多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

レイキヒーリングと手かざしのパワー

2018年05月14日

「手かざしを受ければ健康になれる」として
お布施を集めていた宗教法人の記事を、
ネットニュースで見かけました。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/415655/

「手をかざす」ということによって、
それに伴う何らかの効能・効果を伝えている団体は、
西日本新聞に報道され裁判となっているこの法人ばかりではなく、
ほかにも複数あるようです。

「ハンドパワーで病気が治る」とか、「病気を治す」というPRは、
いかにもいかがわしさを感じさせるものではありますが、

重いご病気にかかってしまった時や、
不運に見舞われて先行きが見通せないような時には、
つい心が動かされ、多額のお金を払ってでも救われたい、
何とかして治して欲しい…と思ってしまうのでしょう。

レイキセミナーで、レイキヒーリングをお伝えしている私の立場からすると、
こうした報道は、たいへん心が痛み、辛いものであると同時に、
世の中のレイキの対する見方に否定的な影響を及ぼすだろうと、
憂鬱な気分になります。

手をかざして、手から特別な力が出る…という部分だけを見たら、
「レイキも同じでしょ?」と言われてしまうかもしれません。

しかしながら、これは大切なことですが、レイキは宗教ではありませんし、
お布施や寄付とも無縁です。

レイキヒーリングと手かざし宗教法人の違いはどこにあるかと言いますと…

まずは、この報道でも、問題の焦点となっているお金です。

レイキヒーリングの個人セッションでは、セッション代金がかかりますが、
法外な金額の設定は、普通はあり得ません。

たとえばアロマセラピーのトリートメントや、美容院でのヘアカットと同様に、
その時間枠に要する技術と労働力の対価として、料金が発生します。

レイキヒーリングセミナーの場合は、セミナー代金が発生しますが、
これは、他のさまざまな分野のセミナーと同様、
レクチャー代やテキスト代であり、
現代レイキでは、NPO法人現代レイキヒーリング協会の料金に基づいて
設定されているものです。

セミナー受講時に、一度だけ、お支払いいただき、
その後、何らかの名目で料金が追加されることは、全くありません。

次に、誰が手かざしをするかという点があります。

宗教法人では、おそらく組織の中に手かざしをされる位の高い方がおられて、
信者さんや依頼者さんは、その方から、
特別な力(ハンドパワー)を照射してもらうのだと思います。

それに対してレイキヒーリングは、セミナーを受講された方が、
ご自分でレイキとつながり、
レイキをいつでも自由に使うことが出来るようになります。

レイキヒーリングをご自分に対して使うことも出来ますし、
他者にヒーリングをして差し上げることも出来ます。

特別な能力などがなくても、どなたでもレイキとつながり、
レイキヒーリングをすることが可能です。

さらに大きな違いは、「治る」「治す」という点です。

あまり知られていないことだと思うのですが、
レイキヒーリングは、
「治してあげましょう」「痛みを取り除いてあげます」という念をもって
行うことはありません。

「疲れや不調を癒したいからヒーリングをするのでは?」と
お考えになるのは、無理もないことですが、
こうした姿勢のヒーリングには、どうしてもエゴが入ってしまうのです。

エゴ・我欲によるヒーリングは、
高周波数のレイキ(霊気)とのつながりを断ち、
レイキが上手く流れていかなくなってしまうのです。

ですので、レイキヒーリングでは、まずヒーリングの意図を定め、
そしてレイキとつながり、共鳴し合ったならば、
あとはただ無心にレイキを受け取り、受け手に流していくのです。

すなわちレイキは、「念の力」や「気」、「パワー」というものとは
対極的なものであり、本来の性質が異なっているということになります。

このように、レイキと宗教法人の手かざしは、
完全に別のものなのですが、
残念ながら、世の中には、レイキの間違った解釈や用法が、
少なからずあることは否めません。

たとえば、お砂糖にレイキヒーリングをしてから食べさせて、
「どうです、甘くなくなったでしょう?」

あるいは、ビールにレイキヒーリングをしてみせてから、それを飲ませて、
「味が美味しくなりましたね?」などという、
不毛なデモンストレーションです。
その背景には、パワー信仰があり、
パワフルなヒーリングは優れたヒーリングという信念が見え隠れします。

パワーを分かりやすく見せつけて、レイキの効果はすごいと思わせ、
レイキの権威を高めようというのかもしれません。

レイキは調和と癒しの波動。
お砂糖やビールに使うこと自体は結構ですが、
そんなことで「パワー」を納得してもらう必要があるでしょうか?

