多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

今年最初の多次元セラピー研究会 突然起こった体調不良

2014年01月21日

今日は、今年初めての多次元セラピー研究会をしました。

研究会をご希望の方があるならば、2014年も出来る限り
スキルアップや情報交換などに役立つ機会を
数多く作っていかれたらと考えています。

今日は、いつもの多次元セラピーのトレーニングセッションのほかに、
ご参加者のエネルギーフィールドとセッションルームを対象とした
多次元セラピーのショートワークをしっかりと行いました。

多次元セラピーには憑依という概念があるのですが、
その方に属していない何らかのエネルギーが否定的な影響を及ぼしている時、
それを「憑依存在」として外在化して癒し、解放する手法です。

研究会後半で、急に体調が悪くなるということが起こったため、
急遽、念入りにその原因を探求していきました。

このような状態の時、多次元セラピーは
たいへん頼りがいのあるパワフルなツールとなります。

その原因がどのようなものであれ、
効率よく解放まで進めることが出来ます。

具合のよくない方に、直接多次元セラピーを使うことができない場合でも、
別のどなたかを代理として立て、その方に代理セッションをすることで、
ご本人の問題にワークして解消することが出来るのです。

今日も、終わってみれば、20時過ぎまでの充実した内容となりました。

通常の個人セッションでは、クライアントさんの問題やお悩みをお聴きしてから、
そのテーマに適した多次元セラピーの技法・要素を考え、選んで使います。

それに対して、多次元セラピー研究会では、
最初にその方がトレーニングしたいセラピー技法を
幾つか挙げていただいています。
たとえば前世の探求、憑依、ブリッジ、オーラ調査…など。

次に、これらの技法・要素を使うことができるようなセッションテーマを
複数の中から一つに絞り、セッションが始まります。

こうすることで、その日に練習したい要素や忘れている技法、苦手な要素などを
重点的に強化することができるようになるのです
。 

使わないままの技法は、次第に忘れ去られ、錆び付いていきます。

こうした要素をご自分で見つけ、積極的にカバーしようとする意欲と熱意は
近い将来、きっと大きな実りをもたらすことでしょう。


タグ:,

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME