多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

魂の輪廻とカルマを探求する多次元セラピー

2015年11月23日

深まる秋、心の内側に静かに意識を向け、
心、感情、そして魂や輪廻転生のプロセスを
探求してみようという方が、
今、何人もお越しくださっています。

さまざまな時空をご一緒に巡り、
魂のレベルをも含む壮大な探求の旅をサポートさせていただくことは
私にとっても大きな喜びです。

多次元セラピーのセッションは、まさに探求そのもの、
探求につぐ探求です。

多次元セラピーを使うと、心の深層領域から、
はるかな魂の来歴、輪廻とカルマ、
進化のプロセスをたどっていくことが出来るのをご存じでしょうか?

ヒプノセラピーのセッションで、
日頃、意識されていない潜在意識にアクセスすると
本当の思いに触れることが出来ます。

その時、本当は何が起こっていたのかということも見えてきます。

しかしながら潜在意識に在るのは、それだけではありません。

エネルギーの作用、カルマのバランスが傾き、再び回復されていく様子、
目には見えないものたちの行動や想念…。

このように書いていくと、空想的で怪しげな印象を
与えてしまうのではないかと少々気になるところですが、
実際に多次元セラピーのセッションを体験されてみると、
それがどのような発見や気付きをもたらすものであるか、
自然に納得していただけることでしょう。

たとえば、今抱えているお悩みの起源に戻っていくと、
そこは前世・過去生の場面。

もう一人のその方=前世のパーソナリティと、
それを取り巻く陰謀、不運、裏切りなどが明らかとなって、
その方とはかかわりのない存在までが、それぞれの思いを抱いて
そのお悩みの複雑さを増幅していることがわかってきます。

前世の悲惨な出来事は、
その方の前世のパーソナリティに起こったことですので、
そこにはさまざまな思い、心残り、憎しみなどがあるのは
当然のことです。

では、一体なぜ関係のない存在までが絡んできているのでしょうか?

丹念に探求を続けていくと、実はそこにはある理由があったのです。

その理由には、その方の転生のプロセスで
生じることとなった幾つかの要素が重要な意味を投げかけていて、
影響を及ぼしていたことが明らかになっていきます。

抽象的な表現ですので、ちょっと想像しにくいかとは思いますが、
未完了の出来事とカルマ、魂が計画している転生のテーマ、
転生を越えて再現されていく人間関係などが
そこには見て取れるのです。

事実は小説よりも奇なり…と言いますが、
トランスパーソナルな探求は、本当に驚くようなことばかり。

それでいて不思議なことに、
パズルのピースが全て納まっていくかのように腑に落ちるのです。

自分を探求していくことは、
玉ねぎの皮を一枚一枚剥いていくようなもの、
一つの探求から理解と解放、癒しが起こると、
次なる探求への糸口が現れ、癒しを必要としている領域が姿を現し、
そこからさらなる深層へと進んでいく流れとなるのです。

感情的な癒しと理解が起こると、変容につながっていきます。

行楽の秋、紅葉の美しい秋は、心のいっそう深いレベルを訪ねて、
そこにどんな光景が広がっているのかを具に眺め、癒し、
自己理解を深めるのにも良い季節です。

トランスパーソナルな視点から、ご自分を再発見する探求は、
時に込み入り、交錯し、複雑過ぎて、
解きほぐすのに時間がかかることもあるものですが、
終えた時の充足感と手にした収穫は、
言葉では表現しにくいものとなるでしょう。

生身の人間心理から、
あの世に持ち越されていく特別な思いに至るまで、
光が当たり影が落ちる魂の道のりを垣間見させてくれます。

そして、愛着または憎悪がある時、
同じ相手と、転生を越えて、
何度も繰り返し出会っていく不思議に心を打たれます。

過去があって現在に至り、その先には未来が在る…

現在の状況や心境から、思いの起源をたどり、
なぜそうなっているのかを知り、
ご自分を俯瞰してみたいと思われたら、
多次元セラピーを使ったトランスパーソナルな探求を
試してみてはいかがでしょうか?

多次元セラピー 退行療法 トランスパーソナルな探求と癒し


タグ:, , ,

この記事にコメントする

亡くなった方に思いを向ける 死者の霊と多次元セラピー

2015年08月13日

お盆休みに、故郷へ帰省され、
ご家族、親族、友人などと共に過ごされる方も多いかと思います。

お盆休みといえば、行楽、レジャー、旅行のイメージですが、
亡くなった方の魂を迎える厳粛な節目でもあります。

大切な方を失った悲しみや喪失感は、
簡単に癒えるものではありませんが、
亡くなった方の魂を迎え入れて再会し、親しく集うのは、
見送った者の心の癒しと安らぎにつながるものではないでしょうか?

