多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

上司が怖くて相談できなかった…  そうなる前に

2019年01月31日

上司が怖くて相談や報告ができなかったので
仕事を辞めたという方が、
増加傾向にあるという記事をネットで見ました。

仕事をどのように進め、成果を上げるか以前の問題です。

こうしたお悩みを持つ方と、
セッションルームでお会いすることがあります。

その方々が、求めるのは、まず
「メンタルが弱いので、強くしたい」

次に多いご希望は、
「怖い上司と上手くやっていくノウハウを知り、
それに必要な資質を強化していきたい」

ということです。

もっとこうなりたいというビジョンの元に、潜在意識にはたらきかけ、
潜在意識を活用して、ご自分を改善しパワーアップしていこうとする、
たいへん前向きな姿勢だと思います。

潜在意識の膨大なデータベースの中には、
この問題に関わる否定的な要素があるかもしれませんし、
まだ発揮されていない優れた才能・資質が眠っている可能性もあります。

「潜在意識の活用・自己催眠セミナー」では、
潜在意識を味方につけるやり方をお伝えして、
このようなニーズにお答えすることが出来ます。

さて、ここでもう一度、考えてみたいのですが、
「上司が怖い」というのは、
メンタルが「弱い」、劣っているということでしょうか?

もちろんそれはありますが、そうでない場合もあるのです。

性格、気質、パーソナリティの特性や、
特定の相手との相性が存在しているのは、否定できないことだからです。

自分はどのようなパーソナリティなのか?
あるいは、生まれ持った性格は、どうなのか? について、
一度、深く掘り下げて、検討してみるのも良いでしょう。

古代からの人間理解の叡智の結晶であるエニアグラムでは、
9つのタイプに分けて、詳しく解説しています。

それぞれのタイプの解説を読むと、身近な人の顔が自然に思い浮かんで、
あまりにもあてはまるので、可笑しくなってしまうかもしれません。

自分のタイプと、天敵のような相手のタイプを
知り、理解できるばかりではありません。

エニアグラムでは、そのタイプ特有の問題点、弱点、
ストレス下や追い詰められた状況での心理や行動なども分かります。

それを知ることで、自分に合った心の持ち方や生活上の心得、
対人関係の知恵などが解明され、
深い洞察や現状へのヒントがもたらされるのです。

例えていうならば、
ただがむしゃらにきつい筋トレを続けていくのではなくて、
効率よく無駄がない、自分に適したプログラムに参加して
楽に目標を達成するといった感じでしょう。

これは重要なことですが、
「上司が怖い」という問題の起源を探っていくと、
過去のトラウマ、そして幼少期の親御さんとの関係に行き着くことが
少なくありません。

何が原因で上司が怖いのかを探求し、解放しようとするには、
多次元セラピー(退行療法)がたいへん役立ちます。

効率よく無駄のない退行を重ねて、さまざまな意識の次元を探り、
問題となった出来ごとを再体験しながら、
それにまつわる否定的なエネルギーを解放していきます。

もしかすると、単にメンタルが弱いのではなく、
親御さんの善意(親心)とともに受け取ってしまった言葉や
「刷り込み」(プログラミング)によるのかもしれないことが分かります。

その刷り込みは、自分を守ることや
親から愛され、認められることにとって、
この上なく重要であるため、長年に渡ってその方の中に留め置かれたまま、
同じような状況になるか、何らかの引き金を引かれるたびに
繰り返され、いっそう強化されていきます。

このような場合は、潜在意識の活用セミナーで、
潜在意識の特性を知り、ポジティブな暗示をかけたり、
NLPを使ってメンタルを強化したりしても、
思うような変化は起こりにくいでしょう。

親子関係や過去のトラウマを癒すなんて、
時間もかかりそうだし大変なことだと思われるかもしれませんが、
目標達成にとって、かえって近道となるかもしれません。

これまでのケースを振り返ってみても、
人間関係で問題が起こるのは、メンタルが弱いことよりも、
むしろ親子関係・トラウマ問題によることが多いのです。

もしもこの機会に、じっくりと過去を見つめ直し、
親子関係・トラウマを潜在意識レベルから癒して解放出来たとしたら、
「上司が怖い」だけでなく、他の多くの場面や状況、対人関係において、
もっとご自分らしく、伸び伸びと振る舞うことが出来るようになり、
権威への怖れや委縮から自由になり、望むとおりの自己実現に向かうことが
容易に出来るようになっていかれるでしょう。