安心立命の境地、すなわち何が起こっても、心が動揺せず落ち着いて、
心身が最高度の調和の状態にあることが、レイキの目指すところです。

レイキヒーリングは、まず受け手の内面に作用し、
それから身体面に浸透していきます。

ですので、ヒーリングを受けた方が何かを感じられるとしたら、
まずは穏やかさや安心感、気付きなどになります。

物理的な変化(たとえばエンパワーや痛みの軽減など)は、
その後に、徐々に起こってきますが、
最初からそこを狙ってヒーリングを行うのは、
エゴによる力技ということになるわけです。

ご参考までに、レイキヒーリングセミナーでは、
ヒーリングをする際の原則や注意点、
エゴに引っ張られず、念の力を使わないためのコツなどを
丁寧にお伝えしています。

これまでに人にヒーリングをしたことがない初心者の方でも、安心して、
自信をもって、レイキヒーリングをしていただけるようになるでしょう。

レイキの誤用・濫用や、ゆがんだ解釈・期待、
レイキまがいの怪しいヒーリングに陥ることがなくなるように、
多くの方々に、レイキ創始者である臼井先生のお考えや
レイキヒーリングの真実を知っていただければと願っています。

レイキヒーリングセミナー

タグ:| レイキヒーリング |

トランスパーソナルな探求なら多次元セラピー

2018年04月28日

多次元セラピーを学んでから
10年あまりが経ちました。

10年ひと昔…といいますが、
感慨深いものがあります。

最初は、今まで体験したこともなく
学んだこともなかった斬新な手法に驚き、
習得欲をかき立てられて、
2年後、ハンス・テンダム先生の養成コースを受講し、
試行錯誤しながら研究しました。

そこからは、実践に次ぐ実践の日々となりましたが、
この新しいトランスパーソナル退行療法の、
癒しのツールとしての底力を、
日々、実感しています。

セッションをさせていただくたびに、
その凄さや広がりを再発見して、
トランスパーソナルな探求には、
限界がない…とまで思うようになっています。

トランスパーソナルな領域には、
科学的には解明できない要素があり、
人の心の深層(潜在意識)にもまた、
いまだによく知られていない
知恵やシステムがあるようです。

多次元セラピーの実践の場では、
この両方の要素が現れてきますので、
そこには言葉では言えないような
不可思議なイメージや、
その方にとっての心の真実や、
自己治癒力の驚異的な作用などが、
目撃されることになるのです。

混沌としたものや複雑なもの、
理屈を超えたワンダーはたしかに在ると
思わずにはいられません。

そして今では、だいぶ熟成した感じになっていて、
多くの方々の癒しのサポートツールとして、
ディープに掘り下げるプロセスを支えてくれたり、
通常のヒプノセラピーと併用したり、
どんな局面でも安定感のある活躍をしてくれています。

たいへん残念なことですが、
多次元セラピーを、
ハンス先生から国内で直接学ぶ機会は、
今後、訪れそうもありません。

10年あまり経った今も古びず、
新たな探求の可能性をもたらしてくれている
多次元セラピー。

魂や中間生、目には見えないエネルギー作用をも含めて
ご自分を、もっと深いレベルで探求してみたいと思われましたら、
一度、多次元セラピーのセッションにお越しいただければと思います。

一般的な前世療法や、透視リーディングを過去に体験されていて、
何となくの物足りなさや違和感、
もっと何かがあったはずという感覚を覚えたならば、
お勧めしたいのが多次元セラピーです。

