多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

自分のものではない感情や感覚はどこから?  多次元セラピー

2015年08月17日

怒りや不安、寂しさなどは、
居心地がよくない感情として、あまり歓迎はされないものです。

けれども、そうした不快な感情があることで、
今、何が起こっているのか?
自分は何を求め、何に反応しているのか?
…などがわかるきっかけとなります。

「本当は優しい言葉をかけて欲しかったのに、
無視されてしまった…」という気持ちがわかったり、
「思っていたほど自分に自信を持っていなかった…」
などと気付かされることもあります。

そして、顕在意識(表層意識)においては、
なぜそんな感情が湧いてくるのか、振り返ってみてもわからない時、
潜在意識は本当の思いを伝えてくれるのです。

不安や怒りは、何かの拍子に突然、湧き起こってきて、
抑えきれないほど強いものとなることがあります。

しばらくの間、圧倒され、翻弄されるままとなり、
何も考えられなくなってしまうような状態です。

このような時、私たちは、自分を責めてしまいがちです。

もう大人なのに、感情のコントロールが出来ていないのは、
恥ずべきことであり、あってはならない不始末とさえ思い、
落ち込んでしまうのです。

意志の力を使って感情を抑制しようとしたり、
簡単なワーク、たとえば深呼吸、マントラ、水を飲む、
甘いものを食べる、外に出るなどを、試してみたりするかもしれません。

冷静に分析をして、前向きに努力をしていくのは素晴らしいことですが、
実はそれだけでは解消できないこともあるのをご存じでしょうか?

一時的、一過性のものなどではなく、
幼少期や胎児期の記憶には残っていない体験から、
その猛烈な感情の波が押し寄せてきている場合があります。

またサブパーソナリティ(副人格) のセッションをしてみると、
想像もしていなかったサブパーソナリティの言い分がわかって愕然とし、
心の奥底に閉じ込めていた本当の本音と
向かい合うことになる可能性もあります。

感情の波は、ふだん軽視していたことや、見過ごしていたこと、
ないがしろにされていた気持ちを浮上させ、
癒されるのを待っていた何かに目を向けるのを
助け、促してくれるでしょう。

コントロールできないほど激しい感情がある場合、
もしかすると、前世・過去生の出来事からやってきている可能性もあります。

潜在意識の中には、記憶ではたどれない古い起源も
保存され続けているのです。

多くの皆さまが、あまり考えてみることのない可能性として、
その感情が、実はその方のものではない…ということあります。

感情の中には、誰か別の人物の同じ感情が含まれていたり、
それどころか、ほんのわずかな感情に、
圧倒的な他者の感情が加わって増幅され、
コントロールできないほどエスカレートさせていたりすることがあります。

外部から侵入している別人の感情があることを、
多次元セラピーでは、「憑依」と呼びます。

もしも憑依によって激しい感情が湧いてきているならば、
個人的な努力や頑張りによって解消されることはまずありません。

どんな理由や目的で、いつ、何が、憑依することになったのか、
丁寧に探求し、癒していくことになります。

憑依が解放されたならば、おそらく問題となっていた感情は、
その方が十分扱える程度の、普通レベルの感情に戻っていくはずです。

感情や感覚、時に思考、信念、行動パターンなどの問題は、
ここに挙げましたように、
実にさまざまなものが原因となって発生しています。

多次元セラピーでは、その原因がどこから来ているとしても、
一度のセッションで、問題の起源に戻り、癒して解放することが出来ます。

インナーチャイルド、年齢退行、胎児期退行、サブパーソナリティ、
前世療法など異なる種類のセッションを次々に行い、
数回に渡ってセッションを続けていかなくても済むことになります。

しかもたいへん効率が良く、問題の核心をはずすことなく、
直接的にアプローチができます。

目には見えないエネルギーや魂、カルマなどをも視野に入れた
トランスパーソナルセラピーですので、
想像もしていなかった原因と出会って驚かれるかもしれません。

驚いたりショックを受けたりは、
出来ることならば無いに越したことはないものの、
これまでに想定していたものを越えたところにある驚くべき原因がわかると、
それ以降、備えたり注意を払ったりし、
よりよい日々のための心がけに結び付くでしょう。

今生の過去、幼少期、両親との関係など、
理解が容易で記憶にも残っている出来事の背後には、
さまざまなエネルギーや心的メカニズムが作用していることがあります。

深いレベルで、感情、精神、身体、魂の全体に渡って探求しようとする時、
多次元セラピーは、きっと心強いサポーターとなってくれることでしょう。

多次元セラピー 退行療法 トランスパーソナルな探求と癒し


タグ:, , ,

この記事にコメントする

多次元セラピー集中講義 不安からモチベーションアップへ

2015年07月09日

このところ、セッションルームには、
多次元セラピープロ養成スクールの
受講生の方がよくお越しになっています。

今月は受講ペースを上げて、
集中的にマスターを目指す方もあり、
こちらもそのご予定に沿ってお伝えしています。

受講生の皆さまは、お仕事や介護、育児などでお忙しく、
ゆとりがある時は着実に進んでいきますが、
ひと月くらいブランクが空いて、
なかなか受講スケジュールを入れられないということもあります。

緩急は、悪くはありませんが、
あまりに間が空いてしまうと、
重要なポイントを忘れてしまったり、
おさらいに時間がかかってしまったりするでしょう。

その方の状況やご予定に合わせて日程を組めるのは、
マンツーマンのプライベートレッスンならでは、
受講ペースは、
その方の自発性次第ということにもなるようです。

スクールとしては、修了期限を設けず、
最大限、その方のご希望を尊重しています。

その理由は、なるべく多くの方々に、
多次元セラピー=ハンス・テンダムメソッドを習得していただき、
ケースを積んで使いこなし、
さらに数多くの方々の癒しのサポートに
大いに役立てていただきたいからです。

そのためには、
たくさんの方々が、ストレスなく学びつつ、
スクール修了を迎えること、
同時に多次元セラピーの基本をしっかりと見につけて
その後の実践を楽しく続けていただくことが
大切だと考えているのです。

スクール修了後も、実際のセッションで
迷ってしまったことや上手くいかなかったことなどを
お知らせいただければ、
ご質問やご相談には、いつでもお答えしています。

お悩みばかりでなく、成果、収穫や
新しい発見や気付きなども、
きっとたくさんあることでしょう。

私も、日々のセッションを通じて、
多次元セラピーにまつわるさまざまな体験を重ね、
ちょっとしたコツや気付いた点などを
スクールの中で出来る限りお伝えするようにしてきました。

今、受講なさっている方の中には、
20代の方々もおられ、
私の年齢から見ると、ほぼ子どもの世代に当たります。

いつか私が現役セラビストを退く日が来ても、
若い世代の受講生、修了生の方々が、
多次元セラピーの優れた点を活かし、工夫を凝らして、
いっそう発展させていっていただければ
このうえなく嬉しいことです。

そのためには、
私が理解し得たこと、経験から学んだことを
その方のよりよいセッションのための
ヒントとしていただけるように、
多次元セラピーのケースのご紹介や
エピソードなどを織り交ぜて、
限られたスクールの時間を
充実したものに出来たらと心がけています。

このところ、時間に追われ、
多次元セラピーのセッションケースを、
このホームページ上に掲載することもままならないのですが、
なるべくご紹介できるようにしたいと考えています。

私の意気込みはともかく、
受講される皆さまのモチベーションの維持は
長丁場のスクールだけに、なかなか難しいこともあるようです。

そこで、モチベーションを上げて、
最後まで楽しく習得するためのコツを考えてみました。

多次元セラピープロ養成スクールは、
お伝えする概念と言葉が難解であり、
まだプロのヒプノセラピストとして
お仕事をされたことのない方にとっては、
なおさらたいへんなようです。

たくさんの事がらを、未経験のまま理論として理解し、
メモを取って頭の中に組立てなくてはなりません。

いちばんネックとなるのは、
この未経験という部分だと思います。

現在、他のお仕事をされていたり、専業主婦であったりする方は、
スクールを受講される際、
あたかもプロのセラピストとなったかのような
姿勢や気持ちで臨まれるとよいでしょう。

近い将来、開業を目指している方は、未来に夢を持って、
楽しく多次元セラピーを実践している姿をイメージしながら
進んでいかれるとよいです。

とはいえ、奥ゆかしい方や、遠慮がちな方、
ご自分に厳しく、ご自分に対する要求水準が高い方の場合は、
学べば学ぶほど、多次元セラピーの難しさに反応してしまい、
むしろ不安になり、自信を無くしていかれるのも
残念ながら、時おり目にするところです。

受講しながら、ご自分に出来るかどうか…
ということを考え込んでしまうのは、
お勧め出来ません。

出来る・出来ないは、まだ実践してみていない時点で
考えても仕方がないことです。

出来るかどうか…ということでいうならば、
志を持ってスクールに来られた方々は、
もちろん出来るようになられるでしょう。

ただし「最初から」「上手に」出来る…
などということはあり得ないということも
知っておきましょう。

私がお勧めしたいのは、
既にセラピストになった‥と仮定して、
学んだ方法をどのような方に使ってみることが出来そうか?
その時、クライアントさんと、
どのような対話のやり取りになっていくか?
そちらに焦点を合わせて、想像しながら講義を聞くことです。

あまり不安を持たずに、意欲的に進んでいかれる方は、
こうしたイメージを、自然に使われていることが多いようです。

多次元セラピーが出来る・出来ない、
多次元セラピストになれる・なれない…から、

「どんなふうに使ってみたいか? 」
「どんなテーマにこの手法を使っていくか?」
「この問いかけに対して、
クライアントさんは、どういったお答えを返してくるのか?」
‥といったことを、
具体的にイメージしながら受講してみましょう。

経験がなくても、イメージするのは自由です。

近い将来、実際にセッションで多次元セラピーを使う日が来た時、
たとえ受講中のイメージが裏切られることがあったとしても、
そこには予想外の何かが見つかるはずであり、
それによって、より深い理解がもたらされるのではないでしょうか?

ご自分をジャッジしてしまう局面を越えて、
このように実践的に学んでいくほうが、
その後の練習にもはるかに役立ち、
着実にスキルアップしていかれることでしょう。

難しく考えずに、ご自分を追い詰め過ぎないで、
少しずつ理解を深め、ゆっくりと上達していきましょう。

多次元セラピー プロ養成スクール


タグ:, , , ,

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  メールアドレス



木漏れ日



↑ PAGE TOP

> HOME