つまり、今、目の前にある問題に限定されずに、
より広範囲の問題も同時に癒しへと向かい、
人生そのものが好転していくきっかけとなるかもしれないということです。

何か問題が起こっている時、それは心の深層から浮上してきたシグナルであり、
それをポジティブな変容へのチャンスであると、とらえてみることが出来ます。

挫折や失敗、悪い方向へ進んでいるとみなして自信を失ったり、
自己嫌悪に陥ったりしていたら、
大切な人生の時間が勿体無いことになってしまいます。

この絶好のチャンスを逃さずに、心の深層を多次元的に探求し、
自己成長への道を選択
されてみてはいかがでしょうか?


タグ:, ,

この記事にコメントする

多次元に渡る探求とトランスパーソナルな視点

2019年01月18日

多次元セラピーを始めてから10年あまりが経ち、
個人セッションでの実践と共に、スクールにて、
多次元セラピーにご興味のある
多くの方々にお伝えしてきました。

多次元セラピーを習得された方々が、
身近な環境やお仕事などで活かしておられるのは
たいへん喜ばしいことです。

私個人の実践を振り返ってみると、
セッションでは、驚くような展開や発見があり、
トランスパーソナルな探求の奥深さに感銘を受ける毎日です。

トランスパーソナルな世界観とは、
見えないエネルギーや魂、カルマなどが
普通に存在している時空間です。

そうしたものと無縁に過ごされている方も
たくさんおられるかと思うのですが、
では、その方々には、見えないエネルギーの影響が及ばず
無関係かと問われれば、決してそうではありません。

このあたりが、なかなか悩ましく難しいところです。

今まで、想像もしていなかった問題や影響の起源が、
多次元セラピーのセッション中に、
マインドで理解できる形をとって現れ、
なぜそうなったのかが解き明かされていきます。

それらは、その方の潜在意識から立ち現れるイメージですので、
否定のしようがありません。

そうはいっても、その中には、
にわかには信じ難いようなイメージも含まれており、
印象深く、忘れ難い記憶となるのです。

そもそも潜在意識から現れるイメージは、
意識化できない心の深層を映すものであるため、
それ自体が不可思議で、まるで物語のように感じられるものです。

それに加えて、魂や生まれ変わり、カルマ、憑依的なエネルギー、
体を離れてどこかへ消えてしまったその方の一部分や魂の欠片など、
知性や人生の経験からみると、
荒唐無稽と感じられても不思議ではありません。

比較的知性を重視される方であれば、
なおさら受け入れ難いと感じられることでしょう。

私は、こうしたトランスパーソナルな世界が
「在ります」「在るのです」と
言いたいわけではありません。

セラピスト、ヒーラーとしての立場からは、
その方にとっての癒し、解放、変容が何よりも大切です。

その癒しや変容が促され、もたらされるために役立つ要素として、
潜在意識からのイメージや、深層心理に触れること、
トランスパーソナルな視点などが有用であるならば、
ぜひとも使ってみましょう…というスタンスです。

多次元セラピー、ヒプノセラピー、前世療法など
催眠トランスを用いて潜在意識にアクセスする手法においては、
セッション中に起こることの全てが、
その方の潜在意識の中から生まれます。

そこには、叡智とパワフルな自己治癒力が在りますので、
セッション中に現れてくるイメージの一つひとつには、
深い意味があり、ヒントや気付きが内包され、いずれも等しく重要です。

それは時に、非日常的で、今まで思い描いたこともなかったような
トランスパーソナルなイメージとなって現れることもあるということです。

その方が目指す最高最善の気付きと癒し、解放が起こるように
潜在意識という、近いようで遠い未知の領域への扉を開いて、
ご一緒に探求をしてみませんか?

多次元セラピーという名称のとおり、
多次元に渡る意識次元を縦横に巡りながら
きっと求める何かを受け取って、
日常に持ち帰ることが出来るでしょう。


タグ:

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2019年1月
« 7月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



光がふりそそぐ森の画像



↑ PAGE TOP

> HOME