、伝えてもらったことが、
全て真実とは限らないという視点に立つことも
大切なこと
ではないでしょうか?

というのは、「誤った思い込みのカルマ」によって、
本来、持つ必要のない罪悪感に苛まれ、
長いこと苦しみ続けることがあるためです。

不運な出来事を、まるで天罰のようにみなしたり、
こんなカルマがあるのだから、
人生が上手くいかないのは当然のことだと
あきらめてしまったりする方もあります。

もしも前世・過去生における罪や、人の道を外れる行い、
他者を不幸にする出来事、
ご自分が原因となった(と言われた)事故や災害など、
カルマ的な体験があったらしい…と気になっている場合には、
一度、多次元セラピーのセッションで、
その時点に退行し、真実を探求してみてはいかがでしょうか?

その時の細やかな心情や、隠された事実、
他者の思惑、本当の原因などについて、
ささやかなことも見逃さずに、臨場感を持って、
精緻に再体験をしていただけることでしょう。

カルマは、新たなチャレンジであり、
元々、否定的なものではありませんが、
「誤った思い込みのカルマ」は無条件に必要ないもの、
むしろ有害なものだと言えます。

誤った思い込みのカルマを癒す多次元セラピー


タグ:,

この記事にコメントする

書き換えをしない多次元セラピー

2021年01月09日

ヒプノセラピーを学ばれた方や、
ヒプノセラピーを受けたことのある方は、
「書き換え」という言葉をご存じかと思います。

今日は、皆さまからよくご質問をいただく「書き換え」について
お伝えしたいと思います。

「書き換え」は、ヒプノセラピーでよく使われる技法の一つです。

文字通り、過去の出来事を書き換えることによって、
実際に起こったこととは異なっていたかのようにしていきます。

書き換えは、
ヒプノセラピーが日本に入ってきた当初からあるもので、
現在も、数多くのヒプノセラピストの中で
支持され、用いられているようです。

私が初めてヒプノセラピーを学んだのは、
20年以上も前のことになりますが、
当時、通っていたスクールで、
書き換えについて、どのように行うのか解説があり、
実際に練習もした記憶があります。

当時、ヒプノセラピーの書き換えは、
ポピュラーで一般的な手法でした。

書き換えが用いられる場面として多いのは、
トラウマ的な体験です。

たとえば、子どもの頃、虐待を受けていたAさん。

そのトラウマを癒そうとするセッションで、
時間を遡って子どもの頃に退行していくと、
お酒を飲んで父親が暴れているイメージが現れます。
父親は、特に理由もないのに、その子に暴力を振るい始めます。

母親も家の中にいるのですが、父親を怖れて何もできず、
息を殺しています。
誰も、子どものAさんを助けたり守ったりしてくれません。

このような時、たとえば母親が毅然とした態度で父親を諭し、
Aさんをしっかりとかばい、暴力から守ってくれたように
ヒプノセラピストは「書き換え」をするかもしれません。

あるいは、父親が自分の言動にはっと気付いて暴力を止め、
Aさんに謝ってくれた…と 「書き換え」 るかもしれません。

いずれにしても、実際に起こったこととは異なる
もう一つの「現実」があったかのようにして、
Aさんの苦しみを和らげようとするのが書き換えです。

イメージの中で、母親には安全に守られ、
父親はもう二度とこんなことをしないと謝罪し、
子どものAさんはほっとして、心に安らぎを取り戻した…
という別のストーリーが作られたわけです。

Aさんの潜在意識の中で、虐待のトラウマが、
現実とは異なる、より平和的でポジティブな出来事に
取り換えられることを目指す方法であると
考えることが出来るでしょう。

このような技法が書き換えですが、
実は多次元セラピーでは、書き換えを使うことはありません。

その理由は、実際の出来事を、
別のストーリーや状況に変えてしまうのは、
表面的な操作に過ぎず、
持続的な癒しとはなりにくいためです。

あるクライアントの方は、書き換えの話をしている時、
「上から修正テープを貼るようなことですか?」
…とおっしゃっていましたが、的を射た表現だと思います。

修正テープは、時が経てばいずれ剥がれ落ちて、
その下に隠されていた辛く恐ろしい事実が露出するでしょう。

持続しないというのは、そういう意味です。

表面的に事実を取り替えてみても、
トラウマが無かったことにはなりません。

その出来事が起こった過去の時点から今日に至るまで、
その方は、絶え間なく、
否定的な影響を受け続けているのですから。

では、多次元セラピーでは、書き換えを使わずに、
どのようにしてトラウマを癒すのでしょうか?

その辛い出来事を回避したり、遮断したりせずに、
退行し、リアルに再体験をしていただくことで、
その時に感じていたさまざまな痛み、辛さ、苦しみ、
悲しみなどの感情や感覚、想念が浮上してきますので、
それらを余すところなく、丹念に解放していくのです。

感情、思考、感覚、そしてエネルギーの
あらゆる側面からはたらきかけます。

辛く苦しい出来事を再体験するには、エネルギーが要りますし、
簡単に行えることではありません。

けれども、ひとたび勇気を持って再体験をされると、
深い解放と癒しが起こり、
その後、その体験から影響を受けることは無くなっていきます。

このように、多次元セラピーでは、表面的な操作ではなく、本質的な解放を促すこと、
最悪の部分から目を背けず、
あらゆる影響を全てきちんと癒すことを原則としています。

世の中には、
セッション中のトラウマの再体験はなるべく避ける、
という方針を採るヒプノセラピストも少なくないようですが、
こうした方針とは、だいぶ異なるアプローチかもしれません。

しかしながら、これまでのセッションのケースを振り返ってみますと、
「書き換え」を用いるよりも、こちらのほうが、
はるかに深い癒しがもたらされていることが分かります。

過去の辛い出来事の書き換えを体験されて、
現在、何となく辛さが残ってしまっている、
すっきりしない、生き辛い…と感じられている場合には、
一度、多次元セラピーを受けてみてはいかがでしょうか?

ご参考までに付け加えると、
リアルな再体験が望ましいとはいえ、
やはりどうしても辛過ぎて再体験が難しい…という方には、
エネルギーレベルでトラウマを解放する
エネルギーヒーリングを選択していただくことが出来ます。

ヒーリングのセッションでは、
過去を思い出す必要がありませんので、
比較的、楽に受けていただけることでしょう。

ホリスティックヒーリング は、こちらのサイトでご覧いただけます。


タグ:,

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2021年1月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  メールアドレス



木漏れ日



↑ PAGE TOP

> HOME