多次元セラピー(=新しいトランスパーソナル退行療法)セッション、多次元セラピーのプロ養成スクールで心の癒しと原因不明の不調解放、多次元に渡る魂の探求、自己実現をサポートします。スカイプ・神奈川

原因の思い当たらない問題を多次元セラピーで

2013年10月02日

私たちの悩みの中には、
あれこれ考えても原因の思い当たらないことや、
理由の不可解なものがあるようです。

因果関係を分析しようとしても、結論は出ず、
同じところをぐるぐると回っているように感じられます。

重くて深刻なお悩みや問題に、
原因も解決法も見い出せないとしたら、
どんな人でも絶望的な気分に陥り、
生きる気力を失ってしまうかもしれません。

わかりやすい例を幾つか挙げてみましょう。

まずアダルトチルドレンと呼ばれる傾向。

いわゆる機能不全家庭で成長し、
そのプロセスで、幼い頃から心を傷つけられる体験をします。

幼い子どもにとって家庭は生きる世界の全てであり、
親は絶対的でまるで神のような存在です。

親や家庭なしで生きることは不可能なのです。

親や家庭に問題があるために、
その子はトラウマとなる体験をするのですが
幼い子どもは無力であるうえに、
自分自身を守る術を持たず、
出来事の正邪もまだわかりません。

その子どもが、
行きづらさを抱えて「何かがおかしい」と気付くのは、
かなり時が経ち、成長してからのことになるのです。

アダルトチルドレン傾向を持つ方は、自分ではなく、
養育者や周囲の大人の方に問題があったことを
理解する必要があります。

しかし、一般的に子どもは自分が悪いのだと感じ、
必要のない自責の念や罪悪感を覚え、
それがパターンとなって継続することになりやすいのです。

2つ目の例は、いわゆる前世のカルマと云われる問題です。

今の人生を振り返ってみても、特に思い当たることがない場合、
前世療法(過去生退行)のセッションを行ってみると、
現在の問題の起源と呼べるような
あるいはどこかしらつながりあるような 出来事のイメージが現れることがあります。

この人生ではないもうひとつの転生(前世)。

もちろん前世を検証することは出来ませんが、
今、見る必要のある、
そして その問題に大きな影響を及ぼしているイメージとして
潜在意識が見せてくれたものです。

異なる時代で、異なる国に生きている もうひとりの自分のイメージと、
いわゆる前世で体験した特異な出来事。

一見、現在の問題とは関連がなさそうですが、
この前世を理解して癒し、解放すると、
現在の問題は、解決に向かって変化していきます。

前世に起こった出来事ですから
通常の意識の状態で考えてみても、
その方には身に覚えがないことになるでしょう。

3つ目の例。 それは、誤解を恐れずに言うと「憑依」です。

憑依とは、(多次元セラピーにおいては) 自分に属さないエネルギーが、
ネガティブな影響を与えている状態を指すとお考え下さい。

自分に属さないエネルギーとは、
たとえば、他者の憎悪や妬み、怒り、苦痛など。

生者や死者の思考・感情エネルギーです。

理由もなく、突然、コントロールできないほどの怒りが湧いてくる、
理由もなく、鬱々として、死にたい気分になる etc.

その怒りや鬱々とした気分は、自分自身ではなく、
憑依存在が引き起こしているのかもしれません。

そんなことが、実際にあるのかと問われれば、
こちらもまた、検証は不可能です。

しかし、セッションを行ってみると、
多次元セラピーの手法を使って憑依存在を取り除くことで、
問題が軽減または消滅するケースは、決して少なくないのです。

「憑依」という言葉も、「前世」と同様に、
問題の原因を外在化して癒し、
解放するために用いる セラピー手法上の概念と
お考えいただければよいでしょう。

3つほど、例を挙げてみました。

問題やお悩みをお持ちの方は、
「自分のどこかに問題があるせいでこうなった」
「自分に何か欠落している資質があるからこうして悩んでいる」と
どうしても考えてしまいがちですが、 必ずしもそうではないのです。

少なくとも、上記の3つの例は、
私がこれまでに 多次元セラピーのセッションをさせていただいた
クライアントさんの問題について見てみると、
相当数多い部類であることを強調しておきたいと思います。

とにかくひとりで悩まずに、
そして自分を責めることなく、
一度、ご相談いただければと思います。

多次元セラピーはトランスパーソナルな退行療法です。


タグ:, , , ,

この記事にコメントする

原因不明の心身の不調と多次元セラピー

2010年07月01日

ハンス・テンダム博士によって
日本に伝えられて間もない多次元セラピーには、
原因がわからない不調に対処するための
幾つかの優れた手法があります。

現在、問題となっている 原因不明の心身の不調の起源に戻り、
原因や出来事の詳細を明らかにして、
ネガティブな影響を解放していきます。

今、わからないとしても、
心身の不調には必ず何らかのきっかけや理由があります。

それは、たとえば 過去に自分自身で下した決断であることもあり
過去に他者から受けた攻撃であることもあります。

この人生の過去―子どもの頃や胎児期に起こったこと

現在に持ち越している
いわゆる前世で起こったトラウマ的な出来事。

ほかには他者の望ましくないエネルギーの
影響(憑依) という場合もあります。

多次元セラピーによって退行し、
問題の起源に戻ってみると、
現在、起こっている心身の不調と、
その起源とのつながりに対して理解や気付きが訪れ、
腑に落ちて納得できるようになっていきます。

従来の退行催眠やヒプノセラピーでは、
この関連性や理解を受け取ったところで
セッション終了となることが多いのですが、
多次元セラピーは違います。

クライアントさんご自身はもちろん、
(時間が許すならば) 問題とつながりのある人を含む
関係者全員に癒すための働きかけを行い、
身体的、精神的、感情的な影響の全てを
取り除くことができるように、
統合とカタルシスに向かって促していきます。

これまでのヒプノセラピーでは特定が困難であった
原因の探究と到達、

心身を含めたホリスティックで深いレベルの
癒しと統合を目指すこと、

二度と同じ不調が再発しないような働きかけを行うこと、

こうした点が、
多次元セラピーの大きな特長であるといってもよいでしょう。

長年に渡って服薬や通院、各種代替療法を試みるも、
解決には至らない問題をお持ちでしたら、
一度、多次元セラピーを試してみてはいかがでしょうか?

個人セッションでは、 多次元セラピーと
多次元セラピーによる前世療法を体験していただくことができます。

多次元セラピーのスクールである
「多次元セラピー上級コース」では、
今、いちばん新しいヨーロッパ発の 秀逸で斬新なこの手法を習得し、
癒しのサポートに役立てていただくことができるでしょう。

多次元セラピーが、
より多くの方々の 癒しと自己実現に役立ちますように
心から願っています。


タグ:, , , ,

この記事にコメントする

 


blog

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ユニークアイメンタルサポート

ロゴ

TEL  080・5008・7108
mail  メールアドレス



光がふりそそぐ森の画像



↑ PAGE TOP

> HOME