セラピストとして、よりトランスパーソナルな探求を
クライアントの方に提供したいとお考えの方にも、
自信をもってお勧めしたい癒しのツールの一つです。

多次元セラピースクールでは、
トランスパーソナル退行療法に
ご興味のある多くの方々をお待ちしています。

深層意識とトランスパーソナルセラピー

タグ:| 多次元セラピストから皆さまへ |

憑依を解放するワークで人生を取り戻す

2018年03月26日

多次元セラピーの中に含まれる
「憑依の解放ワーク」。

通常のヒプノセラピーには無い
斬新で効果の高いヒーリングワークです。

この「憑依の解放」というところにご興味を持たれて
多次元セラピースクールやセッションに
お越しになる方が少なくありません。

「憑依」という言葉は、
一見、恐ろし気で怪しい雰囲気ですが、
多次元セラピーには、明確な定義があります。

それは、
「その方に属していないエネルギーが
 否定的な影響を及ぼしている状態」。

…というと、
思い当たることのある方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

属していないのですから、たとえばご家族や友人、知人、
職場の上司やライバル、元カレ… などから、
体を持たないエネルギー的なものまで、
憑依にはさまざまなケースがあるのです。

憑依が起こると、
慢性疲労や気分の落ち込み、悲観的な気分、
そして体調不良などが起こり、
不運や不幸な出来事が続くことも…。

自分とは全く関係がないという方もある一方で、
エネルギーに敏感な方や、エンパス、霊媒体質の方々にとっては、
日常によくある厄介な体験と言ってもよいででしょう。

憑依でお困りの方がたいへん多く存在していて、
ご自分でワークして、解放したいというご要望があります。

そうしたニーズは、
私が想像していたよりも、はるかにたくさんあり、
ノウハウをお伝えして、ご自分で憑依を取り除いていただき、
他者や外界からネガティブな影響を受けずに、
その方らしく、自由に伸び伸びと、
日々を過ごしていただけたらと思っております。

「憑依を解放するワーク」は、多次元セラピー上級コースの中から、
「憑依」に関係する部分のみを取り出してお伝えしているセミナーです。

「私はプロの多次元セラピストになる予定はないので、
多次元セラピー上級コースを受講する必要はないけれど、
憑依は自分で取り除くことが出来るようになりたい…」

これまでに、そう思う数多くの方々に習得していただきました。

憑依の解放は、目に見えないエネルギーにはたらきかける
トランスパーソナルなワークです。

ですので、ノウハウを習ったからといって、
「すぐに行えるようになるものなの? 」と思われるかもしれません。

驚かれるかもしれませんが、
「憑依の解放ワーク」には、
特別な能力や資質は、必要ないのです。

テキストの手順を理解して、それに沿って注意深く進めていけば、
通常、憑依の解放が起こります。

後は、経験を重ねて慣れていくこと。

実践する中で、何かわからないことがあれば、
フォローアップをさせていただいております。

「憑依を解放するワーク」の受講に要する時間は、
個人差が大きいのですが、短くて2日、長くても4日ほど、
料金は40,000円です。

習得されると、ご自分の憑依はもちろんのこと、
ご家族やお友だちにもワーク出来ます。

また、障害のある方や認知証の方、ペットなど、
対話が成り立たずワークが困難な方に対しては、
別の方を代理に立てて行う代理セッションが可能で、
その方法についても、セミナーの中でお伝え致します。

もしも憑依という言葉から、
何か思い当たることや気になることがありましたら、
いつでもお気軽にご相談いただければと思います。

私は、極度のエンパスと霊媒体質で、
若い頃から憑依的な影響に悩まされてきました。

そのころの辛さや苦しみを思い出すたびに、
多次元セラピーと出会えて、本当に良かったと感じています。

憑依があると、
自分の人生が、自分の人生ではなくなっていきます。

一人でも多くの方が、ご自分の力で憑依から解放されて、
人生や大切な人間関係を、ご自分の手に
しっかりと取り戻しされることを願ってやみません。

多次元セラピー 憑依の解放ワーク

タグ:, , | 憑依と憑きもの払い |

自分の本質を知ると適職が分かる

2018年03月21日

年度末、新しいお仕事を始める方や、
転職される方、ひとます退職される方など、
希望、あきらめ、安堵と、
複雑な感情が渦巻く時期です。

セッションルームにお越しになる方の中には、
お仕事で行き詰っている…という方が、少なからずおられます。

私も、セラピストとなる前は、20年余年に渡って、
一般的な職業人として過ごしてきましたので、
職場に起こり得るさまざまな問題については、
ひととおり、体験してきました。

なぜストレスが大きいのか…?
なぜ人間関係で苦しむのか…?

…ということについて、事前カウンセリングで、
じっくりとその方のお話をお聴きすると、
背景にあるテーマはそれぞれに複雑であっても、
実は、職場や職業の選択そのものに問題があったのだと
気付かれることがあります。

その方が望んでいるお仕事が、
(そんなはずではなかったのに、その職場では) 見当たらない、
その方の志向に合っていないお仕事を (どうしても) こなさなくてはならない、

あるいは、不適応であるにもかかわらず、
そのことにほとんど気付かれていない場合もあります。

そんな状況で、ポジティブシンキングを心がけ、
ご自分を励まし、歯を食いしばって頑張り続けても、
本質的なところでくい違いがあるのでは、
幸せへの道は、開けていかないでしょう。

奮闘努力や我慢が実り、お仕事が上手く進んでいくとしても、
果たして満足感や充実感を得られるものでしょうか?

このようなケースでしばしば問題となるのは、
待遇や報酬とのバランスです。

通勤などの条件が良いし、人間関係にも恵まれ、
上司からも期待されている、
しかも望んでいる以上の豊かな収入が得られている…となると、
「お給料は、我慢料」などとご自分を納得させて、
ズルズルと続けてしまうことに…。

そして、やりがいのある仕事をして収入が得られるなんて、
虫のいい話だ、
好きなことを仕事に出来るなんて幻想だと、
ご自分を納得させて、
ついにはあきらめてしまうのです。

この人生は一度だけ。

そしてその方のユニークな資質と才能、意欲、パーソナリティは、
比類ないものです。

ご自分にはどのような資質・才能があるのか?
心と魂は、本当は何をしたくてここにいるのか? ということを
少し探求してみるならば、
まずはご自分に対するイメージが変わっていくでしょう。

そして、その方にとってのかけがえのない価値が、
果たして何であるかを理解されていくはずです。

たとえそれが、親兄弟、夫や妻、知人・友人たちの
期待とは、一致していなかったとしても。

歌の歌詞にある「オンリーワン」という言葉はご存じでも、
本気でご自分にとってのその意味を探求される方は、
どのくらいおられるでしょうか?

組織の中で自己成長し、貢献することを求めている場合もあれば、
独立してフリーランスとなったり、起業をするのが向いている場合もあり、
ひとところに根を下ろして取り組む伝承的、伝統的なスタイルもあれば、
世界中を駆け巡りながら、刷新や変化を呼び起こす役回りもあります。

あきらめることなく模索していく先に、
その方にとって、納得のいく、決して譲れない価値観があり、
見出されるのを待ち続けていると、想像してみて下さい。

自分をより良く知り、自分の本質とつながる時、
心が何を望んでいるのかがわかり、
どのようなお仕事が適職であるかに気付いていきます。

そして、そんなお仕事に就いても、
もちろん困難や苦労はあるものですが、
苦労を苦労とは感じないばかりか、いっそうのやりがいをもって
チャレンジを楽しむことが出来るでしょう。

自分をより良く知ること、すなわち自己覚知には、
さまざまな方法があります。

その方の才能や資質の発見に役立つ複数のツールを使って
パーソナリティを解き明かしていく「自己覚知セミナー」や、

潜在意識にアクセスしてこの人生の目的を確認するヒプノセラピー、

この人生をスタートする前に、
魂が人生の計画を立てるところに退行する多次元セラピーなどを活用して、

あなたのユニークな”本質”を見つけてみませんか?

お仕事や職場のお悩みを解決するには、
職場やそこにいる人々のことをあれこれと分析するよりも
むしろご自分の内面に目を向けて、心の深層を探求するのが役立つことに
きっと気付いていただけることでしょう。

多次元セラピー 退行療法 自己覚知セミナー

タグ:, , , | 自分らしさ発見 自己覚知セミナー |

自分らしくいられない その4 憑依

2017年09月08日

自分らしくいられない原因は何か?

今回は、文字どおり、自分ではない何ものかによって、
自分らしさが阻害されているということを考えてみましょう。

自分ではない何か…とは?

多次元セラピーでは、
自分に属していないエネルギーという言い方をよくします。

その方のオーラ(エネルギフィールド)の中に、
その方に属していないエネルギーが入り込んで、
否定的な影響を及ぼしていることがあります。

多次元セラピーでは、それを「憑依」と呼んでいます。

言葉の響きは怪しそうではあるものの、
実際に自分らしくいられない経験をされたことのある方は、
何となくご理解いただけるのではないでしょうか?

自分のものではない感情、感覚、思考があることに
ご本人が気付いている場合があります。

また、そこまではっきりとはしないけれど、
何となく、いつもの自分ではないように感じている場合もあります。

このような感覚というのは、言葉ではなかなか言い辛いのですが、
自分で認識して受け入れている自分らしさ…というのとは
少し異なる感じ‥といったらよいでしょうか?

他者の思考や想念、エネルギーなどが、その方の中にあると、
敏感な方は、そちらに引きずられて、
思うように行動が取れなくなったり、
物事が前に進みづらくなったり、
自分のものではない感情に揺り動かされたりします。

ほかにもいろいろなことがあり、
多くの場合、疲労感や消耗、心身の不調を覚えます。

これまでのセッションケースを振り返ると、
私たちが想像している以上に、
こうしたことは、日常、頻繁に起こっているようです。

たとえば、ご両親や祖父母が、その方のことを気にかけ、
心配や不安を向けている時、
その心配や不安などのエネルギーが「憑依」してくると、
たとえ親心や思いやり、善意からであっても、
その方にとって、マイナスの作用をもたらしてしまいます。

亡くなった親族の方の後悔や心残り、執着などが
その方に入り込んでしまう場合もあります。

人が発する想念や感情のパワーは、
時に破壊的な影響力を持つということです。

憑依を受けたその方が、故人を深く愛しており、死別を惜しみ、
故人に依存していたり、愛着が深過ぎたりする場合には、
その方のほうから、憑依を引き寄せてしまうこともあります。

憑依については、実に多様なケースがあります。

多次元セラピーでは、なぜ憑依を受けてしまったのかを解き明かし、
解放に向けてはたらきかけていきます。

トランスパーソナルな領域も扱いますので、
目には見えないエネルギーの作用や、
驚くような現象の背後に潜む事情なども、
丹念に明らかにしていくことが出来るのです。

憑依を解き明かし、動機や目的を探求し、癒して解放する方法は、
通常のヒプノセラピーにはなく、
多次元セラピーならではのユニークな手法です。

既に書きましたように、自分らしくいられない原因としては、
親子関係やエネルギー感受性といったものもあり、
実は、「憑依」は、こうした別の原因とも
リンクしているケースが少なくありません。

人の心は複雑なものです。

オーラや輪廻転生なども含めて、
人間をトランスパーソナルにとらえるならば、
考え方、見方によっては、全てがつながり合い、
「原因はこれでした」と簡単に言うことは困難です。

自分の中に、他者のエネルギーが入り込んでいる時、
それを見つけて取り除く方法としては、
多次元セラピーを用いるほかに、エネルギーヒーリングがあります。

エネルギーヒーリングをしたり、
霊能力者の方に依頼したりする方法とは異なる、
多次元セラピーならではのメリットは、
どんなエネルギーが、いつ、何を目的として憑依していたのか?
その詳細がわかるというところでしょう。

とにかく解放したい、解放出来ればよいというのではなく、
何が起こっていて、なぜ自分らしくいられないのかを
深く探求したい方に、特にお勧めしたい方法です。
多次元セラピーで憑依を解放する

タグ:| 憑依と憑きもの払い |

blog

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME