多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

自分を分析して理解したら… 癒しから変容へ

2017年03月23日

先日、あるテレビ番組で、一人の女性(Aさんとしましょう)が、
「私の親は、いわゆる毒親だったので、我慢するのは日常のことで、
我慢することでここまで生きてきました」と発言されていました。

その方の職業は、それなりの才能が必要とされるものの、
果たしている役割や成果を正当には評価してもらえないお仕事でした。

名前も顔も、表に出る機会は一切なく、裏方に徹して行うものです。

そうであっても、その方はご自分のお仕事には誇りを持っておられ、
納得もされていたので、それはそれでよいのですが、
別のところで、少し引っかかってしまうことがありました。

Aさんは、実に明晰にご自分について分析され、理解されています。

幼少期の親子関係において、たいへん深刻なトラウマがあったのですが、
「毒親」という言葉をご存じでしょうか?

親が親としての役割を果たしていない、
そればかりではなく、子どもにとって、その言動がむしろ有害であるとさえ言える、
そんな親のことを指して言う言葉です。

幼い子どもの頃は、自分の親が毒親かどうかなどということは、
おそらくわからないでしょう。

何となくおかしい…   時々、理不尽だ… と感じることがあったとしても、
それが何であるか、子どもの理解力ではまだよくわからないのです。

けれども、ある程度の年齢に達すると、
自分の親を客観的に見ることが出来るようになり、
友だちの親とは違っているとか、世の中の親とはかなり異なるようだと
気付き始めます。

思春期から大人になり、人間関係が広がり、
接する情報も格段に増えて、何かの折に、
毒親と呼ばれる親が存在することを知るようになるかもしれません。

人の心に関心を持ち、いろいろな本を読んだり、調べたりする方は、
心理学や社会学、マスメディアなどの情報によって、
自分と親との関係を分析し、Aさんのように認識されていることも少なくありません。

その気付きや分析力、理解力は、素晴らしいものだと思います。

どうしてこうなったのだろう… という不可解さがあると、
それについて考えることが苦しくなり、思考を停止してしまうか、
あるいは徹底的に考え、探求し続けることになるでしょう。

人は、よくわからない状態に居続けることは困難です。

そこで、いろいろと考えを巡らし、推理したり分析したりして、
一つの結論に到達すると、現状に変化はないとしても、
心は取りあえず落ち着くものです。

Aさんのように、親子関係に問題があって今、こうなっているのだと
分析し、理解している状態で生活している方は、
おそらく数多くいらっしゃることでしょう。

それが自分の生きる方法、ストラテジー、処世術…と認識しながら
そのやり方、生き方を続けていかれるのでしょう。

Aさんは、過酷な状況の中、本当によく頑張って、生き延びてこられたと思います。
心からエールを贈りたいと思います。

しかしながら、ここまで明晰に分析をされ、理解を深めてこられたAさんであれば、
その素晴らしい資質と適応力、洞察力、生命エネルギーをもって、
あともう一歩、前に進むことがあってもよいのでは…と、私は思うのです。

それは、「我慢する」「自分が認めてもらえないことを受け入れる」現状から、
さらに成長、進化していくこと。

勇気と決意をもって「我慢しない人生」「正当に認めてもらえる人生」を望み、
実現することです。

セッションルームにお越しになる方は、
現状の認識から、望む方向への変容を期待されて、
カウンセリング、コーチング、多次元セラピー、ヒプノセラピーなどの
個人セッションに来てくださっています。

一方、そうではない方々、
すなわち自己分析をされていて、そこにとどまっておられる方々は、
変容など在り得ない…と思われているのでしょうか?

もしかすると、変容ということを、
想像してみる機会が無かっただけなのかもしれません。

人生は、こうしたいと望み、変えていくことが出来るものです。

ご自分の心が癒され、変わっていくと、人生は大きく変容し、
人間関係も、お仕事も、趣味も、住む場所も、体験する出来事も、
それに伴って変化する可能性がひらかれていきます。

毒親と共に過ごす間に傷付いてしまった心を癒すことは、
変容することにつながっていくのです。

頭でわかって、納得し、気持ちが落ち着いたら、
どうかそこで止めてしまわないで下さい。

勿体無いことです。

そこから本当のご自分らしさを取り戻され、
本当に生きる甲斐のある人生の可能性が、
実現に向かってひらかれていきます。

そのための方法には、さまざまな種類があり、
その方に合うアプローチを選んでお手伝いすることが出来ます。

Aさんの場合で言えば、ご自分を癒すことで、
我慢しない自分、正当に認められる自分になるところまで、
さらに進んでいくことが可能なのだということを、
多くの方々にも、ぜひ知っていただければと思います。

多次元セラピー、ヒプノセラピーで心を癒し、望む未来を創る


タグ:, , ,

この記事にコメントする

新しい始まりと、過去を振り返ることの癒し2

2016年03月18日

過去との付き合い方は、なかなか難しいものです。

過去の出来事の中のどこに着目しているのか、
どのあたりに引っかかってしまうのか、
なぜいつまでも引きずってしまうのか、
その答えがわからないこともあるでしょう。

答えを見つけようとすると、
なおさら辛くなっていくこともあるかもしれません。

過去の未完了の出来事を、完了に向かわせようとする衝動や思いは、
どんな方にも存在していると言われます。

私たち人間は、未完了を、未完了のままにしておきたくないと
どこかで選択をしているのです。

不快な過去の出来事を忘れようとするのは困難なことであり、
むしろアプローチすることで癒しに向かっていくのは、
こうした理由によるのかもしれません。

そのように考えてみると、
退行療法である多次元セラピーのメリットにも気付くことが出来ます。

たとえば、前世・過去生のトラウマ的な出来事は、
今生、類似した家庭環境や人間関係を生み出して、
ある一つのテーマを意識に上らせていく…
そんなふうに考えてみて下さい。

意識せずにはいられないほど明確に、パワフルに、
意識を引き付集中させることになります。

そのことに気付いているのならば、
全体に覆いをかけて隠し、無かったことにしてしまうよりも、
思い切って、その起源へと時間を遡っていくほうが、
癒しと変容につながるのです。

問題の起源へと退行し、感情、精神、身体のあらゆるレベルで
一体何が起こっていたのかを探求するプロセスは、
過去との付き合い方としては、
進化を遂げた新しいアプローチになり得るでしょう。

過去に意識を向けるのは、ポジティブではない…
あるいは問題を見つめるのではなく解決策を見つけたほうが良い…
こうした考え方にも、一理あると思います。

しかしながら、私たちは、過去を意識から締め出してしまっても、
その過去が癒されていない限り、そこから否定的な影響を受け続けているのです。

過去を癒すことは、現在を癒し、未来を変えていくことです。

また「過去」は、現在から振り返った過去として存在しているため、
癒された現在は、既に過去からの否定的な印象を伝えてこなくなるでしょう。

なぜかわからないけれど、心が重く、生き辛い時、
なぜか感情をコントロール出来ず、破壊的な行動をとってしまう時、
痛みや苦悩に気付くように、その方の自己治癒力が
動き始めていると捉えることができます。

私たちは、どれほど苦しい時であっても、
何とか自分を癒し、よりよい現在と未来を求める方向に進んでいるのです。

多次元セラピー 退行療法 トランスパーソナルな探求と癒し


タグ:, ,

この記事にコメントする

新しい始まりと、過去を振り返ることの癒し

2016年03月17日

先日、新しいスーパーが出来るらしいということを耳にして、
いつもはほとんど行くことのないエリアに出かけてみると、
確かに建設中の真新しい建物が…。

眺めながら、その先までお散歩がてら、足を伸ばしてみると、
しばらく見ないうちに、新しいお店が出来ていて、
古い家屋がなくなり、景色が少しずつ、変化しています。

その時、ふとあるお店のことが頭をよぎり、そちらに向かいました。

ケーキ屋さんのガラス戸には、
3月20日で店じまいという張り紙がしてあり、驚くと同時に、
最後にタイミング良く訪れることが出来て良かったと安堵しました。

小さなお店の中は、常連らしいお客さんで混み合っています。

ご主人はガラス窓の向こう側で、黙々と作業を続けており、
奥さまは、お客さんと会話しながらてきぱきと包装しています。

その様子には、悲哀や無念さはありません。

たかがケーキ…ではありますが、
子どもの頃は、誕生日とクリスマスは決まってこのお店のケーキでしたので、
懐かしく感慨深いものがあります。

心からのねぎらいと感謝の思いで、
今までで一番美味しいケーキを味わい、癒されました。

20160318

春は出会いと別れの季節と言われますが、
50年近く続けてきたケーキ作りを間もなく終えようとしている
ケーキ職人のご夫妻を見ていると、
清々しい気持ちで祝福したい気持ちになります。

一つが終わることは、次のステージへと向かっていくこと、
これからはもっと素晴らしい人生の時間が待っているかもしれません。

過去との付き合い方…ということを考えてみました… (次回に続く)

続きは 「新しい始まりと、過去を振り返ることの癒し2


タグ:, ,

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  uniqueiアットhypnotherapy8.net



虹



↑ PAGE TOP

> HOME