多次元セラピーでは、突然、この世を去られ、
ゆっくりとお別れをすることが出来なかった方と、
イメージの中でお話をしていただくことが出来ます。

本当は伝えたかったこと、訊ねてみたかったこと、
お礼を言いたかったこと、謝罪したかったこと、
渡したかったものや、一緒に分かち合いたかったことなど、
心残りや後悔の念を伝えて、心が軽くなっていくでしょう。

多次元セラピーには、憑依という考え方があります。

憑依しているもの、すなわち憑依存在には、
幾つかの分類があるのですが、
その一つが、亡くなった方のスピリットです。

亡くなった方は、成仏され、光のもとへと戻っていかれると言われます。

けれども、愛着や執着、残された遺族への気がかりや心配、
守りたいという思いなどがあると、あの世へ帰らずに、
その方のエネルギーフィールド(オーラ)に付着または入り込み、
そこに留まることがあります。

たとえばそれは、最愛の家族や恋人、婚約者、あるいは親友かもしれません。

親密で別れ難い相手が、戻ってきて一緒にいてくれるのなら、
心から歓迎したいと思われるでしょうか?

実は、憑依の状態は、その方にとって、何も良いものを生み出しません。

むしろ有害な影響を及ぼすのです。

たとえば亡くなったご先祖さまが、強い執着を抱いている場合、
憑依を受けたその方は、自分のものではないその執着に
振り回されることになるでしょう。

亡くなった方の願望や感情が、その方のなかに入り込み、
違和感を与え、苦しめることになります。

つまり自分の人生が、自分の人生ではなくなり、
まるで亡くなった方の人生であるかのように変わっていってしまうのです。

たとえ憑依しているのが、亡くなった最愛の恋人であっても、
憑依を受けるとその方のエネルギーや活力が失われ、
慢性疲労のようになったり、
心身の不調が起こったりすることがあります。

大切なその相手に思いを向けて偲んだり、
墓前に集まり、想い出話に花を咲かせたりするのは、
美しく自然な心情ですが、
エネルギーというのは、またそれとは別のものとして、
とらえたほうがよいでしょう。

亡くなった相手のことを、心から大切に思い、
幸せであって欲しいと思うならば、
いつまでも一緒にいたい、
あるいはこの世に近い所にずっと居て欲しいと願うのは、
お勧めできることではありません。

にもかかわらず、どうしても離れがたく感じ、
死を受け入れ難い場合には、
まずはセッションで、その喪失感と悲しみ、寂しさ、無念さを
十分に感じてから手放し、解放することが大切です。

伝えたかったけれど伝えられなかったことを存分に表現し、
亡くなった方のお話も聴いて、
心残りのないように、十分に浸り、嘆くことです。

このように、残された側の心の痛手を、まず癒してあげましょう。

心が癒されていくと、亡くなった方に対する思いにも、
少しゆとりが持てるようになり、
ご自分の悲しみや愛着を越えて、
相手の幸せを考えられるようになっていくものです。

亡くなった方にとっての幸せ…、
それは、この世の一切のしがらみや執着から自由になって、
高い次元に向かって旅立つことではないでしょうか?

トランスパーソナルな観点では、
終えてきた人生を振り返り、必要な休養を取って、
次の転生の計画を立て始めることになります。

残された者の悲しみや愛着が強いと、
魂は、帰るべきところに戻っていくことが難しくなります。

それは人間であっても、
生き物、パートナーアニマルであっても、同様です。

憑依は、憑依を受けた方の人生にとってマイナスであるばかりではなく、
亡くなった方にとっても、次のステップへと歩を進めるのを
阻むことになってしまうのです。

ですから、残されたその方の悲しみが癒されたならば、
亡くなった方をも癒して差し上げることが必要になります。

亡くなった方のとらわれや心配などを和らげ、
魂が本来向かうべき次元へと心置きなく向かえるように、
祝福して、送り出してあげられるとよいでしょう。

感情面、精神面、身体面のあらゆるレベルで
丁寧に癒して、もっと身軽に、自由になれるように促していくのが、
多次元セラピーの憑依の解放です。

憑依というと、言葉の響きから、
怪しげで、恐ろしげな印象を受けてしまうかもしれませんが、
大切な方や愛するペットの魂を、想像してみて下さい。

生きることと死ぬことは、常に私たちの身近なところに存在しています。

魂という目には見えない存在と、エネルギーのレベルで上手に付き合い、
適度な距離感をもって、お互いの幸せを考え、癒し合えるように、
多次元セラピーの憑依の解放を、役立てていただければと思います。

多次元セラピー 退行療法 憑依と憑きもの払い


タグ:,

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  メールアドレス



光がふりそそぐ森の画像



↑ PAGE TOP

> HOME